髪を切ったら洋服も変える 春に頼るアイテムたち。

公開日: : ファッション

170314lg

おじさん化という事実を前向きに考えるとすれば、洋服界隈でしょうか。

色気のないショートはおばさんを飛び越える。

首から上がこんな状態なのにTシャツデニムスニーカーなんて合わせた日にゃあなた。ここはバランスを取るべく逆転の発想で、普段よりフェミニン要素多めにチャレンジ、というお遊びで凌ぎましょう。

いい加減、春だしね。

この春頼りにする予定のアイテムたち

gray_skirt

おじさん化以降、ますます頼りになるなあとしみじみ感じているのがVネックもの。

制服状態のリブタートルネックはどこへ消えたのか。

残念ながら首らしきものが見当たらない私の強い見方ではあったのですが、Vはおじさんにも効果あり。大きく開いたラウンドネックでゆるりとしたまとめ髪、なんてのはマダムっぽくて素敵だけれど、そこに到達するにはやはり色気不足問題が立ちはだかる私にとっては、首元が開いていても気持ち辛めのVにショート、の方がいい感じでバランスが取れているような気がします。

そして、敢えてのスカートやワンピース投入も、いい。

洋服が減ったらバランスがガラリと変わっていた。

基本はデニムの完全パンツスタイル派。よって日常でマキシスカートなどに手を出すのは少し気合いを要しますが、今の髪型ならスカートのガーリーさを頭髪のおじさん要素がいい感じに中和してくれるので照れなく着こなせそうです。

髪を切ったら洋服も変える

sportsshoes

髪型を変えたら今まで持っていた服が似合わなくなる、というのはよくある話。さらに若い時に好きだったアイテムがどうもしっくりこない問題まで抱えているお年頃となれば、一体何を着ろというのかと素っ裸で佇みたくもなるというものです。

だからと言って、髪型を変えるたび、年を取るたびにクローゼット全とっかえなんて非現実的だし、普通に勿体ない。となると、アイテムそのものではなく着方、合わせ方を変えるなりして力技で似合わせるのが最も効率のいいやり方ではなかろうか、と最近では思うのです。

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

それなら髪型をコロコロ変えない方が無難じゃないかという話ですが、これはやってしまう。ここ3年くらい、髪は常に短めではあるものの、スタイルとしては全く定着しておらず、友人には会う度別人疑惑を投げかけられている始末。髪型って気分転換とイメチェンができる最もお手軽な方法なので、ついついコロコロやってしまう。

髪型をコロコロ変えるのは気が多い証拠説。

失敗したとしてもいずれ慣れたり、アレンジでどうにかなったり、最終手段として伸びるのを待ったりできる安心感があるので、毎度ヘアスタイル変更に挑み続けてしまうのです。

白髪とヘアアイロンの複雑な関係。

この先、ものすごくしっくりくる髪型が見つかったら定着するのか。いや、だから前回のショートボブはしっくりきてたんだってば。ってことは今後もコロコロ変え続けるつもりなのかな。まあ、それならそれで。(他人事)

 




関連記事

少ない洋服を着回す旅、デニム以外の選択肢。

デニムが好きなので、年がら年中デニムばっかりはいています。 今回の旅でも移動中はもちろ

記事を読む

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーとTシャツを新調しました。 捨てる

記事を読む

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

荷物の少ない旅。旅行中の洗濯はどうする?

セブに来て1週間。既に滞在場所は3箇所目になりました。 暫く住んでいたことのあるエリア

記事を読む

40代はどこで服を買えばいいのか問題。

40代、なんだか今までの服が似合わなくなった。 この問題と同時に出てくるのが 「40

記事を読む

エールフランスラウンジ

身軽さ重視の買い物は失敗だったと気づいている。

スーツケースを持たない、荷物の少ない旅用の鞄が欲しい。 探し続けた結果、めでたく理想形

記事を読む

ギョサン デニム

ギョサンの季節になりました。

By: Basheer Tome[/caption] さて、春をすっ飛ばして夏を満喫中です。

記事を読む

仕事ファッション、同僚とGUのトップスが丸かぶり。

今日はトップスが丸かぶりだから2人で並ぶとちょっと照れますね。そうですね。 取引先で2

記事を読む

白いパンツ、おばさんが着る服は全て流行遅れ。

白のパンツに頼りきった生活を送っています。 パンツって、下着じゃないです。ズボンのほう

記事を読む

1年間服を買わずに過ごした結果。

By: Roderick Eime[/caption] よし、部屋を片付けるぞ!もっとシンプルに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑