髪を切ったら洋服も変える 春に頼るアイテムたち。

公開日: : ファッション

170314lg

おじさん化という事実を前向きに考えるとすれば、洋服界隈でしょうか。

色気のないショートはおばさんを飛び越える。

首から上がこんな状態なのにTシャツデニムスニーカーなんて合わせた日にゃあなた。ここはバランスを取るべく逆転の発想で、普段よりフェミニン要素多めにチャレンジ、というお遊びで凌ぎましょう。

いい加減、春だしね。

この春頼りにする予定のアイテムたち

gray_skirt

おじさん化以降、ますます頼りになるなあとしみじみ感じているのがVネックもの。

制服状態のリブタートルネックはどこへ消えたのか。

残念ながら首らしきものが見当たらない私の強い見方ではあったのですが、Vはおじさんにも効果あり。大きく開いたラウンドネックでゆるりとしたまとめ髪、なんてのはマダムっぽくて素敵だけれど、そこに到達するにはやはり色気不足問題が立ちはだかる私にとっては、首元が開いていても気持ち辛めのVにショート、の方がいい感じでバランスが取れているような気がします。

そして、敢えてのスカートやワンピース投入も、いい。

洋服が減ったらバランスがガラリと変わっていた。

基本はデニムの完全パンツスタイル派。よって日常でマキシスカートなどに手を出すのは少し気合いを要しますが、今の髪型ならスカートのガーリーさを頭髪のおじさん要素がいい感じに中和してくれるので照れなく着こなせそうです。

髪を切ったら洋服も変える

sportsshoes

髪型を変えたら今まで持っていた服が似合わなくなる、というのはよくある話。さらに若い時に好きだったアイテムがどうもしっくりこない問題まで抱えているお年頃となれば、一体何を着ろというのかと素っ裸で佇みたくもなるというものです。

だからと言って、髪型を変えるたび、年を取るたびにクローゼット全とっかえなんて非現実的だし、普通に勿体ない。となると、アイテムそのものではなく着方、合わせ方を変えるなりして力技で似合わせるのが最も効率のいいやり方ではなかろうか、と最近では思うのです。

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

それなら髪型をコロコロ変えない方が無難じゃないかという話ですが、これはやってしまう。ここ3年くらい、髪は常に短めではあるものの、スタイルとしては全く定着しておらず、友人には会う度別人疑惑を投げかけられている始末。髪型って気分転換とイメチェンができる最もお手軽な方法なので、ついついコロコロやってしまう。

髪型をコロコロ変えるのは気が多い証拠説。

失敗したとしてもいずれ慣れたり、アレンジでどうにかなったり、最終手段として伸びるのを待ったりできる安心感があるので、毎度ヘアスタイル変更に挑み続けてしまうのです。

白髪とヘアアイロンの複雑な関係。

この先、ものすごくしっくりくる髪型が見つかったら定着するのか。いや、だから前回のショートボブはしっくりきてたんだってば。ってことは今後もコロコロ変え続けるつもりなのかな。まあ、それならそれで。(他人事)

 




関連記事

最低限の靴の数、スニーカーすらよそゆきに。

4月最終週。結果は8,514歩/1日でした。 自分の認識よりずっと少なかったという事

記事を読む

毛玉はやっぱり取らなきゃダメ?それとも…。

By: storebukkebruse[/caption] この冬大活躍しているのがストール

記事を読む

まだそのサンダル履いてるの?

昨日あのお方より、開幕宣言を拝受しました。 勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円

記事を読む

洋服の収納がぐちゃぐちゃ、でも問題は先送り。

By: Floodwall Project[/caption] 私がモノを減らしているのは身

記事を読む

ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

By: Sharat Ganapati[/caption] その昔は好きなブランドのファミリ

記事を読む

捨てられない洋服にハサミを入れる勇気。

By: THOR[/caption] 今日は久しぶりにタイパンツを着用。夏らしい麻素材のパン

記事を読む

tramando コーデ

洋服が減ったらバランスがガラリと変わっていた。

By: ParisSharing[/caption] 寒いじゃないか。 ということでロ

記事を読む

思考停止ワンパターンコーデはおしゃれじゃない。

使わないものはありませんでした、が理想的だなあと常々思っております。 関連 旅の荷物を

記事を読む

イラストをUPすると服になる。ブランド立ち上げサイト「STARTed」

「アイデア」っていうと何かとてつもなく斬新なものとか、今まで誰も見たこともないものを思いつく

記事を読む

ヒールが辛い、痛い、それでも履きたい。

By: Jake Guild[/caption] 重い鞄と高いヒールに気軽に手出し出来なくな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑