「 家飯 」 一覧

ノンフィクションが面白いのは当たり前。

2022/02/01 | 家飯

晩酌は1合まで。そんなルールを設定してから、早5年が経ちました。一人晩酌のあり方を考える。貴重な夜のひとときを酔った頭で台無しにしたくないという思いから作った決まりですが、慣れてみるとなかな

続きを見る

にんじんと白ねぎの卵炒め、かぶのごま味噌和え献立。

2022/01/29 | 家飯

ごぼうのささがきはにんじんの千切りほどには面倒ではない。 つい先日そう言い放ったばかりのタイミングでにんじんの千切りです。大きさで解決できる問題がある。 おしなべて面倒な野菜千切

続きを見る

ごぼうの甘辛炒め、紅芯大根のサラダ献立。

2022/01/25 | 家飯

どっしりと太いごぼうをこれまたどっしりと大きめに切って、こっくりした甘辛味に炒める。 そうイメージしていたのだけれど、思いのほかごぼうが少なかったので、助っ人として卵に加勢してもらいま

続きを見る

納豆チーズオムレツ、なめこおろし献立。

2022/01/22 | 家飯

居酒屋で見かけるとつい頼んでしまいたくなる地味メニュー、納豆オムレツ。 材料は、納豆と卵、そしてネギくらいのもの。別にわざわざ外で食べなくてもよくない?と思わなくもない一品です。

続きを見る

納豆炒めのチシャ包み、白菜の卵和え献立。

2022/01/18 | 家飯

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです。チシャがあればサムギョプサルとか永遠に食べ続けられそうな気さえします。お家で簡単サムギョプサル 1人暮らしの晩ご飯。  チ

続きを見る

ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

2022/01/15 | 家飯

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作りました。寒空に野菜を干す。干したキャベツはしなっとやわらかくなっているので、生キャベツとは違ってゆでずにそのまま肉だねを包むことが

続きを見る

干しキャベツのロールキャベツ、きんぴらごぼう献立。

2022/01/12 | 家飯

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょくいろんな野菜を干して、生とはまた違った食感や味わいを楽しんでいたのだけれど、最近ちょっとご無沙汰でしたね。油揚げの葱味噌焼き、干

続きを見る

白菜とベーコンの酢炒め、さつまいものレモン煮献立。

2022/01/08 | 家飯

白菜頼みここに極まれり、といった趣の晩酌献立です。寒い時期の白菜摂取率はかなり高めの我が家です。毎日が同じものばかりの一人暮らし。が、今年はその割合がすごい。買っては食べ、食べては買いを繰り

続きを見る

休肝日ごはん ベーコンエッグ丼、コールラビのサラダ献立。

2022/01/04 | 家飯

新年らしい華やかさとは無縁の画像にてあいすみません。 いやね、ご馳走三昧だった三が日も終わって、みなさんそろそろ普段の食卓が恋しくなってくる頃だろうと思いましてね。 それに、目玉

続きを見る

さつまいもときのこのグラタン、白菜と蒸し鶏のサラダで赤ワイン。

2021/12/28 | 家飯

1年のうち8割は和食献立に日本酒を合わせる晩酌スタイルとなっていますが、2021年を締めくくるラストメニューは、グラタンです。ワインです。 寒くなってからというもの、ずっとさつまいもの

続きを見る

横浜丸紀の深蒸し焼きそば。

先日書いた「最近ハマっている食べ物」とは、焼きそばです。自炊

働きたくない想いは、苦手意識を凌駕する。

今日は午後から2件約束がありましてですね。1件は「はじめまし

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め
鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、蒸しなすのナムル献立。

しばらく切らしていた黒酢を補充しました。 表示価格が思

初心者 瞑想
もっとラクに生きる方法と、無意識の恐ろしさ。

その後も目の前のことに集中することを心がけながら過ごしていま

柳川丼
おばさん、おじさんに似合う丼。

丼ものは老若男女問わず人気の高いメニューではありますが、その

→もっと見る

PAGE TOP ↑