砂肝の酒炒り、小松菜の塩昆布白和え献立。

公開日: : 最終更新日:2022/03/23 家飯

砂肝の酒炒り献立

本日のメインは、砂肝。

いつもは塩味で炒めたり、ポン酢漬けにして食べることが多い食材です。

新玉ねぎのグリル、砂肝ポン酢献立。

今回は珍しく、酒炒りにしてみました。毎回更新を楽しみにしているアプリ「土井善晴の和食」が元ネタです。

上手くできたけれど残念ながら、選択は誤りました。

砂肝の酒炒り、小松菜の塩昆布白和え献立。

砂肝の酒炒り、小松菜の塩昆布白和え献立。
  • キャベツの味噌汁
  • 白菜の浅漬け
  • 小松菜の塩昆布白和え
  • 砂肝の酒炒り

キャベツの味噌汁

キャベツの味噌汁

ざく切りにしたキャベツの味噌汁。出汁は昆布と副菜で使ったきのこのゆで汁、青みはねぎ。

白菜の浅漬け

細切りにした白菜を塩もみして水分を軽く絞り、千切りにした大葉と和えた即席漬け。

小松菜の塩昆布白和え

小松菜の塩昆布白和え

木綿豆腐は水分を切って、ざっくり潰します。ゆでた小松菜ときのこを塩昆布とごま油で味付けし、豆腐で和えたら完成。

砂肝の酒炒り

砂肝の酒炒り

フライパンに酒、塩、薄切りにしたにんにく、一口大に切った砂肝を入れ火にかけ、水分がなくなるまで炒りつけたら完成。

脳内で勝手に成立している「砂肝=焼き鳥=ビール」という謎の方程式のせいか、自動的にビールを開けてしまいました。しかし、これはビールじゃなかった。日本酒だった。そりゃ酒で炒ってんだから、日本酒だよね。ノンオイルだしね。

何年晩酌やってても、この手の間違いはあるものです。

一人暮らしの夕食献立

今日はうっかりビールを添えちゃって、うっかりメインに配置してしまったけれど、野菜中心のメインがあって、その脇に副菜として置くのが似合う気がします。先付けとして出てきたらうれしい一品というか。

そういう意味でも、いろいろ間違ってしまった気がしますが、白和えも味噌汁も旨かったのでよしとします。

砂肝を炒めるとなれば、やっぱりねぎ塩よね、レモン絞る?となってしまう私。

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

臭みの少ない砂肝に、にんにくの風味をまとわせて、ノンオイルで仕上げるという発想はなかなか出てきません。最近めっきりレシピ本の類に目を通さなくなっていますが、やはり人様のアイデアは面白いですね。

大人一人暮らしのヒント





関連記事

休肝日ごはん

懐かしの味で休肝日。

今年初の連続休肝を実施しました。数年前から、不定期にちょくちょく休ませているのですよ。酒を

記事を読む

豚ロースの梅蒸し献立

豚肉の梅しそ蒸し、菜の花おろし和え献立。

本日のメインは梅と大葉をたっぷり使った蒸し料理。 梅に大葉。どちらかといえば夏向きの料

記事を読む

蒸し鶏とタアサイの柚子胡椒おひたし、新玉ねぎの卵炒めで晩酌。

たのしいたのしい休肝日明けの火曜日。 ふと過去記事をチェックしてみると、休肝日システム導入

記事を読む

さば水煮缶レシピ

鯖納豆、さつまいもと半熟卵の温サラダ献立。

最近、書店に行くと魚の水煮缶レシピ本をよく見かけます。 水煮缶、流行っているのでしょう

記事を読む

ぶりと青菜のしょうが蒸し献立

ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマト塩昆布奴献立。

近所の八百屋でやや小ぶりのトマトが目に入り、手に取る。赤々としていて見るからに旨そうだったか

記事を読む

蓬莱小町桜

岐阜の酒 蓬莱小町桜で晩酌 蒸し鶏のネギザーサイ和え、焼き大根。

東海地方に入りました。 ここまで来るとものすごく進んだ気がしてしまいます。 関連

記事を読む

さつまいものグラタンで赤ワイン

さつまいもときのこのグラタン、キャベツの温サラダで赤ワイン

グラタンが恋しい季節がやってまいりました。 近頃はめっきり日本酒贔屓なこともあり、普段

記事を読む

目標達成!家飲みダイエットは確実に効く。

今朝出かける時にいつものデニムを履いていたのですが、なーんか、ユルい…。 ん?これはもしや?

記事を読む

ワインで家飲み 9/29 アッシパルマンティエ、パプリカのマリネ。

いやあ、いい天気でしたね。 暦の上ではもう秋。 とはわかっているんですが、青空と

記事を読む

せせり鍋

一人鍋で晩酌 鶏の塩鍋。

冷蔵庫を空にして出かけるために、鍋は外せません。 まあそうでなくても冬場は鍋率が高くな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑