「 家飯 」 一覧

休肝日の残念な食卓。

2022/03/08 | 家飯

引き続き、休肝日献立です。懐かしの味で休肝日。普段の晩酌は炭水化物をとらないことが多いのですが、休肝日は麺類や丼ものが登場します。 本日は、山盛りの白菜を入れたパスタ。というか、パスタ

続きを見る

懐かしの味で休肝日。

2022/03/05 | 家飯

今年初の連続休肝を実施しました。数年前から、不定期にちょくちょく休ませているのですよ。酒を飲まない1週間 もう酒を飲んでいる場合ではないのかもしれない。 夕食=飲酒というルールが出来上

続きを見る

次のシーズンを、お楽しみに。

2022/03/01 | 家飯

夕刻に肌で感じるぬるい風。春が近いですね。とにかく寒さが苦手なもので、季節の移り変わりにホッとします。 冬のいいところといえば、大根とか白菜とかねぎとか、好きな野菜が安くて美味しいこと

続きを見る

でたらめな組み合わせのありがたさ。

2022/02/26 | 家飯

家飲みと同じくらい、外での一人飲みが好きで、ごちそうは外で食べる派です。あけましておめでとうございます。ここでの「ごちそう」とは、豪華絢爛なそれではなく、炭火で頃合いに焼いた焼き鳥とか、しっ

続きを見る

油を味方につける日々。

2022/02/22 | 家飯

鍋のシメには、雑炊。カレーライスの翌日は、カレーうどん。そんなお約束変化料理と同じ位置付けになっているのが、本日のメインさば納豆です。 まずは、玉ねぎと合わせて。さばと玉ねぎのサラダ献

続きを見る

中年一人暮らし、「適量」がわからない。

2022/02/15 | 家飯

「これさえあればなんとかなる」食材の代表格といえば、卵でしょうか。本当になーんにもなくても、なーんにもしたくなくても、卵かけごはんという技が使えるもんね。 シンプル飯大好きな私は、目玉

続きを見る

「放題」への密かな憧れ。

2022/02/12 | 家飯

真冬らしく立派に太った白ねぎが安売りされていて、思わず手に取りました。 ねぎなんてものは、いくらあっても困りませんからねえ。 とはいえ、極太白ねぎ3本となると、それなりのボリュー

続きを見る

40年以上前の記憶が、未だ鮮明に残る。

2022/02/08 | 家飯

本日の休肝日献立は、ナポリタン!おそらく、ここでは初登場じゃないでしょうか?パスタは好きでよく食べますが、どうしても酒が飲める系の味付けにしてしまいがちなのでね。秋刀魚と小ねぎのスパゲティで

続きを見る

鶏むね肉のわさび焼き、白菜のごま和えで晩酌。

2022/02/05 | 家飯

簡単で旨い、酒にもよく合うわさび焼き。前回は豚肉を使いました。豚ロースのわさび焼き、小松菜ときのこのおひたしで晩酌。 本日は、鶏肉で。ジューシーなもも肉でもきっといい具合に出来上がるの

続きを見る

ノンフィクションが面白いのは当たり前。

2022/02/01 | 家飯

晩酌は1合まで。そんなルールを設定してから、早5年が経ちました。一人晩酌のあり方を考える。貴重な夜のひとときを酔った頭で台無しにしたくないという思いから作った決まりですが、慣れてみるとなかな

続きを見る

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑