「 家飯 」 一覧

アッシパルマンティエ、ナッツ入りサラダで赤ワイン。

ここのところずっと、日本酒ばっかり。たまにはこう、こっくりしたオーブン料理なんかで赤ワインをいきたいねえ。 そろそろ冬も終盤戦だし、今年も一回くらいは焼きましょうよ、と決意のアッシパルマ

続きを見る

わかめと卵の炒めもの、わけぎのナンプラー和え献立。

うつわは好きだし興味もあるけれど、コレクション癖がない上に一人暮らしなので、さほど多くは持ち合わせていません。 数少ないマイうつわの中でも、この季節大活躍の例の酒器については、もう何度も

続きを見る

たらとわかめのしょうが蒸し、オレンジ白菜の梅おかか煮献立。

毎度おなじみ、フライパン蒸し料理です。 そして食材余りの関係で、またまた気持ち悪い色合いのメイン料理となりました。 えのき卵焼き、湯豆腐献立。 常日頃、色味が乏しい献立が続い

続きを見る

えのき卵焼き、湯豆腐献立。

数年前、えのきブームが巻き起こりました。あくまでも私の中で、の話ですが。 手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き、蕪とツナのサラダ献立。 当時の熱は落ち着いたものの、安定していつでも手

続きを見る

たぬき豆腐、かぶの梅わさび和え献立。

あたたかい豆腐料理でいちばん手軽なのは、湯豆腐でしょうか。もしくは、温やっこ。 そのいずれかにしようかと考えてみたものの、私の心が、口が、甘辛系豆腐料理と熱燗の組み合わせを望んで吠えてい

続きを見る

さばと白菜のしょうが煮、ひらたけとちぢみほうれん草の和えもの献立。

年明け以降無駄に忙しぶっているので、ゆっくり晩酌する時間がなかなか取れませんでした。 外食でも、出来合いのものを買ってきても、それなりに美味しいものが食べられて、なによりラクでいいのだけ

続きを見る

れんこんのきんぴら、キャベツとツナの塩昆布和え献立。

年が明けてからもしばらくは去年の晩酌献立ストックを放出しておりました。よって、本日更新分から2020年の晩酌がスタートするのです。って、もうそろそろ1月も終わりますけど。 さて、年末年始

続きを見る

玉ねぎの卵炒め、塩豚と大根のスープ献立。

これまた昨年の晩酌記録です。 仕事始めからこっち、なかなかまともな夕食にありつけていません。 私にとっての「まとも」とは、野菜がたっぷりあって、肉などのたんぱく質がとれて、そこに汁

続きを見る

さつまいもとひき肉のしょうがあん、白菜とおとし卵の味噌汁献立。

本日のメインは、さつまいも。めずらしくいも系のおかずが続きます。 さつまいもと肉の組み合わせといえば、最近はしょうがを入れた甘辛味の煮ものが定番化しております。 さつまいもと豚肉の

続きを見る

焼ききたあかり、ほうれん草と豚肉のからし和え献立。

2020年最初の晩酌記事です。 といいつつ、年末に撮った写真がまだ少し残っているので小出しにしながら今年バージョンに追いついていこうと思います。 さて、本日のメインは、いも。

続きを見る

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

40代一人暮らし、1食分の食費はいくらか。

一人暮らしの食費は、いくらくらいが妥当なのか。外食、昼食、自

→もっと見る

PAGE TOP ↑