「 家飯 」 一覧

焼ききたあかり、ほうれん草と豚肉のからし和え献立。

2020年最初の晩酌記事です。 といいつつ、年末に撮った写真がまだ少し残っているので小出しにしながら今年バージョンに追いついていこうと思います。 さて、本日のメインは、いも。

続きを見る

豚肉とキャベツのソース炒め、玉ねぎとわかめのゆかり和え献立。

ソース焼きそば、旨いですよね。たまに無性に食べたくなりませんか。 そう頻繁には食べないし、麺やソースに格別のこだわりもない。でも、好き。 トマトソース焼きそば、かぶの梅サラダ献立。

続きを見る

鶏団子と大根のスープ煮、焼きブロッコリー献立。

本日の献立はやや変則パターンで、サラダと、焼き野菜と、スープ煮。そして漬けもの。 いつもは味噌汁やスープなどの「汁もの」を必ず添えています。 「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食

続きを見る

三つ葉と揚げの卵とじ、根菜の酒粕味噌汁献立。

寒い。 言ったところで何の解決にもなりませんが、寒いですね。 寒い夜には当然、あたたかく汁気のあるつまみで熱燗をやりたくなります。しかし、本日はレタスがあるのでこともあろうにサラダ

続きを見る

里芋のねぎ塩炒め、キャベツのおかか和え献立。

小ぶりな里芋が手に入った時は絶対にこれ! そろそろ定番料理になりつつある、里芋のねぎ塩炒め。素材の組み合わせの妙を楽しむにはうってつけの一品です。 この料理の美味しさのポイントは里

続きを見る

焼きかぶ、春菊納豆献立。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお得感から、ついつい手に取ってしまう野菜、かぶ。調理パターンとしては生食、味噌汁などの汁もの、焼き、がTOP3です。あ、あとは漬もの

続きを見る

さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたまりがちです。 ブログを書かない、思考停止のすすめ。 毎日書かずとも、もはやルーティンとなった食の定点観測は止まらず。

続きを見る

白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。 「筑前煮」とか「ビーフコロッケ」のように、各家庭特有のレシピはあっても、出来上がりにそう大きな違いはなく、誰もがああ、あれね、と

続きを見る

蒸し鶏のねぎソース、蒸し白菜おろし和え献立。

古より受け継がれし論争といえば、一人暮らしで自炊をする意味があるのか問題。 十数年前までなら「節約=自炊」という公式が成り立っておりましたが、時代は変わりましたね。力士並みの摂取量でない

続きを見る

焼き厚揚げおろし和え、ごまみそキャベツ献立。

その瞬間は嬉々として箸をつけているのに、後で見返すとこれはあんまりにもあんまりだったかしら、と思う。そんな晩酌メニューが、たまにあります。 焼き厚揚げをメインとした本日の晩酌も、そのひと

続きを見る

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。
小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑