「 家飯 」 一覧

スープで胃腸を休ませる。

2021/03/08 | 家飯

健やかかつ強靭、いつも頼れるパートナーである我が胃腸が 「なんか最近お疲れだわ」 と申告してきたので、数日間休ませることにしました。胃の疲れ対策としては「食べないこと」が効果的ら

続きを見る

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

2021/02/22 | 家飯

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assadas。それらしくカタカナを使って見ましたが、なんのことはない、いわしの塩焼きです。いわしの塩焼きをじゃがいもと一緒に食べるポルトガル

続きを見る

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

2021/02/17 | 家飯

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージが強い野菜。よって、冬場に手を伸ばすことはそうありません。2月の食卓にのぼるのは、かなりレアケースと言えましょう。なぜ今トマトなの

続きを見る

もずく豆腐、豚肉と白菜のゆず蒸し献立。

2021/02/12 | 家飯

さっさと作りたい、ほったらかしにしたい、野菜山盛り頬張りたい、でも旨くなきゃいやだ。そんなわがままを叶えてくれる料理といえば、おなじみフライパン蒸しですね。たっぷりの葉野菜と、いくばくかの肉

続きを見る

キャベツのわさび白和え、焼き油揚げのねぎ酢醤油献立。

2021/02/06 | 家飯

肉や魚、卵といった王者の風格漂う食材をメインに据えない献立を作りがちです。焼き野菜とか。油揚げもよくメイン扱いする食材。その名の通り油で揚げているので、ヘルシー食材とは言い難いもののボリュー

続きを見る

かぶの酒粕味噌汁、白菜とツナの煮もの

2021/02/03 | 家飯

この冬は、白菜を食べまくってますなあ。柚子手羽白菜、もずく納豆献立白菜が驚きのお買い得価格になる冬は、葉野菜好きにはうれしい季節。ずっしりみっちり巻きのいい1/4カットが50円とかアナタ、一

続きを見る

ねぎ入り卵焼き、かぶのゆず風味サラダ献立

2021/01/30 | 家飯

サイズいろいろミックス卵を買ったんです。その中に、明らかに小さいサイズのものが2つ入っておりまして、こりゃちょうどいいやと思ったんです。卵料理を作る際、基本的には卵ひとつしか使いませんが、も

続きを見る

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

2021/01/26 | 家飯

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり。いずれにしても、魚です。ぶりの粕汁、焼きさつま揚げ献立しかし本日の粕汁の具は、めずらしく豚。理由は単純、魚が手に入らなかったので

続きを見る

ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

2021/01/23 | 家飯

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一人が食べるだけの、しかも簡単な酒のつまみであっても、繰り返し作っていれば多少なりとも調理技術は向上する、と考えています。 要

続きを見る

豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

2021/01/19 | 家飯

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、青菜ときのこの柚子味噌和え献立皮をほんのひとかけら添えるだけで、いつものつまみを一気に冬のごちそうへと変化させる、あの香り。ああ、

続きを見る

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑