洋服かぶり問題に関する個人的な考察。

公開日: : 最終更新日:2015/11/17 ファッション, 生き方と考え方

20代の頃、当時よく通っていたセレクトショップで派手なプリントのストレッチパンツを購入しました。

とても気に入っていたので購入した翌日、さっそく張り切って履いて出かけると、同じ柄のパンツを履いた人をなんと2人も見かけたのです。

別に友達や同僚というわけではなく、単なる通りすがりの人がたまたま同じ洋服を着ていただけだったのですがそれでも妙に気まずく、人と同じ格好をするのが嫌だった私はせっかく買ったそのパンツをそれ以降履くことができませんでした。

あのパンツ、どうしたんだったかな。そのまま履かずに処分したんだったかな。

もう忘れてしまったけど。




説明できない独占欲

オートクチュールでもない限り同じ服を着ている誰かを見かけるなんて普通に起こりうることなのですが、若い頃はそれが耐えられませんでした。

というより、シンプルなものじゃないからこそ着こなしの難易度が高めだろうとチャレンジして買ったつもりだったのにみんな普通に着てるじゃないか!というのが妙に悔しかったのかもしれません。

ああ、若さとはなんと甘酸っぱくも面倒くさいことか。

人と同じはイヤ、という理由で流行りのブランドやアイテムにも極力手を出さないようにして、たまたま好きだったブランドがメジャーになってしまったらなんとなく疎遠になったりも。

これってマイナーな映画とかアーティストが有名になると

「私だけが知ってるはずだったのに売れちゃったらつまらなくなる」

みたいな感覚とも似てるような気がする。謎の独占欲というか嫉妬心というか。好きなものが広まるのは嬉しいはずなのになんだか自分の手を離れてしまうような寂しさ、なんでしょうかね。

「安易に流行りに乗るんじゃなくて、私は自分の道を行く」

と鼻息荒くオリジナリティを極めている気でいたけれど、好きなものを誰かがすでに手にしていたら「好き」な気持ちを捻じ曲げてまで他を選ぶという、それはそれで他人や世間に踊らされまくりの状態でありました。

もう「双子みたい」にはならないと知っている

さて、先週末。同い年の友人と食事をする約束をしていて駅で待ち合わせたのですが、ふと足元を見ると同じスニーカーを履いていました。

「ありゃ、今日色違いじゃん」
「ホントだね。なんかさー、最近スニーカー率高まってない?」
「そうなんだよねえ、ヒール履くのに気合が必要でさー」

ああ、やっぱりか。足腰鍛えなきゃねえ、とかなんとか話しながらスニーカーのふたりはカジュアルなワインバーへ出かけたのでした。

これ、若い頃だったら耐えられなくて早く帰りたくなるパターンだったろうに、もうなんとも思わなくなっていた。

別に年を取ったからなんでもよくなった、わけではなくて、単に気にならなくなっていた。もちろん全身同じコーディネイトだったとしたらさすがにいろいろとおかしいけれど、40代の女性が同じ靴を履いている程度では良くも悪くも

「同じような感じ」

には見えないのがわかっているから気にならないのでしょう。

関連 本当は怖い、定番服。

10代、20代の頃はおじさんおばさんに

「若い子はみんな同じ顔に見える」

なんて言われて憤慨したものだけれど、それは若さという輝きが眩しくて個性が見えなくなっていたのかもしれません。いや、若い人から見たらおじさんおばさんこそみんな同じ顔に見えるのかもしれないけどね。

なんて考えていたら、今となっては説明できないあの妙な独占欲や嫉妬心さえ随分薄れた気がします。
いやはや、大人になるってのはなんとも都合のいいものですね。

 






関連記事

By: Luis Villa del Campo

ブランドアイテムは、いつもやさしい。

By: Luis Villa del Campo[/caption] 季節外れにブーツを捨て

記事を読む

fashionmodel

女はこうあるべき?女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

By: Nikolaus kim[/caption] 私の持ち物の中で多くの割合を占めている

記事を読む

By: liz west

割れ窓理論とパリのマダムで考える本当に欲しいもの。

By: Anthony J[/caption] 任侠ものの映画が上映された映画館から出てくる

記事を読む

knitdown

もう、おしゃれを諦める。

諦めました、あなたのことは。 どうも、ナオコです。ナオコ、寒いです。 ここのとこ

記事を読む

By: Alan Cleaver

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

spanishsky

一般的な幸せで私が満足するかどうかはわからない。

なるほど、と思ったブログ記事をシェア。 多くの人は、「自分には新しいモノを手に入れる能力が

記事を読む

By: Roderick Eime

足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

By: Roderick Eime[/caption] 足るを知る者は富む、ということわざが

記事を読む

hat

帽子はいくつ必要か。

帽子が欲しいです。 と、書き出して考える。以前は毎日のように帽子を着用していたけれど、

記事を読む

By: Vestman

40代、ヒールを長く楽しむための歩き方。

By: Vestman[/caption] 今日は久しぶりにヒールのあるパンプスで出かけまし

記事を読む

By: David Goehring

今日捨てたもの 5/10 最後のブラウン系。

By: David Goehring[/caption] 今回の旅を最期の舞台にしよう、と決

記事を読む

Comment

  1. しょむ より:

    はじめまして!
    ランキングからきました。
    「確かに」と思うところが多く、思わずコメしたくなりました╰(*´︶`*)╯

    確かに昔は人と被るのイヤだったけど、年を取るにつれてその辺り鈍感になった気がします。
    さすがにUNIQLOのTシャツ着てUNIQLOに行ってしまい、全く同じ柄のものが陳列されてる前を通るのは恥ずかしかったですが。。笑

    • crispy-life より:

      しょむさん

      コメントありがとうございます。

      >年を取るにつれてその辺り鈍感になった気がします。

      いやいやいや、20代のうら若き乙女が何をおっしゃいますやら!!
      とは言え、そんな風に感じるのは実は年齢関係なくあくまで個人の感覚なんでしょうけどね。

      今後とも宜しくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

tainan_32
おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分の

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め献立
つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル献立。

辛味の効いた青菜炒めって、南国の味だよなあ。 暑い国のレ

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ
焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいもの

→もっと見る

PAGE TOP ↑