きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること ,

きつね納豆で晩酌

植物性たんぱく質の鬼、きつね納豆で晩酌です。

油揚げ偏愛傾向のあるわたくしですが、これまではやや厚みがあり豆腐成分高めの油揚げが好きで長らく使い続けてきました。

しかし、本日のきつね納豆のようになんらかの具材を入れ込むには袋状にしやすいタイプの油揚げのほうがラクなのではと考え、近頃は薄め軽めタイプを常備しています。

油揚げをそのまま焼くならば厚みのあるタイプがいいけれど、コク出しのために味噌汁に入れる場合もこの薄めタイプでいけるなと。登場頻度の高い油揚げについて、まだまだいろいろ考え中。




きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌

きつね納豆、ほうれん草のごま和えで晩酌。

  • 大根のポン酢漬け
  • きのこと新玉ねぎの味噌汁
  • ほうれん草のナムル
  • きつね納豆

きのこと新玉ねぎの味噌汁

きのこと新玉ねぎの味噌汁

本日の味噌汁はエリンギと新玉ねぎ、いりこ出汁。新玉ねぎは最後に入れてさっと火を通すだけに止め、ほのかな辛味を楽しみます。

ほうれん草のナムル

ほうれん草のナムル

色よく茹でたほうれん草を塩、ごま油、すりゴマで和えます。

きつね納豆

きつね納豆

小口に切ったネギをたっぷり加えた納豆を袋状に開いた油揚げに詰め、口を楊枝で止めてフライパンで両面こんがりと焼きます。薬味にはおろししょうがと大根おろしを添えてしょうゆで。

酒器の代わりに白ご飯を添えればうっかり朝ごはんに見えてしまう晩酌献立。おじいちゃんおばあちゃんが喜んで食べてくれそうな品揃えですね。もちろん私もよろこんで飲みますけどね。

おつまみレシピブログ

さて、大根おろしが食べたくなり頑張っておろした、はいいけれど、盛り付けるギリギリまでどう使おうか迷いました。ほうれん草とあわせておろしポン酢和えにしようか、それともきつね納豆の薬味に添えようかと。

きつねが焼き上げるまで迷いに迷って結局は薬味に落ち着きましたが、どっちでもよかったなと。ほうれん草をおろしポン酢で食べたならば、きつね納豆には塩を添えて味かぶりを避ければよかったんだしね。

そう、きつね納豆の味付けは何といってもしょうゆ味がスタンダートですが、塩味も結構イケる。豆腐、厚揚げ、油揚げ、この辺りは塩味もイケる。

と、強く思うのは私がこのところめっきり塩味派になったからでしょうか。

なんだかついついしょうゆ味のおかずばっかりになっちゃうんだよなあというしょうゆ派のみなさまも、たまには塩のことを思い出して下さい。必ずやお役に立てることでしょう、と塩が言っているような気がするので一応お伝えしておきます。

 






関連記事

白菜漬け キャベツの塩昆布和え 納豆汁 蕪とツナのしょうが蒸し焼き

蕪とツナのしょうが蒸し焼き、納豆汁で晩酌。

またまた撮りための晩酌献立。 そろそろ冷蔵庫を空っぽにしたい時期だったこともあり、買い

記事を読む

オイルサーディン 食べ方

野菜スープ、缶ごとオイルサーディン、レトロドール。

3月らしい暖かい日だったので、なんだか白ワインが呑みたくなりました。 最近ずっと熱燗ば

記事を読む

晩酌献立5品

わさび菜とツナの和え物、かぼちゃの塩煮。

休肝+休胃明けの夜。 休肝日って週に2日くらい設定したほうがいいらしいので、さてこれからど

記事を読む

160429wine6

鯖のオイル煮、ラディッシュのバター添えで白ワイン。

鯖2days。2日目は生姜たっぷりの甘辛煮付けにしようと固く心に決めておりました。 そうな

記事を読む

休肝日のメニュー

抜歯で休肝日の晩ご飯 餃子入り野菜スープとぬか漬け。

以前も何度か休肝日のメニューについて書いたことがありました。 関連 休肝日の鶏出汁こん

記事を読む

トマト卵とじうどん

抜歯で休肝日ご飯 トマト卵とじうどん。

書く順番がやや前後しておりますが、休肝日献立シリーズです。 関連 食べない生活 お腹ぶ

記事を読む

豆苗の冷豚しゃぶ

豆苗の冷しゃぶ、きくらげとザーサイの卵スープ。

献立には焼いたものとか煮たものとかいろいろあるほうがいいよね。 などと書いたそばから焼

記事を読む

凍り豆腐と手羽先の煮もの

凍り豆腐と手羽先の煮もの、トマトとわかめのナムル献立。

凍り豆腐といえば乾燥状態で売られているアレがポピュラーですね。 きめ細かいしっとりした

記事を読む

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮、豆苗と卵の炒めもの。

食料調達スタイルがまだ確立されていないこともあり、ここのところあまり季節感のない献立になるこ

記事を読む

itsmyfirstcucmber

一人暮らしの家飲みメニュー 8/7 きくらげときゅうりの酢の物。

暑いときには体を冷やす食材を積極的に採って体内コントロールするとか、不便な時代を生きた方の知

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

40代ファッション
2017夏コーデ、捨てても捨てなくても大丈夫。

ふと気付けば、この夏やたらめったら多用しているコーデがあります

芳水 純米カップ
徳島の酒 芳水 純米カップで晩酌 鮭とじゃがいものにんにく蒸し、ニラ納豆。

四国地方コンプリートです。 まさかの節酒宣言で雲行きが危ぶま

ワンタフトブラシ
もう歯医者には行きたくない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 人

ニラときくらげの卵炒め献立
ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに

door.min
ドアノブに少しだけ手をかける。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久

→もっと見る

PAGE TOP ↑