鶏もも塩焼き、せりとえのきのおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること

鶏もも塩焼き献立

肉を焼いて、レモンをキュッと絞って食べよう。

と、張り切っていたのに、まんまとレモンを買い忘れて帰宅しました。無念。

それもこれも、すべてはせりのせい。

レモンを買い求めるべく立ち寄った八百屋でせりを発見。うれしくなって脳内で献立変更に勤しんでいたらレモンのことをすっかり失念していたというからくりです。

鶏もも塩焼き、せりとえのきのおひたし献立

鶏もも塩焼き、せりのおひたし献立

  • 春キャベツの味噌汁
  • 新玉オニオンスライス
  • せりとえのきのおひたし
  • 鶏もも塩焼き

春キャベツの味噌汁

春キャベツの味噌汁

たっぷりの春キャベツと油揚げの味噌汁。出汁は昆布とえのきの茹で汁。

新玉オニオンスライス

新玉オニオンスライス

薄切りにして水にさらした新玉ねぎは、鰹節とポン酢でシンプルに。ちなみに本日の新玉ねぎは佐賀玉ねぎでした。甘くてみずみずしい。

せりとえのきのおひたし

せりとえのきのおひたし

茹でたせりとえのきを出汁しょうゆにひたしたもの。

鶏もも塩焼き

鶏もも塩焼き

塩を振った鶏もも肉を皮目からフライパンで焼きます。皮がパリッと焼けたら返して中まで火を通し、一口大に切ってうつわに盛ります。一緒に焼いた白ねぎと柚子胡椒を添えて。

レモンをキュッ、は叶いませんでしたが、柑橘欲は柚子胡椒で補えました。焼いた鶏肉に柚子胡椒の組み合わせ、やたらと好きです。日本酒のお供としても優秀。

柚子胡椒を使うおつまみ

春キャベツに新玉ねぎにせり。派手さはなくとも春爛漫なこの感じ、いいねいいね、盛り上がりますね。

せりを見つけるとついつい手を出してしまうようになったのはここ数年のことで、以前はああ、あのお粥のね、くらいの認識しかありませんでした。まあその粥すらもまともに作ったことはないのですが。それがなんとなく気になる存在へと昇格した要因のひとつは、きっと蕎麦。

銀座 泰明庵で、清く正しい蕎麦屋酒。

「せりそば」になるとせり単体より断然魅力的に見えるのは一体どうしたことでしょうか。食べたいなという気持ちにさせられるのはなぜなのでしょうか。

家ではせいぜいおひたしにする程度の調理しかしないけれど、この香り、この歯触りを楽しめるのだから、茹でるだけで十分。せり本体の青々とした風味を損なわないように、味付けはギリギリセーフの儚い薄さにするのが好みです。

 




関連記事

一人暮らしの家飲みメニュー 7/31 暑い日。辛いヤムウンセンとビール。

今って真夏?真夏なの?   久しぶりに迎える日本の夏。 東南アジア各国のほうが過ご

記事を読む

一人暮らしの家飲み

家飲みメニュー 5/28 塩豚とキャベツの煮込み、鯖納豆。

あれ、なんかちょっとたんぱく質が多いなあ。 冷蔵庫の中身を脳内で確認してふと思った夕方

記事を読む

さつまいもとベーコンのグラタン

さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋ものやおでんなどの汁っぽいもの

記事を読む

豚肉と青梗菜の炒めもの、なめこおろしでひとり晩酌。

いやー。 寒さより暑さに100倍強い私ですが、さすがにここまで来ると 「暑い..

記事を読む

柿の白和え、れんこんハンバーグおろし添え献立。

柿です。 ぶどうや桃など夏から秋にかけて出てくる果物には好きなものが多いですが、柿には

記事を読む

ハリハリ鍋

家飲み献立 3/10 ハリハリ鍋。

東京はカラリと晴れています。 早朝から洗濯物を干して、ああ、今日も生きているなあと。

記事を読む

塩手羽大根

晩酌献立 塩手羽大根、せりと柿の木茸のおひたし。

たのしいたのしい火曜の夜。 いやあ、休肝日明けはなんかこう、ヤル気が漲りますね。

記事を読む

自炊ダイエットの効果とやり方。キツかったデニムがするり!

先日「時代は家呑みダイエット」という記事でも書きましたが、やっぱりきちんと痩せてきている、と

記事を読む

牛すき煮献立

牛すき煮、新玉ねぎとわかめのサラダで晩酌。

牛すき煮。なのにピンが肉ではなく焼き豆腐にきている。 そうです。本日の主役は実は焼き豆

記事を読む

食べることは生きること。

とにかく、食い意地が張っています。 何故こんな風になったのか、今となっては原因を思い出せないの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑