鶏もも塩焼き、せりとえのきのおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること

鶏もも塩焼き献立

肉を焼いて、レモンをキュッと絞って食べよう。

と、張り切っていたのに、まんまとレモンを買い忘れて帰宅しました。無念。

それもこれも、すべてはせりのせい。

レモンを買い求めるべく立ち寄った八百屋でせりを発見。うれしくなって脳内で献立変更に勤しんでいたらレモンのことをすっかり失念していたというからくりです。

鶏もも塩焼き、せりとえのきのおひたし献立

鶏もも塩焼き、せりのおひたし献立

  • 春キャベツの味噌汁
  • 新玉オニオンスライス
  • せりとえのきのおひたし
  • 鶏もも塩焼き

春キャベツの味噌汁

春キャベツの味噌汁

たっぷりの春キャベツと油揚げの味噌汁。出汁は昆布とえのきの茹で汁。

新玉オニオンスライス

新玉オニオンスライス

薄切りにして水にさらした新玉ねぎは、鰹節とポン酢でシンプルに。ちなみに本日の新玉ねぎは佐賀玉ねぎでした。甘くてみずみずしい。

せりとえのきのおひたし

せりとえのきのおひたし

茹でたせりとえのきを出汁しょうゆにひたしたもの。

鶏もも塩焼き

鶏もも塩焼き

塩を振った鶏もも肉を皮目からフライパンで焼きます。皮がパリッと焼けたら返して中まで火を通し、一口大に切ってうつわに盛ります。一緒に焼いた白ねぎと柚子胡椒を添えて。

レモンをキュッ、は叶いませんでしたが、柑橘欲は柚子胡椒で補えました。焼いた鶏肉に柚子胡椒の組み合わせ、やたらと好きです。日本酒のお供としても優秀。

柚子胡椒を使うおつまみ

春キャベツに新玉ねぎにせり。派手さはなくとも春爛漫なこの感じ、いいねいいね、盛り上がりますね。

せりを見つけるとついつい手を出してしまうようになったのはここ数年のことで、以前はああ、あのお粥のね、くらいの認識しかありませんでした。まあその粥すらもまともに作ったことはないのですが。それがなんとなく気になる存在へと昇格した要因のひとつは、きっと蕎麦。

銀座 泰明庵で、清く正しい蕎麦屋酒。

「せりそば」になるとせり単体より断然魅力的に見えるのは一体どうしたことでしょうか。食べたいなという気持ちにさせられるのはなぜなのでしょうか。

家ではせいぜいおひたしにする程度の調理しかしないけれど、この香り、この歯触りを楽しめるのだから、茹でるだけで十分。せり本体の青々とした風味を損なわないように、味付けはギリギリセーフの儚い薄さにするのが好みです。

 




関連記事

親子煮献立

親子煮、ゴーヤとツナのサラダ献立。

卵と鶏もも肉だけではさほど心は動かないが、そこに三つ葉が登場すれば話は変わってくる。

記事を読む

家飲み献立 1/26 鮭と白菜の煮物、葱のきんぴら。

うーん、まだなんとなく自炊モードになってないなあ...。 などと感じる本日。 キッチ

記事を読む

ピーマンの卵炒め

ピーマンの卵炒め、つるむらさきのおひたし献立。

ピーマンって妙な形状の野菜だから、どこからどう手出しするか結構迷いますね。 丸ごと食べ

記事を読む

油揚げとねぎのしょうが味噌炒め

油揚げとねぎのしょうが味噌炒め、蒸しなすのわさび梅和え献立。

油揚げをメインにしがちです。 晩酌献立 焼き油揚げ、トマトと三つ葉のサラダ。 タ

記事を読む

豚かたまり肉をしっとり茹でる方法。

誰にも会わないシェアハウスの夜。 お盆だなあ、としみじみ。 私といえば、何ら特別

記事を読む

豚ともやしの酒蒸し献立

豚肉ともやし蒸し、里芋のクリームチーズ和え献立。

もやしワシワシいきたい熱発症につき、もやし蒸し。 もやしって給料日前の救世主的として広

記事を読む

招徳純米吟醸デザインボトル夏の戯れ

京都の酒 招徳 純米吟醸 夏の戯れで晩酌 かわはぎと豆腐の酒蒸し献立。

先日の金魚とはまた別の金魚で晩酌です。 新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスー

記事を読む

家飲み献立 鶏豆腐でぬる燗を。

雨の土曜日。 部屋でじっとしていると昼間でも寒いので、2駅隣まで歩いて駅前のコーヒーシ

記事を読む

ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。

ベトナム一人旅で食べたもの、ホーチミン編です。 ベトナムに限らずですが、一人旅での食事は気

記事を読む

せせりの葱塩ダレ、もやしのからし和え。

あれ、なんか日が長くなってる...? 夕方外を歩いていてふと気がつきました。 そうい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑