鶏もも塩焼き、せりとえのきのおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること

鶏もも塩焼き献立

肉を焼いて、レモンをキュッと絞って食べよう。

と、張り切っていたのに、まんまとレモンを買い忘れて帰宅しました。無念。

それもこれも、すべてはせりのせい。

レモンを買い求めるべく立ち寄った八百屋でせりを発見。うれしくなって脳内で献立変更に勤しんでいたらレモンのことをすっかり失念していたというからくりです。

鶏もも塩焼き、せりとえのきのおひたし献立

鶏もも塩焼き、せりのおひたし献立

  • 春キャベツの味噌汁
  • 新玉オニオンスライス
  • せりとえのきのおひたし
  • 鶏もも塩焼き

春キャベツの味噌汁

春キャベツの味噌汁

たっぷりの春キャベツと油揚げの味噌汁。出汁は昆布とえのきの茹で汁。

新玉オニオンスライス

新玉オニオンスライス

薄切りにして水にさらした新玉ねぎは、鰹節とポン酢でシンプルに。ちなみに本日の新玉ねぎは佐賀玉ねぎでした。甘くてみずみずしい。

せりとえのきのおひたし

せりとえのきのおひたし

茹でたせりとえのきを出汁しょうゆにひたしたもの。

鶏もも塩焼き

鶏もも塩焼き

塩を振った鶏もも肉を皮目からフライパンで焼きます。皮がパリッと焼けたら返して中まで火を通し、一口大に切ってうつわに盛ります。一緒に焼いた白ねぎと柚子胡椒を添えて。

レモンをキュッ、は叶いませんでしたが、柑橘欲は柚子胡椒で補えました。焼いた鶏肉に柚子胡椒の組み合わせ、やたらと好きです。日本酒のお供としても優秀。

柚子胡椒を使うおつまみ

春キャベツに新玉ねぎにせり。派手さはなくとも春爛漫なこの感じ、いいねいいね、盛り上がりますね。

せりを見つけるとついつい手を出してしまうようになったのはここ数年のことで、以前はああ、あのお粥のね、くらいの認識しかありませんでした。まあその粥すらもまともに作ったことはないのですが。それがなんとなく気になる存在へと昇格した要因のひとつは、きっと蕎麦。

銀座 泰明庵で、清く正しい蕎麦屋酒。

「せりそば」になるとせり単体より断然魅力的に見えるのは一体どうしたことでしょうか。食べたいなという気持ちにさせられるのはなぜなのでしょうか。

家ではせいぜいおひたしにする程度の調理しかしないけれど、この香り、この歯触りを楽しめるのだから、茹でるだけで十分。せり本体の青々とした風味を損なわないように、味付けはギリギリセーフの儚い薄さにするのが好みです。

 




関連記事

豚肉の肉吸い

肉吸い、おかひじきと干しえびの和えもので晩酌。

肉吸い、という食べものをご存知でしょうか。平たく言えば肉うどんのうどんぬきスープ。蕎麦屋にお

記事を読む

人目を気にせず、一人で食べたい。

どこか秘密基地っぽさのあるテーブルは、子供がよろこびそうなつくりではありませんか。 フ

記事を読む

遅くなった日の簡単晩ご飯 8/18 セロリ葉の卵炒め。

今日は帰りが少し遅くなってしまった。 よって、駅前のスーパーで卵だけ買っていそいそと帰宅。

記事を読む

鮭と小松菜のフライパン酒蒸し

鮭と小松菜の酒蒸し、玉ねぎの卵とじ献立。

寒くてびっくりです。 今日はなんとなく冷しゃぶとかそっち系統のアテで呑もうかなと考えて

記事を読む

黒酢酢豚

はちみつ黒酢酢豚、きゅうりの梅肉和え献立。

酢豚。それは、よく知っているのに食べる機会はなかなか訪れない料理です。 好きは好き。で

記事を読む

さばの梅蒸し献立

鯖の梅蒸し、ほうれん草としいたけの吸い物。

鮮魚売り場で鯖と目が合う。 一人暮らしの身としては半身で売られているのがベストなんだけ

記事を読む

休肝日ごはん 味玉ごはん、レッドキャベツのごま酢和え献立。

久しぶりの味玉が旨かったので、またまた同様の手口にて仕込んでおきました。 休肝日ごはん

記事を読む

せとかと甘平を食べ比べてみた。

By: skyseeker[/caption] 毎日の晩酌日記と共に記録していた今月の「お遊び」

記事を読む

塩辛じゃがバター

塩辛じゃがバター、小松菜と豚肉のからし和え献立。

じゃがバターですよ、奥さん。長年晩酌記録を続けていますが、じゃがバターは初登場ではないでし

記事を読む

蒸し鶏ネギソースの献立とレシピ

蒸し鶏ネギソース、たらこおろしで家飲み。

なんということでしょう。昨日塩分がどうこう言っていた舌の根も乾かぬうちにこの献立。 魚

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑