50代で起業、異業種への転身。

公開日: : 最終更新日:2017/03/30 これからの働きかた, 生き方と考え方

chiyoda_sanpo_8

そういえば、あの人は今どうしているのだろう。

ふとそんなことが頭を過って名前を検索してみれば近況がすぐわかる、そんな時代です。

さほど密ではないなりに普段からやり取りしている友人知人であればSNSのタイムラインに日々の様子が流れてくるのはもはや日常だけれど、そうでなくても現在の状況を知ることができるとは、便利なような怖いような。

いえね、10年ほど前に仕事でお世話になった年上の女性のことを突然思い出し、検索してみたんですよ。

あの人の「今」を知る

By: raneko

なんだかふとKさんのことが気にかかりGoogle先生に聞いてみて驚く。

Kさんは50代にして全くの異業種で起業していたのです。

Kさんは私がフリーになってすぐの頃に仕事でお世話になった方で、私にとって初めての大型案件のクライアント先担当者。たまたま私の仕事内容が掲載されていた雑誌を見たKさんから声をかけていただき、以降しばらくの間某社でKさんが取り仕切る部署のお手伝いをさせていただいたのでした。

関連 盛らない生き方。

この仕事、良くも悪くも今も本当に印象に残っていて。

まだ実績も何もない状態だった私がまさかこんな大企業と直で取引ができるなんて!とそれはそれは嬉しく、依頼内容も自分がまさにやりたかったこと。この仕事は経験としても実績としても後々大きなものになるぞ、と意気込んだものです。

が、その分プレッシャーも大きかった。

受注した金額も大きかったので、相手側の期待値や要求も半端なく、特に私に直接依頼をしたKさんからの突き上げはものすごいものがありました。

いや、今考えれば別にすごくはなかったのかもしれません。けれどそれまで自分がやっていた仕事とは手法もスピードもまるで違う業界に飛び込んでかなり混乱してしまったというか。

憧れの存在、怖い人

ブランドの象徴的存在であったKさんは聡明で優秀、さらには美人でおしゃれともう絵に描いたような完璧な人で、ああ世の中にはこんな人がいるのだなと自分とのあまりの違いにため息をつきながらも密かに憧れていました。

同時に、めちゃくちゃ怖かった。

優秀な分仕事に厳しかったKさんは社外の人間である私にも容赦なく、期待していた成果が上げられないと激しく叱責されることもしばしば。ずっと男社会で生きてきた私は男性の中で喧々諤々やるのには慣れっこだったけれど、年上の女性と仕事をする経験がなかったこともあり、違いに戸惑うばかり。男性のそれとはまた違う女性社会の厳しさのようなものを知ったのでした。

クライアントでありながら年齢的にもキャリア的にも上司のような存在のKさんに鍛えられながら数ヶ月間が経過した契約満了時。その会社が本国の経済状況悪化の煽りを受けて日本国内の業務を一時的に縮小することが決定したと伝えられ、契約更新には至りませんでした。

もちろん更新にならなかった理由はそれだけではなく、私の力不足でもあったのですが。

ギャラはよかったけれど、その分拘束も激しくストレスが少なくはなかった案件。残念なような、ホッとしたような、なんとも言えない気持ちになったことを覚えています。当時は勉強になった反面、自分の不甲斐なさにイライラしたり落ち込んだりもしましたが、今となってはすっかり懐かしい思い出。

時は過ぎたんだなあ。

50代で起業、異業種への転身

spain

検索してみたのは、あの部署はまだKさんが担当されているのかしら?と考えたからでもあったのですが、まさかそんなことになっていたとは。

詳しくは書けませんが、例えていうならば誰もが知っているラグジュアリーブランドのMDとして長年活躍していた女性が寿司職人になっていた、というくらいの転身。全く違うけどこれ、我ながら秀逸な例えです。それくらいの方向転換です。

えええなんでそんなことに??と、一瞬驚きはしたのだけれど、あのKさんなら可能だな、とも。

私が知っているKさんは業界の最先端で華麗に活躍する女性だったけれど、それ以前はフリーで活動していたと聞いた記憶もあるし、今選んだ仕事も職種は違えど彼女のやりたいこと、実現したいこと、興味関心の分野としては同じライン上にあったのでしょう。確かに突拍子もない転身に見えて、筋はきっちりと通っている。

関連 ひとつの道を極めるべし。仕事を複数持つのは非効率か。

10年前に既にかなりのポジションを確立していたKさんだから、そのまま定年まで勤め上げれば安泰だったはずなのに、10代、20代から修行してその道を極める人が多いであろう職人の世界に50代から飛び込むとはなんとも天晴れ。

やるなあ、というか、ヤラレタ、という気になりました。

こういうのは誰にでもできることではないし、彼女の聡明さとか好奇心旺盛な資質があってこそではありますが、彼女のチャレンジを知ってなんだかやけに嬉しい。

短い期間だったけれど、彼女から仕事との向き合い方のようなものを含め多くのことを教わったのだから、これは大事にせねばと改めて思ったのでした。

ミニマリストの持たない暮らし

そして、いつか彼女の寿司屋(じゃないけど)に行ってみたいなとも。いや、でも会うのちょっと恥ずかしいかな。その華麗な転身にまつわるエピソードを聞いてみたい気持ちはあるのだけど、うーん、悩む。

 




関連記事

chiayi-hotel-14

たった1回の失敗で心が折れるメンタルの弱さ。

かなり前のことになるのですが、ちょっとしたイベントを仕込んだことがあります。 それは仕

記事を読む

By: Alper Çuğun

自分の仕事は自分で作る、これからの働き方。

By: Alper Çuğun[/caption] 先日銀座を歩いていました。 以前近

記事を読む

By: Anthony Easton

シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

久しぶりに髪を切りに出かけて待ち時間に雑誌を広げる。 パラパラとめくると 「シン

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

suma1608_21

怒りに震える秋の朝。

朝5時から怒りに震える秋。 怒りという感情は厄介なものである、という前提が自分の中にあ

記事を読む

daikanyama15

馬鹿とはお茶できない。

茶飲み友達。 文字通り、お茶など飲みながら会話を楽しむ友達のことで、主に老人同士の友人

記事を読む

東京タワー

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

1LDKなんて絶対反対断固拒否。私の部屋がないじゃないか。 そうひと暴れしてから早数ヶ

記事を読む

サンミゲル市場

継続してても足りてないこと。次の「通過点」はどこだ。

うっかり充電を忘れてしまう時もあるけれど、基本的に移動中は耳に挿さっています。 続ける

記事を読む

edogawa46

趣味のアレでお金を稼ぐ大型連休。

好きこそ物の上手なれはまぎれもない真実ですね。 マラソンなんて、走るのキライな人が上達

記事を読む

nakano24

街で偶然知人をみかけても99%声をかけない。

商店街の八百屋の前で、右手にねぎを掴んで立ち尽くしていると声を掛けられました。ねぎから意識を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ueno_33
寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、ナッツ入りサラダで赤ワイン。

ここのところずっと、日本酒ばっかり。たまにはこう、こっくりした

akabane57
職場の人間関係に悩み、孤独力を促進。

職場の悩みの多くは、人間関係にあると聞く。 仕事そのもの

わかめと卵の炒めもの
数少ない冬の愛用品よ、さようなら。

うつわは好きだし興味もあるけれど、コレクション癖がない上に一人

150212lg
捨てるタイミングをくぐり抜けてきたものあれこれ。

先日立てた今年の目標のひとつに 「ものを減らす」

→もっと見る

PAGE TOP ↑