50歳目前での仕事探し。

公開日: : これからの働きかた

2021年初の歯科検診にいってまいりました。

歯科通いもかれこれ4年目に突入。おかげさまで口内環境は良好とのお言葉をちょうだいしましたよ。

40代の親知らず抜歯記録

今年から担当さんが変更になり、初めましての歯科衛生士さんと待ち時間に軽く世間話など。

この歯科があるのは平日真昼間から観光客で大賑わいだった街。近隣の飲食店経営者さんの悲痛な声を日々聞いてるんですよ、どうにかならないもんですかね、などという話になりました。

フリーで生きるプレッシャーと覚悟感。

私の仕事は幸い(今のところ)大きなダメージは受けていないけれど、自営業なのでまあ、不安定ではありますよね。なんてこぼすと、医療業界で活躍するフリーランスについてあれこれ教えていただきました。

フリーランス医師。大門未知子的なアレですね。

自粛自粛で仕事にならない、まともに営業できないというサービス業の大変さとはまた種類の違う深刻な状況にある医療業界。この状況下に仕事を失うという不安とは無縁だと勝手にイメージしていましたが、そうわけでもないそうです。

さらに

「フリーで仕事するなんて、恐ろしすぎて私にはできません。だって、何かトラブルにあったときに、誰も守ってくれないんですよ?」

とのこと。確かになあ。

フリーランスに限らず、医師はあらゆるケースを想定して賠償責任保険に加入しているものなのだろうけど、組織に属していないとなると、社会的な庇護は薄まる。

私みたいなふわふわした仕事とは違い、人の健康や命を預かる現場に立つ責任やプレッシャーの大きさは半端ない。同じフリーランスとはいえ、その重さや覚悟感はまったく別ものだな。などと、至極当然のことを思ったのでした。

50歳を目前にして、仕事を探す。

一方で、例のアレのおかげで良くも悪くもワークスタイルは一気に多様化したようで。先日も住まいに関する悩みアンケートのトップ回答が「仕事するスペースの確保」だったとかなんとかいうニュースをみました。

ほんの数年前まで、自宅で仕事をしている人の割合なんてほんの数パーセント程度だったというのに、変われば変わるものですね。

あまりにも充実したおこもり生活。

とはいえ目に見えて変わったのはあくまで「ワークスタイル」のみ。本質的に働き方が変わり、年齢やライフステージ、そして心境の変化に応じて人がもっと自由に働き方を選べるような時代になるには、もう少し時間がかかるのかもしれません。でも、もしかしたら、そう遠くはない未来なのかな。だとすれば、鬱陶しい例のアレがもたらした、数少ないメリットですね。

などと他人事のように話していますが、私もどうにかしなければいけません。

「私の仕事は幸い(今のところ)大きなダメージは受けていない」と書きましたが、あくまでも今のところ、であり、今年も引き続き同じスタイルで仕事を続けられる可能性は20%くらいじゃなかろうかと予測しています。

つまり、また新たな仕事を作らねばならないタイミングがやってきたわけですね。50歳を目前にしてね。

わたくし常日頃から働きたくない、遊んで暮らしたい、とほざいている不届き者ではありますが。

いかにして働かずに暮らすか。

今生で元気に働ける期間は長く見積もってもあと20年。いや、20年しゃっきりと現役でいられたら御の字か?いずれできなくなることだと考えれば働く日々はそれなりに愛おしく、面白い…ともいえなくはない。面倒がらずにこれからの仕事を考えます。

さあさあどうなる2021年?面白くなってまいりました(やけくそ)。

大人のたのしい一人暮らし




関連記事

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りでやや肌寒く感じるけれど、最後に

記事を読む

エクセルが使えないと100歳まで生きられない。

仕事帰りに立ち寄った食堂のカウンターでおでんをつまんで飲んでいると、隣席で談笑している70代

記事を読む

ごっそり捨てて、お金まわりを考える ’17。

By: Owen Moore[/caption] なんとなく3月に入ってから、という感覚が強

記事を読む

いかにして働かずに暮らすか。

先日某誌の編集者から 「毎度読者の食いつきがいいのは老後不安煽り系のネタだ」 と

記事を読む

もう働きたくないんです。

完結していない長編漫画を読み続けるのが苦手です。 30巻くらいまで出ていて、今なお連載中で、数

記事を読む

好き勝手言ってるだけと実際やるのとでは大違い。

現在イベントの詰め作業をもりもりやっています。 働いている人も、働いていない人も、今か

記事を読む

令和初の年越し、昭和との戦い。

2020という整然とした4桁の並びはどうにも座りが悪いし、2年と言われるといつの間に、と思う

記事を読む

40代残りの20年、その先の20年。

ざっと残りは20年、ってとこか。 その言葉に、思わず顔を見合わせる。 「まあまあ、長

記事を読む

遊んで暮らせるなら、中身はどうでもいい。

「お互い割といい感じの流れになっていた」と書きました。 寿司をつまみながら、いよいよ食

記事を読む

才能に頼らない方法 正しさとパッションの間で。

多少時間に余裕があるので、ここぞとばかりにインプット作業に勤しむこの頃。先週は文章作成に関する本を立

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリストのクローゼット
突っ張り棒が突っ張れない。

整理整頓収納界の重鎮、突っ張り棒。素敵な奥様方は難なく使いこ

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

→もっと見る

PAGE TOP ↑