夢はノートで叶う、は、本当かもしれない。

公開日: : 最終更新日:2017/07/18 やりたいことほしいもの

idealaprtment

引越しの際に6年ほど前に使っていたノートが出てきました。
仕事のメモとかアイデアとかレストランで食べて美味しかったものとか仕事の失敗についてとかやたらとなんでも書いてある、日記でも手帳でもないノート。

久しぶりに中身を読んでみると、あの頃の私の考えがまざまざと記されていて、ここ数年全く安定感のない生活をしてきた私にとっては遠い昔に思えます。もちろん、自分だけがみるノートなので恥ずかしげもなくあれが欲しいこれがしたいと欲望の赴くままにペンを走らせているのですがその中に

「こんな部屋に住みたい」

というリストがありました。
当時は25平米くらいの新築1Kマンションに住んでいて、大きな窓も真っ白な内装もそれなりに気に入っていたのですが、そのマンションでの意心地の良さに味をしめて住まいの更なるランクアップを望んでいたようです。

理想の住まいリスト

  • 白を基調とした内装
  • 45平米以上
  • 南向きで日当り良好
  • 風通しがよい
  • 天井が高い
  • 洗面所に窓がある
  • 足を伸ばせる広いバスタブ
  • 広くて使いやすいシステムキッチン
  • 落ち着いた雰囲気の広いリビング
  • キッチンにサービスバルコニーあり
  • 洗濯物がたくさん干せる広いベランダ
  • 寝室以外に仕事をするスペースがある
  • エントランスなど共用スペースのインテリアもセンス良し
  • カメラ付きインターホンとオートロック
  • ペット飼育可
  • セキュリティ万全
  • 24時間ゴミ出し可能
  • 宅配BOX
  • 駐輪場
  • インターネット接続無料

ああ、なんて欲張りなんでしょう。こんなこと必死で書いてる時間あったら仕事でもすればいいのに、とも思いますが、まあホントにこんな家に住みたい!と夢にまでみていたのです。

さて、これらの条件、なんと今の住まいが見事にほぼ満たしているんですよね。

夢を叶える方法は結構多い

書けば叶う!みたいな話はよく聞きますが、当時は気にしてもいませんでした。

リスト中残念ながら一致していないのは「ペット可」のみ。このリストを書いた頃はこんなに定住志向がなくなるとは思っていなかったので犬を飼うことも夢のひとつでしたが、移動が多い生活で犬を飼うなんて無責任甚だしいのでそれはまたいつの日か終の棲家を見つけた時のお楽しみ、ということにしています。

関連 台湾鉄道一人旅 番外編 台湾の犬アルバム。

もちろん当時は家賃30万くらいしそうな分譲賃貸タワーマンションかなんかを思い浮かべて書いていましたが、30万出さなくても、簡単に同じものが手に入ってしまったという不思議。

そう考えるとちょっとした発想の転換とか、当たり前を疑って見る、という行為がいかに重要かがよくわかります。だって「理想の部屋に住みたいけれど、家賃30万はとてもじゃないけどムリ…」というところで発想が止まってしまったら、それで終わり。が、視点をちょっとずらして考えれば手頃な家賃のシェアハウスでも同じ環境が手に入れられるのですから。

関連 機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

今回は私の発想が柔軟だから夢の生活が実現した!とかではなく昔のノートを見つけて今まさに自分が望んでいた通りの部屋に住んでいることにギョッとした、という単なる偶然に過ぎないのですが、Aじゃなきゃダメ!!とこだわり過ぎて固執してしまうよりも、AがいいけどA’とか一周回ってZは?みたいな面白がり方をしながら生きていくほうがこの世は何かとお得なのかもしれません。

 




関連記事

好き勝手言ってるだけと実際やるのとでは大違い。

現在イベントの詰め作業をもりもりやっています。 働いている人も、働いていない人も、今か

記事を読む

欲しいものはそんなになくてもやりたいことはたくさんあって。2016年8月ブログまとめ。

奥さん、9月です。秋です。 秋、と断言してしまうにはまだまだ残暑と戦わねばならない日々

記事を読む

そろそろ限界、買い替えを検討する。

ついにいきました。 関連 壊す女、雑な人。 いつか来るだろうけれど、まだその時で

記事を読む

誰だって、いつでもいちばん欲しいもの。

今回のセブ島滞在では多くのセブっ子と話す機会があったので、ネタになるかなという軽い気持ちで会

記事を読む

WiMAX2+ギガ放題プランにてMX03へ機種変更。

By: Jerome Bon[/caption] 悩んだ挙句に決めました。 これから2

記事を読む

無地のストール一枚で魅せるマダムの威力。

激しい雨音で早朝に目覚め、慌てて起き出し開け放していた窓を閉める。 この雨のせいか、少

記事を読む

積ん読と併読と私。

本1冊を最初から最後まで一気に読み切ることは、ほぼなくなりました。 以前から鞄の中、ベ

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

休肝日、胃をカラにして考えた。

先日の休肝日は、久しぶりに食事も抜きました。 休肝日設定開始当初はずっと休肝及び休胃日

記事を読む

激しい朝活、AM6:00が限界説。

いきなりやってきた酷暑に体内時計が反乱を起こしたのかなんなのか、起床時間がどんどん前のめりに

記事を読む

時間はあるのに、減らせない理由。

その後も積ん読を丹念に築き続けております。 積ん読と併読と私。 なのになぜか懲り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑