「ため込む生活からミニマリストになった方、教えて」

公開日: : 最終更新日:2020/05/13 ミニマルライフ, 生き方と考え方

railroad

もう2年ほど前のトピックですが、納得できる部分があったのでシェアします。

>>参考
ため込む生活からミニマリストになった方、教えて(教えてGoo)

例えばこの質問のように
「片付けたいけどうまくいかない」
という友人からアドバイスを求めたれたとして、片付けのテクニック的なことではなくそもそもの考え方を言葉で説明するのって結構難しいんですよね。

自分の中ではしっくりきているルールでも、他人からすれば全く理解できないことも多いし。

モノを持たない爽快感

質問の内容は以下の通り。

ため込む生活からミニマリストになったみなさん、どのようにモノを減らしていったか教えていただけませんか?私はそれほど散らかし屋ではないのですが、海外の大学を卒業するときに部屋中の家具やモノを後輩にあげてバッグひとつで旅立ち、なんとも言えない爽快感を味わいました。

自分も同じような経験があるので、彼女が感じた「爽快感」はよくわかります。
もしかしたら旅に出たいと強く望む人って、どこかに行きたい、異国の文化を見て感じたい、などという旅そのものの魅力の他に「多くを持たずに移動する自由」を求めているのかもしれないなあ。

そして本題。
回答者への返信の中にあった一文がとてもわかりやすいと感じました。

海外で暮らしているときには「いつか来る終わり」イコール帰国を、若干意識していたような気がします。だから、最後もまったく躊躇せず、大切に集めたりつくったりした家具を友人に譲れたのだと思います。

いつか来る終わりを意識する。

海外生活のような期間限定の非日常なら彼女のように「帰国=終わり」とあっさりと認識できるのに、それが日常となるとなかなか「終わり」が意識できないんですよね。知識としてはこの人生がいつか終わるとわかっているのに、あたかも永遠に続くかのように振舞ってしまう。これは別に、片付けに限ったことではなくて、対人関係や時間の使い方など、人生全般に言えること。

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日の予定していることを本当に自分はやりたいだろうか?」

あまりにも有名なスティーブ・ジョブス氏のスピーチに倣って荷物と向き合うとすれば

「もし明日自分の人生が終わるとしても、この荷物が必要だろうか?」

といったところでしょうか。

常に人生の終わりを意識して生きる、なんて決して愉快な響きではないですが、もしも物事に終わりがなかったらと考えると少々ゾッとするのも事実。
自分が心から納得できるゴール(最後)ってなんだろう?と意識することで、シンプルな生活を送りたいと思いつつ片付けられない人の行動も少しだけ変わるかもしれません。

※追記
この記事を書いた8ヶ月後に驚きのコメントが。




関連記事

クレジットカードは何枚必要か。

月末、いつものように銀行へ。 入金額を確認したり記帳したりこっちの口座からあっちの口座へ移したり

記事を読む

お年玉をあげたって、面倒見てもらえるわけじゃなし。

お年玉の平均額っていくらくらいなんだろう。 と、検索してみれば、お年玉平均額情報を記載した

記事を読む

3月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: けんたま/KENTAMA[/caption] 昨日に引き続き月初のまとめを。

記事を読む

捨てるタイミングをくぐり抜けてきたものあれこれ。

先日立てた今年の目標のひとつに 「ものを減らす」 があります。 うっすらと

記事を読む

table-lamp

増やしたくない、灯りが怖い、寝落ちしたい。

ベッドに入ってから寝付くまでの間、ついつい手に取ってしまうスマホ。 就寝前にブルーライ

記事を読む

続・2016年の運勢を占う。

By: Phillip Chee[/caption] 2016年の運勢占いリンク。 昨

記事を読む

冷蔵庫の霜取りにかかる時間(真夏)。

現在使っている冷蔵庫はシェアハウスに備え付けのミニ冷蔵庫。ビジネスホテルなんかについてるあれ

記事を読む

荷物の少ない旅。旅行中の洗濯はどうする?

セブに来て1週間。既に滞在場所は3箇所目になりました。 暫く住んでいたことのあるエリア

記事を読む

ミニマリストの器えらび。

By: Naoharu[/caption] 今日ふと通りかかったお店で珍しくウィンドーショッ

記事を読む

持たない暮らしの秋ファッション(5)最期通告を受けたロングブーツ。

いやあ、すっかり寒くなりました。 このシリーズ「秋」となってますが、気分的にはすでに「秋冬

記事を読む

Comment

  1. wineoak より:

    はじめまして!おとといこのブログのことを知って、最初から楽しんで読ませていただいていました。そしてここへ来てびっくり!この質問、私がした質問です!(正確に言うと、okwaveで質問しました。)あれから色々と手放すことに成功し、いまではかなりシンプルな生活を送っています。昔を思い出させてくれてありがとうございます!更新、楽しみにしていますね。それにしても、びっくりした(笑)。

    • crispy-life より:

      wineoakさん

      コメントありがとうございます。

      >この質問、私がした質問です!

      えええ!それは確かにびっくり!
      というか、3年前の質問に今ここで出会ったwineoakさんが凄いと言うかインターネット怖いっていうかなんというか。
      この質問の答え、共感できることが多かったから取り上げてしまいました。
      2012年のwineoakさん、ブログネタを提供して下さって、さらに2015年にこのブログを偶然訪問して下さってありがとうございます。
      ってだんだん何言ってんのかわからなくなってきましたが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

→もっと見る

PAGE TOP ↑