シェアハウスで料理 8/24 豆腐、卵、トマト、キャベツ…定番素材であっさりと。

mikoshi

昼寝の後、散歩がてら隣町まで歩いて行くと、なにやら小さな夏祭りが催されていました。

祭り、といっても大規模なものではなく町内会レベルのものですが、老いも若きも威勢のよい掛け声を上げながら神輿を担ぐ姿が、久しぶりの日本の夏だというのに何ら夏らしいイベントに参加していない私は嬉しかったです。

東京って結構こういう小さなお祭りいっぱいありますよね。神輿が通過する脇で地元の人が路上にござを引いて酒を酌み交わしているような光景は地元では見たことがないので初めて見た時はなんだか新鮮だったなあ。

 

今夜のメニュー

140824d



  • トマトと大葉のサラダ
  • 冷奴
  • キャベツのおかか和え
  • ピーマンの煮浸し
  • 葱の卵焼き
  • 大根皮の醤油漬

今日は昼も呑んじゃったので、夜は簡単にあっさりと。
わざわざ写真を撮るまでもない、いつものメニューですね…。でも、最近「同じメニューを繰り返し作る」このと大切さを感じています。

例えば、今夜のメニュー、葱の卵焼き。
材料を混ぜて焼くだけのシンプルなレシピだからこそ、フライパンを熱する温度とか、塩加減とか、葱の切り方になどによって、出来上がり具合が大きく変わります。料理って一度作ったらそのレシピを「クリア」できるわけではなくて、何度も何度も試行錯誤しながら自分の一番好きな味を模索していくところに楽しさがあるんだなあと改めて感じるこの頃なのです。

しかし…だんだん写真が酷くなりますね。既に掲載を躊躇うレベル。
カメラの限界、かなり近づいているような…。

 




関連記事

豚汁で酒

晩酌献立 豆と豆腐の塩炒め、豚汁。

鍋ものなんかもそうですが、ここしばらくで 「汁で酒を呑む楽しみ」 なるものに開眼

記事を読む

秋の献立

秋刀魚の梅煮、蕪の温サラダ。

ついに来た! そろそろかなー、もう少し待つかなー、と、9月に入った辺りから鮮魚売り場を

記事を読む

大きいソーセージのポトフ

大きいソーセージ入りポトフ、アボカドのサラダで白ワイン。

先日登場した大きいソーセージ。 関連 大きいソーセージとローズマリーポテトで家飲み。

記事を読む

国菊 カップ酒 人魚

福岡の酒 国菊 人魚カップで晩酌 蒸し鶏のトマトマリネ添え、オクラとわかめのスープ。

ジャケ買いは好きなほうです。 と言っても近頃はCDショップで気になるジャケットを手に取

記事を読む

愛知の酒 奥

愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれていた日本酒全国ツアー、愛知県

記事を読む

葱の肉巻き献立

晩酌献立 白葱の豚肉巻き、にんじんと卵の炒めもの。

遅くなる夜は潔く外食を選ぶかか出来合いのもので済ませることが多いです。が、先日は後は盛るだけ

記事を読む

喜久酔 特別純米

静岡の酒 喜久酔 特別純米酒で晩酌。砂肝の葱和え、えのき納豆。

少々久しぶりの感がある日本酒ツアー。 何か訳があって止めていたわけではなく、単に東海地

記事を読む

R0020420.min

鍋ひとつで料理 8/17 塩豚とキャベツのポットロースト

夏休みも今日で終わり。 明日から通常運転という方が多いのでしょうか。 毎日が仕事

記事を読む

カシラ塩焼き

カシラ塩焼き、空心菜のおひたし献立。

ご無沙汰しております、家飲み献立です。 しばらく自宅を離れていたもので、贅沢にも外食や

記事を読む

晩酌メニュー

1人暮らしの家飲みおつまみ 三つ葉とかまぼこの和え物、にんじんのごま煮。

毎度質素な食卓を恥ずかしげもなく晒してすみません。 今日のはいつもよりさらに質素です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

ひいかと里芋の煮つけ
ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか

sanma
秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

40代ともなれば体にガタもこようというもの。頭からつま先まで、

yokosuka_6
栓抜きを使ったことがない。

カウンターのみの小さな店で、店主らは基本カウンターから外には出

→もっと見る

PAGE TOP ↑