今日捨てたもの 1/24 無理して使うこともない。

公開日: : 最終更新日:2016/08/30 ミニマルライフ, 捨てる

今月は自宅にいることが少なかったので捨て記事も久しぶりですね。

そもそも私の場合はモノを減らすこと自体が目的ではないので、今はわざわざ捨てるものを探すようなことはしていません。

が、やっぱりふと不要なモノに気付いてしまう瞬間はあるもので。

そういう時に後回しにせずにさっさと対応してしまうことも部屋をスッキリさせるコツなのかもしれません。




今日捨てたもの

150123lg

  • アイシャドウパレット

海外で購入したものなので、色がドギツイですね…。

なぜこれを買ったのかいまいち思い出せないのですが、一応使ってはいました。
グレー系3色とハイライトの白だけ。
ピンクとかブルーとか今までの人生で使ったことないのになぜ多色パレットを買ったのか、自分よ。
多分、グレー系のグラデーションのみ、みたいな商品がなかったからなんですけどね。
日本のブランドのものならあったのですが、海外で買うとプチプラコスメでも2~3倍の値段になるのでそれもなんだかな~と思い留まったのでしょう。そうだそうだ、書いてて思い出した。

が、どう考えても他の色は使い道がないし、ケースは大きいし割れてフタが外れちゃったし、で、

「使う色だけ取り出して小さなパレットにカスタマイズすればいいじゃん」

と思いつきました。
ちょっとやってみたかったんですよね、こういうの。

参考 【巨大化してない?】パンパンな化粧ポーチの中身をスッキリさせるテクニック(NAVERまとめ)

使う色だけ外して他の容器にセット。後は処分してしまおう、と張り切って挑んだところ…ムリでした。

レフィルを取り外せる仕様ではないからか、ケースに取り出し用の穴は開いていなかったので針金で表からバラそうとしたところ、無残にも砕け散る粉、そして粉。
えー、じゃあこっちは?と別のカラーに挑むも結果は同じ。そして辺りは粉だらけ。

うん、私にはハードルが高い作業だったね…。

まあでも、間に合わせで購入したものをなんとなく使い続けていただけだし、使っている色もあんまり気に入っていなかったし(結構ギラギラするから)、最近アイシャドウが登場する機会も少なくなってたしな…とあれこれ考えて結局丸ごと処分することにしました。

私が妙なヤル気を出さなければまだ使っていたかもしれないけれど、これもタイミングってやつでしょう。いままでありがとうございました。

と、なんかやさしくないヘンな捨て方になってしまいましたが、「あーこれケース割れちゃったんだよなー」と気になりながらもずっと持っていたので捨てるきっかけができてスッキリしました。

私の化粧ポーチは「出先でのメイク直し用」ではなく、「スキンケアからメイクまで全てがOK」な代物。旅行用にわざわざ中身を入れ替えたりするのが面倒だからです。
最近はスキンケアが以前よりさらにシンプルになったおかげでアイテム数もグッと減りました。

参考 40代のスキンケア、冬。旅に持参したアイテムはたった2つ。

化粧ポーチも随分長く使っているし、もう少し小さいサイズのものに買い換えようかな。鞄でもポーチでもなんでも、サイズの大きいものを持っているとつい隙間を埋めようとしてあれこれ入れてしまうからね。

 






関連記事

mamezara

気に入らないもの一気に捨てて全とっかえなんてしなくても。

By: Ged Carroll[/caption] 昨日に引き続き月初の定例ポスト。

記事を読む

By: Carsten Schertzer

最低限の化粧、旅に持っていくメイク用品。

By: francois karm[/caption] 旅の荷物を少なくするには服と化粧品類

記事を読む

ツイードジャケットコーデ

ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル後の評判が何かと芳しくない本媒

記事を読む

whitecloset

収納がない部屋の収納を考える。

現在、毎日何かひとつづつモノを捨てるというキャンペーン(?)を実施しています。 参考

記事を読む

160506narita

10kgの荷物の目安、スーツケースを持たない旅。

今回の旅は約3週間ですが、スーツケースなしで行こうと決めていました。 関連 荷物を持た

記事を読む

redred

なぜ捨てられないのか、わからない。

結構勢いよく捨てているように思われるかもしれませんが。 夏ものに着手する前から、何度も

記事を読む

knit17

春への衣替え、ペラペラ布団と花粉症。

冬から春への衣替え儀式。去年はいつ頃だったかしらと振り返ってみれば、もうちょい先だったみたい

記事を読む

deskcafetime

減らす技術で、もっと小さく価値あることを。

30代の頃はよく、仕事の効率化や時間管理術の本を読んでいました。 仕事はもちろん、人生のあ

記事を読む

By: Saxbald Street Photography

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあ

記事を読む

By: Sascha Erni, .rb

持たない暮らしの年末大掃除 ’16。

By: tribp[/caption] 毎月捨てたものと買ったものを記録し続けています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トマトと牛肉のしょうゆ炒め
トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和え献立。

美味しいトマトはそのまま食べればいいじゃない。 そう思い

THANN_oil4
今の私が一番キレイ、美を保つには磨くしかない。

40代、今の私がいちばんキレイ。 今日、この瞬間なら、自

ぶりと青菜のしょうが蒸し献立
ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマト塩昆布奴献立。

近所の八百屋でやや小ぶりのトマトが目に入り、手に取る。赤々とし

osaka_shinsekai_1
大人がざわつく理由。

西側の友人から返ってきたメッセージに添えられた、割れた瓶やグラ

black-coat
40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕

→もっと見る

PAGE TOP ↑