スケジュール帳を持つのを止めた結果。

公開日: : ミニマルライフ

By: yoppy

去年の12月にこんな記事を書いていました。

関連 来年からやめようと思っていること。

去年までは1日1ページ構成のスケジュール帳を使っていた私。

2014年の時点で立派なスケジュール帳は必要ない生活スタイルだったのにもかかわらず、なんとなくの習慣で購入していました。結果、殆ど白紙のままで2014年を終えることに。

使いこなせないのならもう止めればいいんじゃなか?とはたと気付き、今年2015年はスケジュール帳ナシで過ごしてみました。




スケジュール帳を持たなくなった結果

10年以上当たり前のように使い続けてきたスケジュール帳をやめて1年。

もしも不便に感じたら2016年からはまた使えばいいや、と考えていたのですがこの1年を振り返ってみると特に困ることはありませんでした。今の私の生活にはたくさん予定を書き込める立派なスケジュール帳は必要ないみたいです。

ただ、今年は1回だけ約束の日にちを間違えるという大・大失敗をやらかしました。

仕事ではなくプライベートだったのですが、約束の日を勘違いしていたことに当日の待ち合わせ時間になってからようやく気付くという大失態。相手にめちゃくちゃ怒られました…当然ですね。

これは単に私が曜日と日にちをごっちゃにしていたが故に起こしてしまった過ちであって、スケジュール帳がなくなったことの弊害ではありません。だって、勘違いしたままipodのカレンダーに間違った日に予定入力してたんだから、スケジュール帳を持ってても多分同じことしてたはず。注意力散漫、アホです。気をつけます。ごめんなさい

2016年もメモ帳は活用する

スケジュール帳は廃止しましたが、私は考え事をしたりアイデアをまとめたりするのに手書きを多用するタイプ。何かしらの

「書くもの」

は絶対に必要なので、今年はメモ帳を使っていました。

関連 1月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

いつも裸状態で鞄に放り混んでいるので既に傷みが見られるロルバーン、2015年は大活躍でした。

ページ数はさほど多くないので1冊では1年持たないかな?と思ったのですが、省スペース主義を心がけていたからかなんとか年内は使えそうなペース。もっと書くかと思ったのに意外と少ない?なんて思ったのですが、よくよく考えれば毎日このブログにも数千文字書いてるんだった。手書きのメモは少なかったけど全体的なアウトプット量としては十分な気がします。

さて、ロルバーンといえばあれこれアレンジして使う愛用者の多いメモ帳としてもお馴染みですが、私は一切アレンジをせずただただ文字を書くのに使っているだけです。これは別に

「シンプルな使い方こそ美しいのだ」

なんていうこだわりからくるものではなく、ただデコレーションが苦手なのとアレンジセンスに長けてないから、が理由。そういや学生の頃もキレイにノートを取るタイプじゃなかったなあ。友達のノートは色ペンを巧みに使ってびっくりするほどキレイにレイアウトされていたけれど。

そして絵が描ける人はメモや手帳の使い方が根本的に違うのだろうなあと思います。

数年間、ホーチミンで知り合った日本人女性のメモ帳はすごかった。彼女は旅の記録を絵日記として自身のノートに綴っていたのですが、その出来が半端ない。もうこのままイラストエッセイとして出版したほうがいいよ?レベルのクオリティの高さに驚きました。
仕事でもないのにこの絵日記を時間をかけて丁寧に書き続けていた彼女。こういうの商業的に上手にできる人だっているけれど、ただ好きで、心から楽しんで何かをやっている人には逆立ちしたってかなわないよなあ、などと実感した出来事でした。

ええと、なんだっけ。そうそう、手帳だ。

今年特に困ることがなかったので来年もスケジュール帳は持たない予定です。

持たない暮らし

こんな風になんとなくの習慣で長年続けていることや使い続けているモノを改めて見直してみると、現在の生活スタイルには必要なかった、合ってなかった、実はもっといい方法があった、なんてことが普通に起こり得ます。

12月は新年に向けてそんな「当たり前の習慣」を見直してみるのにいい時期ではないでしょうか。

もちろん、生活スタイルなんてどんどん変わっていくものだから、私もまたいつか1日1ページのスケジュール帳が必要になる時が来るのかもしれません。けれど、少なくとも2016年も引き続き手書き道具はメモ帳オンリーでやっていこうと思います。

 






関連記事

150420

苦しみながら捨てても意味がない。

使わないものはさほど躊躇せずに捨てるタイプではありますが、時々全く使っていないのにも関わらず

記事を読む

By: Spixey

私を幸せにしてくれるブランドのちから。

モノに依存しない生き方、ねえ。 そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれ

記事を読む

By: Leo Hidalgo

何もしたくない日。

By: Richard Walker[/caption] 年に数日くらいの頻度で 「何

記事を読む

By: DC Central Kitchen

オークションで売れる意外なモノ。そして高値で売れるモノ。

By: Jiří Zralý[/caption] 久しぶりにみるとテレビってやっぱり見ちゃう

記事を読む

whitepost

モノが多い、捨てられない、片付かない。ならば、まずは不用品を家に入れない工夫から。

先日仕事で某企業主催の説明会に参加してきました。 社内の会議室を利用して開催されたものです

記事を読む

shoppingscene

今日捨てたもの 11/3 大人買いの学び。

お久しぶりの捨て記事です。 基本的に手放したもの、新たに入手したものに関しては自分の備忘録

記事を読む

By: IvanWalsh.com

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

By: Andrey[/caption] 突然ですが、私の人生の大テーマに 「常に機嫌

記事を読む

By: Mark Hunter

捨てる引越し、捨てない引越し。

By: Mark Hunter[/caption] 前回の引越しはトランクルームに預けていた

記事を読む

setagaya_8

いい年をした大人がフラフラすべきではない論。

前回引っ越してから1年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分。

記事を読む

By: Nicolas Vigier

まだ足りない、もっと欲しい、と思うもの。

By: Nicolas Vigier[/caption] 毎月捨てたものと買ったものを記録し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sarushima_25
無人島 猿島日帰り一人旅 日本散歩・神奈川県。

神奈川県は横須賀市。東京湾に浮かぶ無人島・猿島へ行ってきました

焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし
焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし献立。

妖艶。 そんな言葉が浮かんでくるビジュアルではありません

tainan_32
おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分の

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め献立
つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル献立。

辛味の効いた青菜炒めって、南国の味だよなあ。 暑い国のレ

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

→もっと見る

PAGE TOP ↑