白髪染め 新しいカラートリートメントを使ってみる。

公開日: : 最終更新日:2016/11/15 健康と美容

肌トラブル問題で先延ばしにしていた白髪ケアをようやく再開しました。

以前使っていたカラートリートメントもなかなかよかったのですが。

関連 白髪対策にヘアカラートリートメントを使ってみた

これ、使い勝手は決して悪くはないものの私の髪にはやや色が明るめなのが唯一気になっておりました。

とはいえサロンでガッツリ染めるのはイヤだし、白髪用ヘアマニキュアは面倒くさいし、やっぱりカラートリートメント系が合ってるのかなあと。



白髪用カラートリートメントの強い味方を手に入れた

今回使用したのは煌髪(キラリ)なるもの。

 

煌髪と書いてキラリと読ませる。堂々たるキラキラネームぶりで美魔女感満載ですが、この際気にしないことに。

最近似たようなタイプのカラートリートメントがたくさん出ていて何を基準に選べばいいのか正直よくわからないのですが

  • カラーが選べる(ライトブラウン、ダークブラウン、ブラックの3色)
  • ジアミン系染料不使用
  • 素手で使える

などのポイントで絞り、ざっと口コミなどもチェックして決定しました。

使い方は他のカラートリートメント同様、乾いた髪に塗布して放置後洗い流して乾かす、というもの。素手でもつけられるのがこの商品のウリではありますが、爪に入ると洗うのが手間だし手荒れ云々言ってる時に妙な刺激を与えるのもよくないかと思いヘアカラー用ブラシも同時購入。

 

結果。

なんだ、最初からこのブラシ使えばよかったよ。

染まり具合と使い勝手

煌髪(キラリ)

前回購入したヴァーナルに付いてきたブラシは目が荒かったので狙ったところに満遍なく付けるのが不器用な私にはやや難しかった。が、これはブラシというより刷毛なので白髪の目立つ部分にピンポイントでベターッと塗れてかなりいい感じ。そういやサロンでもこういう形状のを使ってるよね。手も汚れないし、こりゃいいや。

ブラシのおかげもあってトリートメント塗布作業はなかなか快適。強い匂いもないので待ち時間のストレスもありません。まあこれは他のトリートメントでも同じですかね。

肝心の染まり具合ですが、私の場合連続3回使用したところで色が入りました。といっても完全に染まるわけではなくちょっと白髪が目立たなくなったかな?程度。色合いはヴァーナルより暗めで赤味も強くなく落ち着いたブラウンに仕上がります。
私は全体ではなく白髪が気になるところにピンポイントで使用する予定なので毎日使ったとしてもかなりの期間持つのではと予想。1週間くらいは連続使用してその後は3日に1回とか1週間に1回など頻度を下げればコストパフォーマンスも悪くなさそうです。

というわけで特にこれといってマイナスポイントはないのですが、色はもうちょっと濃くてもいいんだよなあ。となると選択肢はブラックか。ブラックって白髪に入れたらグレーっぽくなるんですよねきっと。それもどうなんだろうか、ブラウンのほうが無難なんだろうか、とまたまた色問題では悩む。

今のところ特にトラブルもないのでこのまま1本使い切ってみて継続使用するか否かはたまた色を変えるか決定しようと思います。

しかしこのブラシはよかったね、と思って今公式サイトをよくよく見てみたら、同じようなブラシがセットになってた。

関連 医大発“髪を育む”白髪染め(煌髪(キラリ))

しかもこっちのほうが本体価格20%も安かった。うっかりAmazonで買っちゃったわ。

しかし白髪、白髪なあ。

出始めの頃よりは気持ちの面で受け入れ体制は整いつつあるのですが、やっぱり表面でチラチラされるとまだどうにかしたくなってしまいます。今はまだカラートリートメントでごまかせる程度だけど、手に負えなくなったらいよいよ染めるのかなあ。それともその頃には白髪もカッコよく似合う大人になれるのかしら。

いや、今でも年齢的には十二分に大人ではあるんだけど。




関連記事

手湿疹ケア1ヶ月

手湿疹を治したい、から1ヶ月。現在の手の状態。

By: Ky[/caption] 長年の悩みでありながらもあまり真剣に対策を講じてこなかった

記事を読む

footbath

本気の冷え性改善記録 2日目 生姜、運動、コツコツと。

辛く冷たい末端冷え性を改善しようと、できることから少しずつ始めています。 参考 本気の

記事を読む

ny_dt_20

終わりたいのに終われない。

終わりたくない終わりたくない終わりたくない OH! WHAT A NIGHTとDr.Kは言っ

記事を読む

hotspring

うねる白髪を目立たなく。ヘアカラートリートメントを使ってみた 4回目

ヴァーナルヘアカラー トリートメントを使った白髪ケア、4回目のレポートです。 &nbs

記事を読む

backstrech

本気の冷え性改善記録 3日目 一人の食事は身体を冷やす?

今年の冬こそは! と鼻息荒く、末端冷え性の改善に本気で取り組むことに決めました。

記事を読む

By: hans van den berg

壊してさらば、眉デザインのゆくえ。

何かを捨てる、手放す時のパターンにはいくつかあって。 これはもう役目を終えたな、などと

記事を読む

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ

必要最低限のメイク、厚化粧の女。

これは、というテクニックが身につくとどんどん追求したくなって、その結果、いや別にまだ若くて肌

記事を読む

headphone

白髪染めの悲劇、ナンシーへの道。

髪が乱れる点が少なからず問題ではありますが、近頃は外出にもヘッドホンを持ち出しがちです。

記事を読む

By: Presidencia de la República Mexicana

右軸偏位は治るのか?健康診断 心電図の結果。

By: Dr. Abdullah Naser[/caption] 旅から戻ってすぐに病院に健

記事を読む

sanma

秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

40代ともなれば体にガタもこようというもの。頭からつま先まで、あっちもこっちも気になってくる

記事を読む

Comment

  1. ぴよこ より:

    crispy-lifeさんこんにちは。いつも興味深く拝見してます。結構前の記事にコメント申し訳ありませんが、いまキラリに興味があって調べているところです。(現在はヴァーナル使用の湯シャン派です。)なかなか使用体験談が見つからないので教えて下さい!キラリは、お湯で流すだけでなくシャンプー必須でしょうか?ヴァーナルではお湯のみでいけてたので湯シャン派として助かっていましたが、やはり色が明るすぎなところに困っています。

    • crispy-life より:

      ぴよこさん

      キラリ、なかなかいいですよ!
      あれから使い続けていますが、結構染まりがいいです。私はキラリもヴァーナルと全く同じお湯で流すだけの使い方をしていますが、今のところ特に問題ありません。色水のエグさもキラリのほうが幾分マシかと。色はどうでしょうね、元の髪の色も影響するでしょうからなんとも言えませんが、ヴァーナルよりは落ち着いた暗めの色合いに仕上がる気がしています。が、それでもやっぱり茶系は茶系なので、今度は思い切ってブラックを使ってみようかと思案中。

      なんて、根本的には白髪がなくなるのがいちばんいいんですけど、悲しいかな増えるばかりです(涙)

      • ぴよこ より:

        早速リプライありがとうございます!刷毛付きでキラリ買います!
        湯シャン×白髪改善、長期的に観察中ですが(3年目に突入)、現在のところ圧倒的に白髪の勝ち。トホホです。なぜ女性の白髪は、見る相手を疲れさせるのでしょう。男性は良い具合に賢者に見えるのに、ズルいですよね(愚痴)。

        アドバイス、どうもありがとうございました(^O^)!

        • crispy-life より:

          ぴよこさん

          ヴァーナルを使われていたならキラリも多分合うと思いますよ、あの刷毛はなかなか優秀です。
          湯シャンで白髪が減った系の情報がネットに溢れていますが私も白髪圧勝です。体質というか毛質によるんでしょうね、そしてそもそも白髪ができる原因もひとそれぞれなんでしょうし。白髪がバチッと決まる内面のかっこよさが出来上がるまではどうにか抗い続けます…。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAG_1
40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ
秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

秋刀魚、まだまだ行きますよ。 前回は贅沢(?)にも好物の

rerise_2
白髪染めをやめたらどうなるか。

新しい白髪ケア用ヘアカラーを使い始めて、約1ヶ月が経過しまし

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

→もっと見る

PAGE TOP ↑