40代の2年は大きい 2年ですっかり老けた顔。

公開日: : 最終更新日:2016/11/20 健康と美容

先日掃除をしていて、ふと白い封筒に目が留まりました。

中身は2年前に受けた資格試験の証明書、ということは認識していましたがなんとなく中身を取り出してみて驚き。

書類には写真が貼ってあるのですが、2年前に撮影したものとは思えない。

若い!

2年でこんなに変わるのか、と。

40代の2年は大きい

この写真を撮ったのは2014年の1月頃なので正確にはまだ2年も経っていません。低画質の証明写真をさらにコピーしておりかなり画質が荒いから、ということもあるのでしょうが自分でもあれっと思うほどに若いのです。

同じ封筒に今年の春に撮影した証明写真が入っていたので見比べてみると、全然違う。ほぼ別人。
具体的に何がどう変わったんだろうとじっくり観察してみると、明らかに顔の大きさや輪郭が変わっている。

単に加齢による変化とも考えられますが、やっぱり痩せた影響も大きいようです。

当時と今の体重差は約5kg。
その頃は自宅にキッチンがなかったためほぼ毎日外食でビール+肉+米or麺類の生活が続いていたこともあり、自分の体感としてはやや太り気味でした。おまけにずっと履いていたデニムがすっかり入らなくなってしまったこともあり、自炊出来る環境になってからは意識的に少し体重を減らした、というか腹回りの肉を落としました。

参考 自炊ダイエットの効果とやり方。お蔵入りデニムがするりと履けた!

が、なぜか想定以上に痩せてしまったようで。もしかしたら、見比べて全然違うと感じた今年の春の写真よりも現在はさらに酷いことになっているのかもしれません。

健康体だけが自慢の私なのに、不健康な見た目になってどうする。

食べる量も運動量も意識的に増やしているのだけど、代謝が良すぎるのでしょうか。ちょっと食べたらすぐにお腹が出てしまうのは胃下垂?毎日欠かさず腹筋やストレッチを続けている成果が出ているのか、腰痛はかなり改善されてきたのですけどね。

ダイエットは程々に、やせると老ける恐怖

かれこれ1年前くらいから増量計画について何度も書いているのですが一向に改善できておらず、実は1kgたりとも増量できていません。
プロテインとかサプリなどには頼りたくないのだけど、いいかげん何か採ったほうがいいのかしら。昔コラーゲン粉末を飲んで太った経験があるので、今肌のために飲んでいるドリンク剤をコラーゲン粉末に変えようかなどとあれこれ思案しています。

参考 ほうれい線対策。寝てる間に深くなるのを防ぐ寝方は?

小食ゆえに痩せてしまうことを悩んでいる方に比べたら、食べるのが大好きな私は圧倒的に気楽ではあるのですが、健康的に痩せるのも、太るのも、ベストな状態をキープするのはなかなか難しいものです。

しかし、2年足らずでこの変化とは恐ろしい。
子供時代の2年は急激に成長して見た目もガラリと変わるものですが、40過ぎてからの2年にこんな変化が待ち受けているとは思わなかった。全くいい変化ではないけれど、時間は誰の前にも平等に流れているんだなあなどとしみじみ。

いやいや、しみじみしている場合ではない。どか食いしたり、糖分や脂質をたっぷり食べるなどの不健康な方法以外で年末までにどうにか2~3kgは増量したいなあ。久しぶりに会う両親を心配させたくはないですからね。

 




関連記事

2週間でウエストマイナスンcm、ぶよぶよお腹のその後。

腹の肉削ぎに成功した「お腹ぶよぶよ大作戦」から、5ヶ月が経過しました。おばさんのモーニング

記事を読む

白髪が隠れるまで。ヘアカラートリートメントを使ってみた 3回目

これだけ科学が進歩を遂げた現代においても、染める以外の白髪ケアは未だに開発されていないようで

記事を読む

風呂は絶対後悔しない、裏切らない。

いつのまにか、毎日風呂に入る習慣が定着しておりました。 今の住まいに越してきてからはほ

記事を読む

慢性化した辛さを劇的に改善するストレッチがありがたい。

足の裏だかふくらはぎだかよくわからないけど、とにかく足が重くてだるい。 ここしばらく

記事を読む

ものがない部屋、寒がりの布団、冷え性の真冬。

今年は本格的な冬の到来を待たずに脱出できるかも、などとほくそ笑んでいたのに見事に裏切られまし

記事を読む

今すぐ会えない寂しさを埋めるために浮気しない。

永遠を誓い合った相手がいるというのに、今すぐ会えない寂しさを埋めるために手近な代替えでお茶

記事を読む

最低限の化粧、旅に持っていくメイク用品。

By: francois karm[/caption] 旅の荷物を少なくするには服と化粧品類

記事を読む

本気の冷え性改善記録 11日目 冷え性、深夜に発汗する。

苦手な冬の寒さを目前に控えて、末端冷え性を改善すべく毎日あれこれ地味な取り組みを継続しており

記事を読む

言わなきゃよかった、あんなこと。

一目見て、うわあ、エラいすっきりしたなこりゃ。と、素直に思いました。 親知らず抜歯痕に

記事を読む

ほうれい線のその後と変わりゆくことへのもどかしさ。

By: Ghost of Kuji[/caption] 「夜電車に乗ってると、窓に映った自分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑