マスクをつけない人たち。

公開日: : 健康と美容

クライアントのオフィスに出向いた朝。広いフロアを見渡して、誰もマスクを着用していないことに気づく。

いい加減マスク生活にも飽きたのかな?と思ったけれど、違いますね。単純に、暑いからですね。

ここ数日、起床時ですでに30℃を超えていた。朝5時で、30℃よ?怖いわ。ちょっと涼しいな、と感じる日で28℃とか、順調に暑さに麻痺しています。そんな中でマスクを着用し続けるのはなかなか大変なわけで。

ニューヨークではジム営業再開にあたってのガイドラインに、トレーニング中のマスク着用を義務付けているそうだけれど、運動中のマスクって大丈夫なんだろうか。危なくないんだろうか。

マスクを着つけない人たち

複数人数が近い位置にいる室内や、移動中の電車内ではマスクを着用しているわたくしですが、外を歩くときはさすがにしません。いくら夏大好き暑いのどんとこいな自分でも、40℃近い気温の中でのマスクは、暑すぎて倒れる。

そもそもマスク信者でもなく、マスク警察への理解も憧れも皆無。そんな私が真夏でも状況に応じてマスクを着用している理由は、感染予防とか周りへの配慮とかマナー的な意味合いよりも、人前で顔面を堂々と覆い隠せるその便利さに、すっかり慣れてしまったからであります。

マスクを外す、その日が怖い

マスクのおかげでここ数ヶ月、めっきりメイクをしなくなりました。もともとファンデーションは使わない派だったけれどさらに手抜きが加速し、ベースは粉はたくだけ。眉毛と目元書くだけ。下半分は放置の半顔メイク(上下)。

脱・ファンデーションに効果はあるか

そういや、今年はファンデーション他メイクアップ用品の売上が減少したとか。

化粧品類は前年比マイナスとなっている。とりわけ「リップ、チーク、ファンデーションなどが苦戦している」といい、メーク用品の売り上げは前年比1~2割減ったという。

日経ビジネス

リップ、チーク、ファンデーション。私も見事に使ってませんねえ。

だからでしょうか、この前久しぶりにフルメイクしてみたら、舞台化粧並の濃さに見えました。ほんの数ヶ月顔に色味を足してなかっただけなのに、ここまで感覚が変わるものか。

さて、図らずとも肌を休ませることになった結果、肌トラブルが改善した、元気になったというデータはないものでしょうか。ファンデーションを止めたら肌への負担が減って、健康な肌になった!という声が上がってもよさそうな気がするのですが。

減らす美容

が、「脱ファンデーションの効果」なんて調査でいいデータが取れちゃったら、商品の存在意義を揺るがすものになりかねない。化粧品メーカーはそもそそもそんなアンケートやりませんね。

とにかく、マスクで顔を隠す便利さにどっぷりつかったまま夏を超え、また秋が来て冬になる…。恥ずかしがり屋さんの私がマスクを手放せるタイミングは果たして訪れるのだろうかと、我ながらちょっと心配ではあります。ラクでいいけども、このまま正体を隠したまま生きていくのか。

40代の一人暮らし




関連記事

ほうれい線のその後と変わりゆくことへのもどかしさ。

By: Ghost of Kuji[/caption] 「夜電車に乗ってると、窓に映った自分

記事を読む

外でランチはもう古い?ランチタイムは消えるのか。

なんと!気がつけばもう2年が経過しているではないですか。 関連 休肝日は休胃日に。夕食

記事を読む

ワンタフトブラシ

抜歯翌日の状態、頬の腫れ 40代の親知らず抜歯記録。

By: Steve Snodgrass[/caption] 40代で親知らずを抜くことになる

記事を読む

白髪染めをやめれば、女は解放されるのか。

白髪ケアについて、かれこれ4年に渡り書き続けています。 白髪ケアの記録 簡単かつ

記事を読む

更年期の悪夢。

このクソ寒いというのに、汗だくである。 物凄い形相で、物凄い勢いで、追いかけてくる。こ

記事を読む

コンタクトが目の中で無くなる不思議と恐怖。

By: hans van den berg[/caption] 以前はメガネを使用することが

記事を読む

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出さずにはおられない、よい中秋の

記事を読む

いつでも欲しい情報にアクセスできる恐ろしさ。

By: Matthew Pearce[/caption] 手のひらで扱える薄くて軽いものを使

記事を読む

カオカオヘラヘラ 踊る女。

スポーツとか筋トレ的なことがとにかく苦手なので、体を動かすのならば踊りがいいのではないか。そ

記事を読む

アトピーが原因で脱毛サロンの体験も契約もできなかった。

By: MIKI Yoshihito[/caption] 先日同年代の友人と、 「昔は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑