今からでも変われる!本気で体をケアしよう。

公開日: : 最終更新日:2014/10/19 健康と美容

babyfoot

先日書いた2つの記事に関する後日談です。

>>参考

足を組む癖をなおしたい。

明け方に足がつる



 

意識するだけでも人は変わる

人間の意思なんて非常に脆いものなので、自分を変えたければ意識より環境を変えるべき、という説があります。これには同感できるのですが、先日ブログに書いたことで、足を組む回数が格段に減りました。

今でもなんとなく足を組みたくなる…のですが、書いたことによって脳内に「これはよくないことだよ」とインプットされているのか、ハッと我に返る瞬間が幾度となくあります。

 

こむら返りは痛すぎるから

何しろ健康優良児なので、痛いとかしんどいとかに弱い私。

明け方のこむら返りは痛いし辛いしもう勘弁して!!!と強く願っているので、ほんの少しの手間なんてお茶のこさいさい、これくらいでこむら返りが改善できるなら、お安いものです。

どちらもなんとなく放置しておいたら未だ改善できなかったこと。ただ

「本気でなおすぞ!!」

と意識し、取り組むことで体は応えてくれるんだなと実感しました。

40代ともなると、自分スタイルが確立されているので、ちょっとした生活習慣を変えることすら難しいと考えがちです。でも、もう40代、されど40代。私たちが20歳になったときに感じた「大人感」なんて、今考えればちゃんちゃらおかしいお子様思考だったように、60代になったら今の葛藤なんてきっと些細なこと。

やりたいこと、治したいくせ、叶えたい夢。

全てを40代でコンプリートするぞ!くらいの気概を持っていても、バチはあたらないと思います。

 

 




関連記事

shoppingbag

歯の詰め物をセラミックに変える。

この夏、もっとも大きな買い物をしました。 夏どころか、現時点では2017年度でも上位入

記事を読む

スキンチェックを受けてみた

40代、シンプルなスキンケアで肌は変化したのか?

スキンケアをシンプルにしてから肌の調子がいい、と書きました。 参考 40代のニベアはあ

記事を読む

moalboal-4-3

フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目の前にぬっと差し出したのは、淡

記事を読む

soft-cream

甘い女。

誰だったかが朝ご飯には絶対アイス!と言っているのを聞いて、なんという剛の者よと驚愕した記憶が

記事を読む

By: Stein Magne Bjørklund

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

By: Stein Magne Bjørklund[/caption] 思い返せばいつも乾燥

記事を読む

By: Steven Depolo

脱シャンプーの臭いと白髪問題。シャンプーを止めて6ヶ月が経過。

シャンプーを使わなくなって半年以上経ちました。 参考 湯シャン生活の記録 つい先

記事を読む

passport

10年間顔が変わらないのはイヤだという主張。

10年もこの顔を持ち続けるのは嫌! 友人Mはそんな理由で常にブルーのパスポートを選ぶと

記事を読む

carrot

ファスティング(家断食)の記録と効果 その2 ~人参りんごジュース+黒糖生姜紅茶~

数年前に実施したファスティング(家断食)の記録を再現しています。 家断食をやったのは偶然今

記事を読む

By: Jon S

迷惑な独り言と脳内会話、頭の中がうるさい。

By: Jon S[/caption] 先日、某紙の人生相談コーナーにて、家族の独り言が多く

記事を読む

stand_m

鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。

数ヶ月前から、鼻にニキビのようなものが多数常駐するようになりました。 厳密にはニキビな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

rerise_2
白髪染めをやめたらどうなるか。

新しい白髪ケア用ヘアカラーを使い始めて、約1ヶ月が経過しまし

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

ひいかと里芋の煮つけ
ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか

sanma
秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

40代ともなれば体にガタもこようというもの。頭からつま先まで、

→もっと見る

PAGE TOP ↑