小松菜の煮浸し、セロリの卵炒め献立。

公開日: : 最終更新日:2018/10/11 シェアハウスで料理, 家飯

komatsuna

週末はワインを呑んでいました。

が、今日は通常モードの和食体制です。

なんか野菜を炊いたのが食べたいな。

となった時、かなりの高確率で登場するのが写真の小松菜煮浸し。



今夜のメニュー

  • 小松菜の煮浸し
  • セロリ卵炒め
  • トマト冷しゃぶ
  • 鷄レバーソース漬け

鍋に水を張りめんつゆで薄めに味を決めたら油揚げを入れて味を含ませます。その後小松菜を投入してさっと煮たら完成。冷ましたほうが味が染みて美味しいです。原了郭の黒七味がよく合いますよ。

小松菜って癖がなくて薄味で仕上げてもしみじみ旨いところが奥ゆかしくて好きです。全力で旨みを出し切った後で出汁を蓄える油揚げのいじらしさも魅力。

セロリの葉を塩味でざっと炒めていったん取出し、同じフライパンに多めの油をひいて塩少々を加えた卵をふんわりいためたらセロリを戻してあわせ、酒とごま油で香りをつけます。今日はたまたま葉っぱだったけど、セロリの茎でも同じように作ります。

ざく切りしたトマトとさっと茹でて冷やした豚肉をポン酢とごま油で和えるだけの簡単冷しゃぶ。ドレッシングというよりはトマトの旨みで肉を食べる感じですね。青じそがあれば尚よし。

あとは作りおきの鷄レバーソース漬が少々残っていたので本日で食べきりました。

小松菜の煮浸し、めんつゆでつくっても美味しいのだけど、やっぱりちゃんと出汁を取りたいなあと思う今日この頃。入居前に想像していたよりもゆっくり料理できる環境なので、出汁くらいは妥協しなくてもなんとかなりそうな気がします。




関連記事

きつね納豆献立

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

本体ニューヨーク満喫中につき連日晩酌記事にて失礼します。 今回の旅の食関連に関してもま

記事を読む

塩鶏献立

塩鶏とキャベツのしょうが蒸し、とうもろこしのしょうゆ炒めで家飲み。

塩漬けというのは偉いもんですね。 そもそもは保存を目的として発達した調理法なんでしょう

記事を読む

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手出しできる状態で並んでいますね

記事を読む

140802d

一人暮らしの家飲みメニュー 週末はワインで。

毎週毎週土曜日になったら同じ画像ばっかり載せやがって! 見飽きたわ! と言われそ

記事を読む

セロリ卵 献立

セロリ卵、わかめ温奴。

1年以上ぶりの休肝日を経て、通常モードの家呑み。 1日酒を抜いたら体がラク、とか目覚め

記事を読む

にんじんしりしり献立

にんじんしりしり、海苔かけ豆腐で晩酌。

せん切りにんじんがメインディッシュというあまりにもささやかな晩ご飯です。 数ある野菜の

記事を読む

蒸し鶏のニラソース

蒸し鶏のニラソース、モロヘイヤときのこの梅ポン酢。

少々食材を買い足して、あれはこうしてこれはこう、などと頭の中で組み立てながら帰宅した夕方。

記事を読む

焼き春キャベツ献立

焼き春キャベツ、ツナと小松菜のおろし和え献立。

ここのところ、キャベツネタが多いですね。 春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめ

記事を読む

豚肉とにんじんのにんにく蒸し

にんじんと豚肉のにんにく蒸し焼き、かぼちゃと卵のサラダで家飲み。

ゴロッと大きめに切ったにんじんをむしゃむしゃ頬張るのが好きです。 にんじんってそれなり

記事を読む

180223_ienomi_5

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

煎り焼き豆腐献立
煎り焼き豆腐、春菊の酒粕味噌汁献立。

魚類つまみの登場頻度が落ちている気がする今日この頃。 最

NY_upsndmid_16
ハラハラする質問力。

酒を飲みながら、スーパースターの引退会見を眺める深夜。結構長い

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

chiyoda_sanpo_9
なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑