手羽元のレモン煮、水菜とにんじんのサラダで白ワイン。

公開日: : 家飯, 食べること ,

手羽元のレモン煮献立

近頃、ワインを飲む日のメインはめっきりサラダです。

生ハムとマッシュルームのバケットグラタン、ナッツサラダで白ワイン。

今日もサラダ目当てに肉を煮ています。

じゃあサラダだけ食べればよかろうと思うのですが、そういう潔さはありません。

手羽元のレモン煮、水菜とにんじんのサラダで白ワイン

手羽元のレモン煮、水菜とにんじんのサラダで白ワイン

  • 水菜とにんじんのサラダ
  • 手羽元のレモン煮

水菜とにんじんのサラダ

水菜とにんじんのサラダ

千切りのにんじんと同じ長さに切った水菜を水にさらしてシャキッとさせてツナとあわせ、オリーブオイル、レモン汁、塩、胡椒を混ぜたドレッシングで和えます。薄切りにしてカリッと揚げたれんこんをのせて完成。

手羽元のレモン煮

手羽元のレモン煮

鶏手羽元に塩、胡椒で下味をつけてフライパンで皮目に焼き色をつけます。鍋にオリーブオイルを引きにんにくと薄切りの玉ねぎを炒め、しんなりしたら手羽元を投入。白ワインと輪切りのレモンを入れしばらく煮込み、最後にオリーブを入れてさっと火を通し、塩、胡椒で味を整えて完成。

酸味が強めの白ワインにレモンも入っているのでやや酸っぱい仕上がりになってしまいましたが、合わせるのも白ワインだし、まあいいでしょう。オリーブを入れたのは何のことはない、オリーブ缶の賞味期限を考慮してのことであります。

ワインを飲む日のおつまみ

この手のサラダ、飲めるなあ。

サラダのドレッシングは毎度おなじみシンプルなオリーブオイルベースですが、れんこんが入ることによって俄然食感が楽しくなっていいですね。揚げたれんこんやごぼうはそのまま食べてもいいつまみになるけれど、こうして生野菜と合わせるとより魅力が増すような気がします。豆腐と一緒に和風サラダにするのも好き。

三つ葉とごぼうの豆腐サラダ、鶏肝煮。

好きなんだけど、難点はただひとつ、根菜を揚げるという手間がかかることですね。揚げるといってもやや多めの油で揚げ焼きにするだけですけども、手間は手間。ほったらかしの煮込み料理がメインの献立だからこそ、こういう手間もまあかけてみてもいいかな、というところです。これくらの手間が私にはギリギリです。

 




関連記事

キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん

休肝日ごはん キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん献立。

週の初めは休肝日。 休肝日の献立は、味噌汁、漬もの、ごはんという基本の組み合わせでどう

記事を読む

ベジブロスの味噌汁

鶏もも肉のソース焼き、ベジブロスの味噌汁 家飲み献立。

昨年から週に一度の休肝日を設けています。 関連 続ける、やめる。習慣を変えるための簡単

記事を読む

ハリハリ鍋

家飲み献立 3/10 ハリハリ鍋。

東京はカラリと晴れています。 早朝から洗濯物を干して、ああ、今日も生きているなあと。

記事を読む

焼き白菜

焼き白菜、切り昆布の煮物で家飲み。

昨日白菜を買い求めたのは鍋にしようと思ったから、というのもありますが、漬物を仕込んでおきたか

記事を読む

たらとじゃがいもの白ワイン煮、キャロットラペ。

毎度同じ話ばかりして恐縮ですが、倶楽部方式愛好家なのです。 関連 一番好きな倶楽部方式

記事を読む

鰯の煮付け 献立

鰯の梅煮、そぼろあんかけ豆腐。

今週も月曜日は休肝日&休胃日、ちゃんと実践しましたよ。 参考 休肝日は休胃日に。夕食抜

記事を読む

卵とじ献立

せりと油揚げの卵とじ、焼き新たまねぎで家飲み。

たまたま通った道沿いに小さな豆腐屋さんがありました。中ではおばあさんが油揚げを揚げている真っ

記事を読む

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

簡単おつまみ 8/25 塩鶏、人参、ザーサイ豆腐。

週明けも変わらず家飯です。 最近ほぼ毎日家で作って食べているからか、たまにジャンクなものを食べ

記事を読む

モツ鍋(もどき)

モツの入っていないモツ鍋(もどき)で晩酌。

いきなりの、鍋。 急に寒くなったとはいえ、なぜ今わざわざ食べるのだ、という感じの鍋。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑