大きいソーセージ入りポトフ、アボカドのサラダで白ワイン。

公開日: : 最終更新日:2017/03/21 家飯, 食べること ,

ポトフ

先日登場した大きいソーセージ。

関連 大きいソーセージとローズマリーポテトで家飲み。

残りはホットドックにでもしようかなどと言っていたのですが、結局ポトフにして食べることに。

というのもこれ、そのまま食べるには結構塩気がきつかったんですよね。まあソーセージなんてそもそもしょっぱいものなのですが、これならポトフにして多少煮込んでも味抜けないしいいスープになるかもね、と。

ポトフ、アボカドとチーズのサラダ

ポトフ献立

  • アボカドとチーズのサラダ
  • 大きいソーセージのポトフ

アボカドとチーズのサラダ

アボカドとチーズのサラダ

アボカドを半分に切り、種を取り除いたくぼみにチーズをのせ黒胡椒とオリーブオイルを。サラダ、といっても切りもせず和えもせず、のせただけです。

大きいソーセージのポトフ

大きいソーセージのポトフ

鍋ににんじん、じゃがいも、セロリ、キャベツ、粒胡椒、にんにく、ローリエを入れ、水をひたひたに加え白ワインを注いで蓋をし弱火でじっくり煮ます。野菜が柔らかくなったらソーセージを入れさらに煮込み、塩で味を整えて完成。野菜とソーセージは平皿に盛り、スープは別の皿に取っていただきました。

ソーセージのポトフといえば粒マスタードなんですが、今マスタード使っていないので野菜は粗塩で、ソーセージは煮込んでもなおしっかり味だったのでそのままで十分でした。

多少煮込み時間がかかるけれど簡単で野菜がたっぷり食べられるポトフ。日本でもすっかり馴染み深い料理になったのはアレですかね、やっぱりおでん的な親しみを感じるからでしょうか。
私はガツンと皿に盛ってこれでワインを飲むわけですが、ポトフが普通に晩ご飯メニューで食卓に登場するならばスープとして位置付けされるのかもしれない。でも具は具で、スープはスープとして盛ればそれだけで2品の献立になるからポトフの献立どうしようかと悩まなくて済みますね。あとはサラダとパンでもつけておけば完璧じゃないでしょうか。

シンプルな煮込みに少し冷やした辛口の白ワイン。真冬だと赤ワインを合わせたくなるところだけれど、まだちょっと暑いしねえ。

ワインを飲む日のおつまみレシピ

などと献立について適当なことを言っていますが、私自身子供の頃は晩ご飯のおかずにおでん、は嫌でした。おでんって美味しいけどパンチに欠けてイマイチご飯のおかずにならないんだよなあ、なんて思っていたのです。ありゃ子供が喜ぶ食べ物じゃないなと。が、小学2年生の時クラスメイトのみーくんが

「おでんの卵をご飯にのせて上からおでんだしぶっかけて食べるのがうまい、朝ごはんに最高」

と力説していて、なんだコイツ意外に大人っぽい味覚してやがるな、と妙に驚いたことを今思い出しました。みーくん、お元気でしょうか。本名忘れたけど。

ポトフもやっぱり子供には喜ばれないのかもしれませんが、肉っけがある分おでんよりは幾分好かれる要素がありそうな。どうだろう。

 




関連記事

新橋ときそば

お湯割りの向こう側。

先週末だったか、ちょっと寒くなった日があったじゃないですか。 午前中はカラッと晴れてい

記事を読む

セロリと卵の炒めもの

アボカドの家飲みつまみ たことアボカドのサラダ。

野菜一種と卵を組み合わせる炒めものは頻繁に登場する定番メニューです。 ネギ、トマト、玉

記事を読む

家飲み献立 12/19 レトロドールに赤ワイン。

夕方頃に有楽町にいたので、ふと思い立ってふらふらと東京駅まで歩いてしまいました。 お目当て

記事を読む

豚肉と水菜のおろし和え献立

豚肉と水菜のおろし和え、三つ葉豆腐献立。

豚肉と水菜と言えば、はりはり鍋。 材料は2つでもいいけれど、油揚げと春雨を入れるのもま

記事を読む

休肝日ごはん 豚汁、かぶのしょうが炒め献立

酒を飲む人はどれくらいの頻度で休むのか。

休肝日ならぬ、休肝週を久しぶりに敢行。 酒を飲まない夜はそれ自体を「もの珍しいイベント

記事を読む

イカと豆腐の煮付け、もやしとささみのスープ。

そろそろ鮮魚売り場をチェックするのにそわそわする季節。 が、残念ながら昨日は頃合いの獲

記事を読む

鯛のあら炊き

鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭、というとなんだか贅沢な感じが

記事を読む

山芋レシピ

豚肉と長芋の梅和え、葱のスープ献立。

相変わらず野菜の価格にビビっているわけですが、長芋がいい感じのサイズで売られていたので入手。

記事を読む

きのこの黒酢炒め

きのこの黒酢炒め、パセリポテトサラダ献立。

海坊主。 自分で作って、撮っておきながら、海坊主を思わずにはいられない。 常日頃

記事を読む

高知の酒 司牡丹 裏 純米酒

高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏で晩酌 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダ。

ややお久しぶりの、日本酒全国ツアーです。 勝手に日本酒全国ツアー 今回は高知の酒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑