家飲み献立 11/12 大根と手羽中の煮物、トマトのしょうが蒸しなど。

公開日: : 最終更新日:2014/11/13 シェアハウスで料理, 家飯, 食べること ,

141112d3

今日は寒かったですね。

昼から晴れるという予報だったので信じていましたが、結局さほど気温が上がらぬまま夜になりました。
こういう日は、温かいアテで呑むしかありません。

 

今夜の家飲みメニュー

141112d5

  • 炒り銀杏
  • 柚子白菜
  • 蒸しじゃがいも塩辛のせ
  • トマトのしょうが蒸し
  • 大根と手羽中の煮物

炒り銀杏

141112d6

生まれてはじめて殻つき銀杏を調理しました。
上手に殻を割れるようになるまで5粒ほど無駄にしてしまいましたが、コツをつかむとこの地味な作業も結構楽しい。キッチンバサミの柄のほうで挟み込んで割れ目をいれた銀杏を塩と一緒にフライパンで殻に焦げ目がつくまで炒り焼きにしました。うーん、これまた酒どろぼう。

蒸しじゃがいも塩辛のせ

141112d2

ほっくり蒸したじゃがいもとクリームチーズを和えてイカの塩辛をのせ、あらびき胡椒を振りました。じゃがいもを蒸すだけの簡単レシピですが、日本酒にぴったりの優秀なおつまみです。

トマトのしょうが蒸し

141112

乱切りにしたトマトをおろししょうがと一緒に酒蒸しにして、塩と葱油で味付けしました。イメージとしてはさっとトマトをあたためるだけ…のつもりだったんですが、うっかり目を離した隙に火が入りすぎて思いっきり煮崩れさせてしまいました。思いがけずスープっぽくなってしまいましたが、味は間違いないです。

大根と手羽中の煮物

141112d34

鍋に手羽中、大根、昆布、塩、酒、水を入れ、弱火でことこと30分ほど煮込むだけ。それぞれの素材の旨みが存分に出たスープで具を食べる煮込み料理。むしろ、スープが主役??と思えるほど旨みたっぷりの出汁が出ます。

常備菜の柚子白菜を添えて、全5品の晩酌メニューをぬる燗で。

スーパーで少量の銀杏が安く出ていたので思わず購入してしまいましたが、銀杏って自分でもこんなに簡単に調理できるって知りませんでした。落ちた実を地面に埋めて皮が乾燥するのを待つ…という気長なことは苦手なのですが、フライパンで乾煎りしているときの香りがたまらなく食欲をそそり、お手軽に入手できてよかった~と、何だか豊かな気持ちになりました。




関連記事

家呑み献立 9/6 塩豚とレンコンのソテー、小松菜オイル蒸しなど。

今日は帰りが遅くなってしまったことと、コピーサイトの件以外にもいくつか残念な出来事があり、楽

記事を読む

鯖と新玉ねぎのサラダ

さば水煮缶と新玉ねぎのサラダ、セロリのおひたし献立。

新玉ねぎが並び始めましたね。 日の出時間が早まったり、上着を変えたくなったり、花の香り

記事を読む

豚肉とわかめの卵炒め 献立

豚肉とわかめの卵炒め、白菜と春雨のスープ。

寒い...。 確実に日が長くなっているのに、寒い。やれやれ、もうしばらくこの寒さに耐え

記事を読む

家飲み献立 9/16 白葱の卵焼き、砂肝のポン酢漬け他全5品で晩酌。

昼過ぎ、都内も結構揺れましたね。帰国して以来一番大きな揺れだったような気がします。 私

記事を読む

かぼちゃの塩煮、牛肉とレンコンのきんぴら他全5品。

TGIF! と言っても私はあまり曜日とは関係ない毎日を過ごしています。 が、それ

記事を読む

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。 納豆って、他の食品と比

記事を読む

塩鮭の粕汁、卵とキャベツのしょうゆ炒め献立。

冬の存在意義。それは、汁っぽい料理をアテに酒を飲む、いわゆる「汁飲み」が滅法捗ることである。

記事を読む

続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えればいいのに。 毎日飽きもせ

記事を読む

福井の酒 一乃谷 山廃仕込特別純米酒

福井の酒 一乃谷 山廃仕込特別純米酒で晩酌 きのこあんかけ豆腐、青菜炒め。

北陸地方コンプリート! 北海道、東北、関東、甲信越、北陸、と来ましたよ。 関連

記事を読む

豚ロースの梅蒸し献立

豚肉の梅しそ蒸し、菜の花おろし和え献立。

本日のメインは梅と大葉をたっぷり使った蒸し料理。 梅に大葉。どちらかといえば夏向きの料

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑