付かず離れず、程よくヒールと付き合いたい。

公開日: : ファッション

背があまり高くないこと、デザイン的にかかとのある靴が好きなこと、何よりスタイリングのバランスがよくなること。

ヒールのある靴を好む理由は他にもたくさんあります。だからこそ数年前まではほぼ毎日ヒールのある靴を履いてたわけですが、ここのところはさすがに毎日とはいかなくなってきました。

参考 40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

もともと腰があまり強くないこともヒールを敬遠しはじめたきっかけのひとつなのですが、当たり前のようにヒールを履く生活から一定期間遠ざかっていたことが一番の原因でしょう。
ヒールのある靴を常用する生活は体に負担をかけてしまうことは間違いありません。このままなんとなく疎遠になるのもタイミングなのかな、などとも考えていたのですが、ここのところまた少しづつ「リハビリ」としてヒールを履く機会を増やしています。

 

それでもヒールを履く理由

年がら年中腰が痛いと言っている人間がヒールを履くとは何事か、と思われるかもしれませんが、私がそれでもヒールを履きたいと思う理由は何なのか整理してみました。

このまま履けなくなりたくない

この年でヒールを履いて出かけること自体を億劫に感じてしまう現状に少々危険を感じています。
昔のように1日中ヒールで歩き回ることはできなくても、毎日じゃなくても、ヒールを手に取ることを避けずにいられるようにしたいなと。そのためには、やはり体幹を鍛えないとダメですね。

筋トレの一環

スニーカーやサンダルと比べて、ヒールで歩くのは格段に疲れます。
だからこそ、ヒールを履くと浮腫む、無駄に筋肉が鍛えられてしまい逞しい足になってしまうと言われるわけですが、正しい歩き方を意識すればヒールを履くことによって普段ゆるゆるにたるんでいる筋肉を使うことも事実。筋力アップの一環としてのヒール効果に密かに期待しています。

緊張感の演出

正しい姿勢で歩くことにつながりますが、私の場合ヒールは自分自身に緊張感を与えるスパイスの役目を果たしてくれているようです。
そんなもんヒールに頼るなよ、とは思うのですが、スニーカーの時とヒールの時ではやっぱり気分が違う。これは転んで怪我をしないように、とか、階段の上り下りに気をつけなければ、などという安全面での緊張感はもちろん、美しい姿勢で歩こうという意識が高まるという意味でもあります。

もうヒールなんて疲れるものはやーめた、と言ってみたり、やっぱりもう少し努力しようと言ってみたり。

なんだか考えがコロコロ変わるこの頃ですが、

「何を着てもしっくりこない」

症候群に襲われる40代のファッション、こうしてあちこち揺れ動くのも当然のことなのかもしれません。
まあ、いいや。揺れながら日々考える。

今後は長時間でない外出の時やさほど歩き回らない予定の日を狙ってヒールを投入していく計画です。
体に負担をかけてまで必死になっておしゃれをしようとは思いませんが、好きなアイテムとはこれからも付かず離れず依存せず、の末長いお付き合いを心がけたいと現時点では考えています。

ヒールも履けるうちに履いとかないと、ね。

 




関連記事

winterseason

今日買ったもの。そろそろ本気で冬支度。

ひゃー、寒い。 今週はあまり寒くないと思っていたのに、今日は今季一番寒く感じたかも!!

記事を読む

snow

スウェットパンツで外出できるか。

寒いの嫌い嫌い族なもので、防寒への関心は高いです。 だからこそ、この時期の完全オフの日

記事を読む

コンパクトダウン

暑い盛りにあのダウンを羽織る。

そもそも越冬宣言について書いたのは、ダウンの話をしたかったから。 祝・越冬。寒がりの冬

記事を読む

white_spring

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

私服を制服化するという考え方。ものを減らすとか断捨離とか少ない服でおしゃれにとか、その辺りの

記事を読む

horn

カタチから入る趣味のスタイルに憧れはあるけれど。

私には趣味らしい趣味がありません。 趣味らしい趣味ってなんだって話ですが、なんでしょう

記事を読む

By: Rennett Stowe

白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

極端な話、仕事がらみの旅行じゃなければ洋服なんてラクなものが一番だし、枚数だって少なくていい

記事を読む

babushe

モロッコバブーシュの臭い取り、対策。

先日、ようやくルームシューズを購入しました。※写真はイメージです。 今までどうしてたか

記事を読む

エールフランスラウンジ

身軽さ重視の買い物は失敗だったと気づいている。

スーツケースを持たない、荷物の少ない旅用の鞄が欲しい。 探し続けた結果、めでたく理想形

記事を読む

履かない靴

捨てる日々、履けない履かない靴の行方。

By: RubyGoes[/caption] 無駄なものはそう多く所有していないのですが、も

記事を読む

141115lg

今日捨てたもの 11/15 自分では選ばなかったであろうもの。

「一日一捨」運動を実施していた今年の8月ほどではありませんが、最近また少しづつモノを減らして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

わかめと卵の炒めもの
数少ない冬の愛用品よ、さようなら。

うつわは好きだし興味もあるけれど、コレクション癖がない上に一人

150212lg
捨てるタイミングをくぐり抜けてきたものあれこれ。

先日立てた今年の目標のひとつに 「ものを減らす」

たらとわかめのしょうが蒸し献立
たらとわかめのしょうが蒸し、オレンジ白菜の梅おかか煮献立。

毎度おなじみ、フライパン蒸し料理です。 そして食材余りの

nakano-st17
同郷のべっぴんさんとカウンターで。

仕事帰り。 一駅手前で降りて刺身の旨い店で熱燗をやるか、

えのき卵焼き
えのき卵焼き、湯豆腐献立。

数年前、えのきブームが巻き起こりました。あくまでも私の中で、の

→もっと見る

PAGE TOP ↑