付かず離れず、程よくヒールと付き合いたい。

公開日: : ファッション

背があまり高くないこと、デザイン的にかかとのある靴が好きなこと、何よりスタイリングのバランスがよくなること。

ヒールのある靴を好む理由は他にもたくさんあります。だからこそ数年前まではほぼ毎日ヒールのある靴を履いてたわけですが、ここのところはさすがに毎日とはいかなくなってきました。

参考 40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

もともと腰があまり強くないこともヒールを敬遠しはじめたきっかけのひとつなのですが、当たり前のようにヒールを履く生活から一定期間遠ざかっていたことが一番の原因でしょう。
ヒールのある靴を常用する生活は体に負担をかけてしまうことは間違いありません。このままなんとなく疎遠になるのもタイミングなのかな、などとも考えていたのですが、ここのところまた少しづつ「リハビリ」としてヒールを履く機会を増やしています。

 

それでもヒールを履く理由

年がら年中腰が痛いと言っている人間がヒールを履くとは何事か、と思われるかもしれませんが、私がそれでもヒールを履きたいと思う理由は何なのか整理してみました。

このまま履けなくなりたくない

この年でヒールを履いて出かけること自体を億劫に感じてしまう現状に少々危険を感じています。
昔のように1日中ヒールで歩き回ることはできなくても、毎日じゃなくても、ヒールを手に取ることを避けずにいられるようにしたいなと。そのためには、やはり体幹を鍛えないとダメですね。

筋トレの一環

スニーカーやサンダルと比べて、ヒールで歩くのは格段に疲れます。
だからこそ、ヒールを履くと浮腫む、無駄に筋肉が鍛えられてしまい逞しい足になってしまうと言われるわけですが、正しい歩き方を意識すればヒールを履くことによって普段ゆるゆるにたるんでいる筋肉を使うことも事実。筋力アップの一環としてのヒール効果に密かに期待しています。

緊張感の演出

正しい姿勢で歩くことにつながりますが、私の場合ヒールは自分自身に緊張感を与えるスパイスの役目を果たしてくれているようです。
そんなもんヒールに頼るなよ、とは思うのですが、スニーカーの時とヒールの時ではやっぱり気分が違う。これは転んで怪我をしないように、とか、階段の上り下りに気をつけなければ、などという安全面での緊張感はもちろん、美しい姿勢で歩こうという意識が高まるという意味でもあります。

もうヒールなんて疲れるものはやーめた、と言ってみたり、やっぱりもう少し努力しようと言ってみたり。

なんだか考えがコロコロ変わるこの頃ですが、

「何を着てもしっくりこない」

症候群に襲われる40代のファッション、こうしてあちこち揺れ動くのも当然のことなのかもしれません。
まあ、いいや。揺れながら日々考える。

今後は長時間でない外出の時やさほど歩き回らない予定の日を狙ってヒールを投入していく計画です。
体に負担をかけてまで必死になっておしゃれをしようとは思いませんが、好きなアイテムとはこれからも付かず離れず依存せず、の末長いお付き合いを心がけたいと現時点では考えています。

ヒールも履けるうちに履いとかないと、ね。

 




関連記事

女の朝支度 起きて15分で家を出られるか。

朝、起床してから家を出るまでどれくらいの時間がかかるか。 朝の時間の過ごし方は人それぞ

記事を読む

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

By: Jorge Franganillo[/caption] 最近何を着ても似合わなくなっ

記事を読む

今日捨てたもの 寿命か、自分の不注意か。

By: Phil Roeder[/caption] 身の回りに置くものを妥協せずきちんと選び続け

記事を読む

お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

12月に入って最終防寒手段のダウンジャケットを解禁しました。 が、先日の寒さについてニ

記事を読む

久しぶりのヒール、流行らないブーツ。

先日、久しぶりにヒールを履きました。ヒールといっても華奢なパンプスの類ではなく、ヒールありの

記事を読む

コーディネイトバランス問題。ハイカットスニーカーは足が短く見える。

By: Evil Erin[/caption] もうそろそろ毎日ギョサンでいいよね、という季

記事を読む

MIHARA YASUHIRO

ヒールを履けない女、毎日ヒールを履く女。

週末は所用があり友人と原宿で待ち合わせをしていたのですが、会うなり 「春水堂へ行きたい

記事を読む

40代、ヒールを長く楽しむための歩き方。

By: Vestman[/caption] 今日は久しぶりにヒールのあるパンプスで出かけまし

記事を読む

服を減らして旅から手ぶらで戻るには。

旅の荷物を減らすポイントは洋服類と化粧品類。この2点に全てがかかっていると言ってもいいでしょ

記事を読む

要らない機能がついたハンガーを廃止する。

久しぶりに服を捨てたからでしょうか。 女が服を、捨てる時。 現住まいから数えるこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑