股下80cm以上の人を探しています。

公開日: : 最終更新日:2018/11/06 ファッション

先日某コーヒーショップで打ち合わせを終えて店を出ようとした時、見知らぬ人に呼び止められました。

「すみません、協力していただけないでしょうか?」

は?

「股下80cm以上の方を探しているところなんです」

日本人の股下比率

何かのモニターとか、試着とかでしょうか。
声をかけてきたのは普通の会社員らしき方々で特段怪しげな勧誘というわけでもなさそうだったのですが、こういう展開は苦手なもので詳しい内容は聞かずに丁重にお断りしてその場を立ち去りました。自分も仕事柄見知らぬ人に声をかけることも多いというのに、非協力的な私。

しかし、股下80cm…?あるわけないし。

日本では「生活様式の欧米化」などのイメージから一般に新しい世代ほど脚長というイメージが流布しているが、経済産業省が2004年度から2006年度にかけて実施した人間特性基盤整備事業(size-JPN、委託先: 人間生活工学研究センター)による年齢層別の平均人体寸法データから引けば、股下高の身長に対する比率は老若男女のいずれもがほぼ45%前後に収まっていることがわかる。(wikipediaより)

ねえ。そんなにあるのってモデル級だけでしょ?と思ったのですが、ここを見てみると意外とそれくらいある人多いんですかね?

参考 皆さんの股下は何cmですか??

ううむ、謎は深まる。

足が長く「見える」ブーツ

さて、どういう意図で声をかけられたのかはわかりませんが、もしも本当に「足が長く見えた」んだとしたら、理由はおそらくMBTのブーツでしょう。

参考 MBTブーツでウォーキング、その効果を高めるには。

 

これ、もともとはウォーキング用のブーツなのですが、デザインがとても気に入っているのでこの冬かなり登場頻度が高いお気に入りアイテムです。

このブーツと細身のパンツの組み合わせは確かに「足長効果」が凄い。

足が長く見えるのはMBT特有のコロンとした厚めのソールによるものなので決して自然な感じではないけれど、足元にボリュームを持たせるスタイルが好きな方にはおすすめ。
もちろん、姿勢の矯正やウォーキングの効果UPも期待できるしね。

ただし、見た目通りかなり安定感に乏しいので、履き慣れるまでは注意が必要です。何しろ、靴底が平らじゃないですからね、普通に立っててもぐらぐらします。特に昨日みたいな雪の日なんかは使わないほうがいいです。転ぶ確率かなり高いです。

このブーツ、最近かなり使い倒しているので、ソールが少し減っちゃったかな。
MBTのブーツは機能性とデザイン性両方気に入っているので、使い切った後はまたリピートしたいです。

40代女性のファッション

結局冒頭の彼らが一体何のために足の長い人を探していたのかわからずじまいでしたが、「足が長く見えたらしい」というところだけ都合よく切り取っていい風に考えることにしましょう。

ええ、毎度お得意のポジティブ脳内変換発動、です。

 




関連記事

ミニマリストの部屋着(冬編)

本当は12月に入ってから書こうと思っていたのですが、本日あまりに寒いのでもう冬が来たってことでい

記事を読む

40代の服選び。もう楽な服しか着たくない!

雑誌「クロワッサン」の最新号がファッション特集です。 テーマは「シックでおしゃれは譲れないけど

記事を読む

部屋に姿見を置かない理由、使うきっかけ。

今更ですが、姿見を導入しました。 ドライヤーとか姿見ってあったほうが便利だけど、ないな

記事を読む

Tシャツしか着ない夏。

この夏はほぼTシャツで過ごしています。 少ない服で着回す、私服の制服化、そんなポリシー

記事を読む

40代女性のファッションが難しい理由。

40代ともなれば生活や体の変化、体力の衰え、今後の仕事のやり方などなど、考えなければならないこと

記事を読む

今日捨てたもの 10/13 高価はいつでも正解か。

最近になってようやく気付いたことがありまして。前にもちらっと書いた気がしますが、私、なぜか七

記事を読む

美魔女より難易度の高い妖怪に関する考察。

何年経っても全然変わらない人がたまにいます。そういう人たちは同窓会に出席するたびに 「

記事を読む

1年間服を買わずに過ごした結果。

By: Roderick Eime[/caption] よし、部屋を片付けるぞ!もっとシンプルに

記事を読む

履かない靴

捨てる日々、履けない履かない靴の行方。

By: RubyGoes[/caption] 無駄なものはそう多く所有していないのですが、も

記事を読む

40代、ヒールを長く楽しむための歩き方。

By: Vestman[/caption] 今日は久しぶりにヒールのあるパンプスで出かけまし

記事を読む

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑