今日捨てたもの キープしすぎて旬を逃す。

公開日: : 最終更新日:2020/05/19 ミニマルライフ, 捨てる

使わずに大切にとっておいて結局旬を逃してしまう。

これ、洋服によくありがちな失敗ですね。

お気に入りすぎて、とか高かったから、とか、「よそゆき」だから、とか。

関連 ファーベストのコーディネイトで考える「よそゆき」のこと。

洋服に関してはここ最近のよそゆき排除活動及び手持ちのアイテム活用キャンペーンが実っていい感じで回っているのですが、服じゃなくてもこういうことってあるのね、とちょっと残念な気持ちになりました。

今日捨てたもの

化粧ポーチ

  • 化粧ポーチ

前回化粧ポーチに触れたのはいつだったか。と検索してみればなんと2014年の夏。間違えた、2015年の夏だった。はて?去年の旅はどうしてたんだっけ…と改めて読み返してみたらリンクする記事が間違ってた。

関連 今日捨てたもの 7/14 目に入るたびに捨てたくなる。

この後はポーチに入れるアイテム数が減ったこともあって、結局新しいポーチを買い足すことはせず、小さな巾着袋のようなもので代用していました。

が、前回の旅に出る前によくよく持ち物をチェックしてみると、ああ、これがあった、と随分前に某コスメブランドのノベルティとしてもらったポーチが眠っていることに気付く。

ポーチのなかにスプレーボトルとかクリームジャーなんかがセットされているトラベルコスメポーチ。「詰め替え」をすることがあまりなかったのでなんとなく使わずにそのまま放置されていたのでした。

あー、これがあったよ、使える時じゃないか!と意気揚々と旅に持ち出したところ…ご覧の惨状です。

写真では分かりにくいですが、片側の面がモロモロに解けてしまって穴がぱっくりと開いてしまっている。

もともとそんなに頑丈な素材や作りのものではないのですが、それにしてもあっという間の崩壊劇。数年間寝かしている間にひとりでに劣化が進んじゃってたのかもしれないなあ。

長い間所有していたというのに、日の目を見たのはたった2ヶ月。私が悪うございました。

ミニマリストの持たない暮らし

ノベルティとはいえ、デザイン的にもサイズ的にも気に入ってたのに残念なことをした。

まあどのタイミングで使ってもすぐこういう状態になっちゃってたのかもしれないけれど、なんかできの悪いコントをやらかしてしまったような残念感は否めません。

今は手持ちのものはかなり活躍できている、なんて思っていても意外とね、まだこういうもの眠ってるかもしれないんだよね。改めて探ってみるかな。




関連記事

今日捨てたもの 8/5 ティファールの鍋セット。

「これ、もういらないかも」 それまでは全く捨てるつもりがなかったものでも、突然そんな風に感じる

記事を読む

OXO ケトル

捨てる日々、やかんはいるのかいらないのか。

By: Kendyl Young[/caption] もう少し減らすつもりで持ち物を再チェッ

記事を読む

荷造りが面倒で旅行に行きたくない。

そもそもの所有物が少ないので以前よりマシになったとはいえ、相変わらず旅の準備は苦手です。

記事を読む

ブランドアイテムは、いつもやさしい。

By: Luis Villa del Campo[/caption] 季節外れにブーツを捨て

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

2015年、買ってよかったものベスト3。

By: emdot[/caption] 先日月初のお約束記事を書きましたが。 関連 1

記事を読む

海外在住日本人、外国人へのお土産を選ぶ。

By: Brian Jeffery Beggerly[/caption] 週末にお土産品を調

記事を読む

今日捨てたもの 8/18 常に目に入らないところには。

By: kate hiscock[/caption] びっくりしました。 今後捨てるの

記事を読む

親の視点から考える 「気持よくできる 実家の片付け」

先日書店をうろついていて、たまたま高齢者向け雑誌のコーナーに目が止まりました。 やはり

記事を読む

脱シャンプーの臭いと白髪問題。シャンプーを止めて6ヶ月が経過。

シャンプーを使わなくなって半年以上経ちました。 参考 湯シャン生活の記録 つい先

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑