「 生き方と考え方 」 一覧

若い頃にバックパック世界一周とかしなくて本当によかった。

2019/05/28 | 生き方と考え方

今でこそ趣味的に異国でフラフラ長期滞在などをしておりますが、20代、30代の若い頃は長期休暇を取得できる状況でなく、加えて旅行自体にさほど興味もありませんでした。 なので、海外はおろか、

続きを見る

仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっている案件の状況について説明すると 「なるほど、地獄ですね」 との心温まるお言葉を頂戴いたしました。 そうか、地

続きを見る

くさったおばさんと、恋のうた。

小さい頃は神様がいたっけかなあ。不思議に夢を叶えてくれたりしたかなあ。 20数年前、当時もすでに成人していたのに、そこまで深く意味を考えられなかったのは、小さい頃の記憶がまだ近しいもので

続きを見る

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何もしなかったけれど、今年は久しぶりに海外へ行ったし、私にしては珍しくそこそこ行動的に過ごしたような。

続きを見る

電車に乗らない日々、運命の街。

2019/05/05 | 生き方と考え方

散々列車旅の話をした後でナンですが、普段の生活ではめっきり電車に乗らなくなりました。もちろん「自分の用事では」という意味です。 仕事に行く、誰かと待ち合わせる、友人宅を訪ねる、そして遠く

続きを見る

新時代の幕開け、日常の底上げ。

奥さん、5月です。しかも、令和です。 昨日今日はかなり重要なポイントだと思うのですが、それはそれとして、ふらふら遊びに出かけております。 本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅

続きを見る

何一つ変化していないのに揺れる不思議。

お釈迦様バースデイ月間だから、というわけではありませんが。先のことばかり考えて、肝心要の「今」をおざなりにしないという、仏教的な考えを意識する今月です。 まだ始まっていない状態を楽しみ過

続きを見る

激しい朝活女子の真実。

某女性芸人の朝の過ごし方に密着している番組がありました。 チラ見だったのでどういう趣旨だったのかはよくわかりませんが、とにかく件の芸人は早朝から営業しているカフェでノートを広げてネタを考

続きを見る

一人暮らしの休日、10連休の憂鬱。

2019/04/12 | 生き方と考え方

ゴールデンウィークが終わったら、今年前半のお楽しみは終了ですよ。 取引先の女性の発言の真意を問うてみたらば、6月は祭日が1日もなく、7月の海の日までひたすら耐える日々が続くからだという。

続きを見る

まだ始まっていない状態を楽しみ過ぎない。

30過ぎて、40過ぎてから始めたって、遅すぎる。今更、ねえ。 10年前にそう考えてチャレンジを諦めてしまったあれこれ。今となってはなんであの時やっておかなかったんだろう、このバカチンが!

続きを見る

里芋のねぎ塩炒め
里芋のねぎ塩炒め、キャベツのおかか和え献立。

小ぶりな里芋が手に入った時は絶対にこれ! そろそろ定番料

suginami_45
孤独力に再現性はあるのか。

しばらくは距離を取っていたのですが、最近になってまたTwitt

焼きかぶ
焼きかぶ、春菊納豆献立。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお

ny_dt_39
なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮
さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたま

→もっと見る

PAGE TOP ↑