灘の酒蔵巡り アクセス便利でおすすめ。 その1. 櫻宴 櫻正宗記念館

公開日: : 最終更新日:2019/02/01 旅人への道 , ,

sakura8

先日「観光地ではない普通の街並みをただ歩くような旅が好き」と書きました。

参考 鉄人28号モニュメント 神戸、長田にて。

が、観光地っぽいところでも興味があればもちろん出向きます。

今回はずっと行きたいと思いつつも未体験だった「灘の酒蔵巡り」に出かけてみました。

灘の酒蔵巡り、おすすめコース

sakura7

結果から言ってしまうと大いに楽しめて大満足だった酒蔵巡り。
各所の詳細は追ってすることにして、私が灘五郷散歩をおすすめする理由はそのアクセスの良さ。

駅から遠かったり、専用シャトルバスなどの力を借りなければ辿りつけないような場所にある観光地はよっぽどのことが無い限り足を伸ばさない私。理由はそうです、めんどくさいから(でた)。いや、乗り物をを乗り継ぐのは別にいいんですが、バスの時間とか電車の時間とかを調整しなければならないのがイヤなんですよねえ。

その点阪神電車の魚崎駅から徒歩でいくつもの酒蔵を見学できてしまうお手軽さは嬉しいものです。

sakura9

魚崎駅は三宮から特急で7分、大阪梅田からでも特急で22分程。

参考 灘の酒蔵観光ガイドマップ(Feel Kobe)

看板がぽつんと設置されているだけの駅前は少々寂しいですが、気にせず南に歩きます。

1蔵目、櫻宴 櫻正宗記念館

sakura3

魚崎駅から最も近くにあるのは創醸1625年の櫻正宗です。

参考 櫻宴 櫻正宗記念館

灘五郷の中心「魚崎郷」に震災の試練を乗り越え、正宗名発祥のアイデンティティを後世に遺すべく、 また魚崎郷地区の地域振興の一助となるようにオープン致しました櫻正宗記念館“櫻宴”。
2010年秋、装いも新たに生まれ変わりました。

そう、こちらは「正宗」の元祖。
今では「正宗」という文字が冠された酒は多くありますが、元々はこの酒造が使ったのが最初なんだそう。

参考 日本酒の銘柄「○○正宗」なぜ全国各地に? (日本経済新聞)

人気が高まるにつれ、正宗の名にあやかる蔵元が全国で続々と現れた。正宗の名は普通名詞となり、1884年に政府が商標条例を制定した際、桜正宗は正宗を登録したが受け付けられなかったほど。特許庁は「慣用商標の中で代表的な事例の一つ」(商標課)と説明。そこで桜正宗は国花の「桜」をつけた。

「正宗」で商標が取れなかったために「櫻正宗」になったのですね。

また、この地域の酒造りに欠かせない「宮水」を発見したのも桜正宗の六代目蔵元だと言われています。
宮水を使った灘の酒は江戸で爆発的に売れたそうですが、その理由は味もさることながらそれまで好まれていた伊丹や池田の酒よりも灘の酒ほうが江戸への運送の面で有利だったことも影響したようで。

と、話が少しそれましたがこの櫻正宗記念館。
オープンしてまだ日が浅いこともありとても綺麗な施設です。

 

櫻正宗記念館 見学 sakura5

エントランスに樽と櫻っぽいライトが

櫻正宗 展示物 sakura2

昔の酒造りに使われていた道具の展示がたくさん

櫻正宗 昔の酒 sakura10

昭和初期に作られた酒(現物!)すっかり変色しているけど、瓶のデザイン共々美しい。

魚崎駅から一番近かったのでスタート地点としてこちらを選んだのですが、これが大正解でした。

貴重な映像資料、最後まで見るべし!

sakura

2Fの展示室で上映されているビデオがものすごくいいんです!

他の酒造でも酒づくりの工程を収めたビデオや企業イメージビデオなどが上映されているのですが、こちらの映像は木造蔵での酒造りの様子を収めたとても古いもの。

※追記
後日櫻宴の担当者様にお聞きしたところ、この映像は大正末期から昭和初期に酒つくりの様子を後世に残すべく記録されたものだそうです。こうして映像として残っているのは大変貴重なものなのだとか。

もちろん、完全なる手作業で進められている時代なので、何人もが列になって重たい桶で水を運び、蒸した米を藁で巻いたものを肩に乗せて走り、と、どの工程もかなりの重労働。

櫻正宗 写真展示 sakura6

写真でも酒造りの工程の解説があります。

もちろん現在の作業工程はずいぶん様変わりしているでしょうが、

「これはもう少し味わって呑まなければ…」

と、真剣に思ってしまいました。
だってね、ホントに大変そうなんですよ、酒蔵の人たちの仕事。重いわ熱いわ冷たいわ。
出来上がった酒は女性従業員の手によって瓶詰めやラベル貼りなどのラッピングが施されて完成。最後にのれんの前で笑顔でポーズを取る彼女たちの姿に何故か感動する私なのでした。

資料映像であんなに感動するとは。
少々長めですが、最後まで観ることをおすすめします。

こちらには多くの日本酒が楽しめるカウンターバー「三杯屋」があるのですが、残念ながら17時からの営業。夕方頃に行かれる方はチャレンジしてみては。
この他、櫻正宗の酒はもちろん酒肴や記念品が並ぶ売店やカフェスペース、豆乳、ピリ辛、酒粕など5つの味から選べる「ポン酒鍋」が楽しめるレストランもあります。この鍋、出汁の半分が酒で出来てるんだって、そりゃ旨そう。

櫻宴 櫻正宗記念館
神戸市東灘区魚崎南町4-3-18
TEL:078-436-3030

灘の酒蔵巡り、もう少し続きます

 




関連記事

荷物を減らして、おしゃれなんかしない冬。

そろそろ考えようかな、ということで。 関連 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

東京タワー

東京の中心で、エクスキューズミーと叫ぶ。

東京は夜の7時。約束の場所へ移動するため、地下鉄の駅へ向かう。 深くて安心、大江戸線の

記事を読む

ペットと一緒に温泉に泊まろう。日本散歩・栃木県

東京から車で約3時間。栃木県日光市・鬼怒川温泉に猫2匹を連れて遊びに行ってきました。

記事を読む

セブ島の孤児院訪問で彼らは何を感じたか。セブ島親子留学体験記。

さて、前回の続きです。 参考 成功体験は、作れる。 大人になってから思い返してみ

記事を読む

夜の街を徘徊する。

今週も最高記録はフラの日になるのでしょうね、と思いきや。 いい歳をして、知らないこと

記事を読む

最小限の旅の洋服。暑い場所でストレッチスカートを着回す。

By: Garry Knight[/caption] 今回の旅は「増やさない」がコンセプトだった

記事を読む

ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。

ベトナム一人旅で食べたもの、ホーチミン編です。 ベトナムに限らずですが、一人旅での食事は気

記事を読む

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

僕らが旅に出る理由 その1 ~地元を出ることすら考えなかった20代~

モノを減らしたり、シェアハウスに住んだりしている理由のひとつは 「旅に出るため」 です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ごぼうの甘辛炒め
大きさで解決できる問題がある。

どっしりと太いごぼうをこれまたどっしりと大きめに切って、こっ

100均に寄り付かない人間がまとめ買いしたもの。

ものを増やさずにシンプルに暮らしたい。そう考える人にとって、

納豆チーズオムレツ
納豆チーズオムレツ、なめこおろし献立。

居酒屋で見かけるとつい頼んでしまいたくなる地味メニュー、納豆

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

→もっと見る

PAGE TOP ↑