落ち着く暇などありゃしない。セブ日記 4

公開日: : 最終更新日:2019/10/23 旅人への道, 英語

cebu-diary-04-3

本日のセブシティは晴れ。日中の最高気温は32℃。

日中はさすがにムッと暑い瞬間があるものの、朝晩は驚くほどに涼しい。

今朝5時過ぎに目が覚めて窓の外をみると、空が赤く燃えていた。

ほんの一瞬で姿を消した、儚い朝焼けだった。



大人の短期語学留学2週目、落ち着く暇などありゃしない

cebu-diary-04-1

そう、短期留学体験2週目初日となる月曜日も5時起きだった。なぜなら、本日から時間割が変更になったからだ。

最初に説明があったはずなのにボーッとしていてきちんと把握していなかったようで、この学校では時間割も担当講師も週ごとに変わる決まりらしい。先週は入学時のオリエンテーションなどがあった関係で朝一の授業は10時スタートだったので、起きるのが辛ければ8時9時まで惰眠を貪ることができたが(してないけど)今週は8時から授業が入っている。当然、1日のスケジュールもガラッと変わる。

今週の時間割に沿って、早速新しくスケジュールを組み直してみた。

  • 5:00 起床、身支度など
  • 6:00 自習
  • 7:00 朝食・休憩
  • 8:00 マンツーマンレッスン(スピーキング)
  • 9:00 グループレッスン(ディベート)
  • 10:00 自習(音読)
  • 11:00 自習(音読)
  • 12:00 昼食・休憩
  • 13:00 自習(音読)
  • 14:00 マンツーマンレッスン(発音矯正)
  • 15:00 自習(発音の復習&音読)
  • 16:00 マンツーマンレッスン(発音矯正)
  • 17:00 自習(発音の復習&音読)
  • 18:00 夕食・休憩
  • 19:00 復習、宿題(スピーキングクラス分)
  • 20:00 復習、宿題(グループクラス分)
  • 21:00 自習(文法)
  • 22:00 仕事関連のメール返信、ブログ、その他雑事
  • 23:00 入浴後、就寝

あれ? 今確認してみたら、先週よりタイトになっている。なぜこうなった。

ようやくリズムが掴めてきたと思ったら、スケジュールがガラリと変わる、を繰り返す。週ごとに予定を組み直さねばならない。随分と手間のように思えるが、同じ講師に長く担当してもらうのは一見効率がよいようで、慣れによる惰性も生まれやすいことは想像に難くない。こうして週ごとに新たな気持ちで取り組み、都度近未来の予定を立てるメリットは大きいのかもしれない。

いや、わからんが、そう信じて目の前の山を登るしかないのだ(ストイックモード)。落ち着く暇などありゃしない。

今日の食事

cebu-diary-04-2

  • 朝 ささみてんぷら、かぼちゃサラダ、レタス、ごはん、しそわかめふりかけ、納豆味噌汁、バナナ、青汁
  • 昼 ひき肉とじゃがいもの辛味炒め、なす煮もの、白菜炒め、ごはん、オニオンスープ、パイナップル、梨
  • 夜 フライドチキン、揚げおにぎり、インゲンソテー、キャベツ炒め、ごはん、卵スープ、りんご

朝のふりかけと味噌汁、青汁は自己調達品。4週間程度なら現地の食事だけで問題なく過ごせる体質なのだけれど、ここらでひとつ海藻やら発酵食品やら緑黄色野菜(風)を入れておこうかなという作戦。所詮レトルト食品なので、まあ、ちょっとした気分の問題。何しろ普段は相当の野菜食いなのでもので。

夕食の揚げおにぎりはウインナーときゅうり、にんじんの入った海苔巻きにパン粉をつけて揚げるというなにやら凝った代物。これをおかずにごはんを食べるというのはなかなか妙な行為ではあるが、小さな厨房で数十人分の海苔巻きをせっせと丸め、揚げるのはなかなか大変な作業だなあとキッチンスタッフの後ろ姿を見て思う。

いや、もちろん彼らはプロで、仕事としてせっせと作っているにすぎない。けれど、誰かに毎日3食作って出してもらうのは外食とは全然異なる感覚なのだなと感じる次第。

つづく

 

 




関連記事

hmc_103

パクチーが食べられない人間がベトナムを旅できるのか。

一人旅でベトナムに来ています。 本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅。 一人

記事を読む

narita1512233

荷造りが面倒で旅行に行きたくない。

そもそもの所有物が少ないので以前よりマシになったとはいえ、相変わらず旅の準備は苦手です。

記事を読む

taitung_137

台湾一周一人旅 高雄、台東、花蓮で利用したお手頃で便利なホテル。

台湾一周旅行で利用したホテルのまとめ。 台北、台中〜嘉義、台南に続き今回はラスト3都

記事を読む

nana3

バンコク女性一人旅。ナナ駅近くのゲストハウスに滞在する。

安価で便利なホステルを活用しまくってみた今回のバンコク。 実際に利用してみたホステルを紹介

記事を読む

ニューヨーク 地下鉄

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

madrid17

マドリードの治安 バルセロナと比較、どちらがおすすめ?

年末に出かけたスペインの旅記録です。 スペインの旅バルセロナ&マドリード バルセ

記事を読む

white_dress

持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服。

基本的に、移動時にはデニムを選ぶことが多いです。 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひ

記事を読む

isuzu2

パン飲み上等!神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

神戸市はパンへの支出が全国で最も高い都市なんだそうで。 参考 家計調査品目別都道府県庁

記事を読む

ohtani_7

神戸 新開地「大谷」の貝つぼ焼きと、マスコット。

貝のつぼ焼きは、わが故郷神戸の名物料理である。 その事実を知ったのは、昨年の年明けでし

記事を読む

taopei2016_57

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その1. 台北駅 懐舊排骨便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を楽しもうじゃないかという旅をしています。 関連 台

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

yamanashi_23
ぶどうがぶらぶらぶら下がる勝沼の非日常。日本散歩・山梨県

初めての山梨旅行、つづきです。 河口湖畔で別荘遊び 日本

焼き厚揚げおろし和え
焼き厚揚げおろし和え、ごまみそキャベツ献立。

その瞬間は嬉々として箸をつけているのに、後で見返すとこれはあん

new-glass
中途半端でちょうどいい。

100年ぶりにメガネを新調しました。 遠距離中距離近距

yamanashi_13
河口湖畔で別荘遊び 日本散歩・山梨県

少し前のことですが、念願の山梨に行ってきました。 今まで

焼ききのこ、たことセロリのサラダ献立。
焼ききのこ、たことセロリのサラダ献立。

先日さんま用に調達したすだちが余っている。 さんまの酒蒸

→もっと見る

PAGE TOP ↑