英作文はオリジナリティにこだわらない。セブ日記 12

公開日: : 最終更新日:2018/01/22 旅人への道, 英語

cebu-diary-122

久しぶりの快晴。

やはりこの島には青空が似合うなあ、こうじゃなくちゃなあ。と、大きな窓越しに空を眺めてにんまりする。

関連 必要最低限の部屋、夢も希望もありゃしない。

本日のセブシティは晴れ、日中の最高気温は30℃。このまま最後まで晴天の下で過ごしたい。そして、夕暮れ時には屋上で赤く染まりながら音読をしたい。



社会人の短期語学留学、最終週のスケジュール

cebu-text-1

さて月曜日。また時間割が新しくなった。最終週のスケジュールは以下の通り。

  • 5:00 起床、身支度など
  • 6:00 自習(文法)
  • 7:00 朝食・休憩
  • 8:00 レッスンの予習(スピーキング、グループ)
  • 9:00 グループレッスン(ディベート)
  • 10:00 グループレッスンの復習、スピーキングの予習
  • 11:00 マンツーマンレッスン(スピーキング)
  • 12:00 昼食・休憩
  • 13:00 自習(音読)
  • 14:00 マンツーマンレッスン(スピーキング)
  • 15:00 自習(音読)
  • 16:00 マンツーマンレッスン(発音矯正)
  • 17:00 自習(発音矯正の復習&音読)
  • 18:00 夕食・休憩
  • 19:00 スピーキングレッスンの予習(音読)
  • 20:00 自習(音読)
  • 21:00 自習(文法)
  • 22:00 仕事関連のメール返信、ブログ、その他雑事
  • 23:00 入浴後、就寝

ラストスパートということで、アウトプット量を増やすためにスピーキングクラスを2コマ受講。初回となった本日はいずれのクラスも軽めの自己紹介的なトピックスに終始したが、明日からは約1分程度のエッセイを2本づつ、毎日計4本を準備してから授業に挑むことになる。スピーキングを2コマ取るとこのエッセイ準備が大変ですよ、と他の生徒さんから教えられていたのだが、これはほどほどにやることにする。

というのも、この授業はスピーキングクラス。文字通り話すことが目的であって、エッセイ添削クラスではない。よって、推奨テキストである「1分間英語で自分のことを話してみる」の例題を拝借しつつ自分用に書き換える程度の作文で十分、というのがこのクラスの正しい利用法であるらしい。

一から書き起こす必要も、オリジナリティにこだわる必要もない。その程度なら、4本準備するのにさほど時間はかからないだろう。

4年前、資格試験勉強で毎日毎日カタめの英作文を書きまくった辛い経験はあながち無駄ではなかったのかも、と、最近になって思っている。まあ未だにしょうもない文法ミスはやらかすし、書くよりは話す方がラクなところは変わっていないのだけど、書く力は話す力にも繋がると確信できた今、書く訓練にもう少し重きを置いて今後の学習を継続したいと考えている。というか、英語を話す機会が少ない日本での日常生活においては、書くスキルの方が役に立つ場面は多いのだ。

そして今週は自分の書いたエッセイの音読を日々の予習と復習に組み込む。とにもかくにも音読。音読やっぱり大事。自分にあった学習法だとも思う。

今日の食事

  • 朝 練りもの、青梗菜炒め、ごはん、バナナ、青汁(持参品)
  • 昼 ひき肉炒め、なすの煮もの、キャベツ炒め、トマト、ごはん、卵スープ、りんご、
  • 夜 チキンアドボ、かぼちゃの煮もの、いんげん炒め、コールスローサラダ、ごはん、きのこの味噌汁(持参品)、バナナ

今週別校舎から編入してきた生徒さんと同じクラスになった。彼曰く、そちらのほうが食事は旨い。しかしファシリティはここのほうがいい、と。実は私も週末にちらりとその別校舎を見学させてもらったのだけれど、食堂の様子を見る限りファシリティにさほど大きな違いは感じられなかった。

そう、この学校はセブ市内に数カ所異なるスタイルのキャンパスを有している。それぞれの違いなどについてもまた改めて書くことにする。

残すところ、わずか4日。最後にどこまでできるだろうかと、少々焦り始めている。

つづく

※ 滞在した語学学校についてはこちらで書いています。

 




関連記事

旅の準備

旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間にあり。

By: jessicahtam[/caption] 旅は好きだけど旅の準備が苦手、と散々言い

記事を読む

飛行機 虹

成田直行便就航 セブパシフィックで行くセブ島の旅。

大幅に遅れはしましたが、無事に飛び立ちました。 狙ったわけではなく実は後から知ったのだ

記事を読む

1812_kinugawa_23

ペットと泊まれる宿は、朝夕部屋食がうれしい。

おばさんと猫の温泉旅、続編です。 今回の温泉旅行のメインテーマは「お猫さま初めての旅」

記事を読む

taiwan20163

台湾一周 一人旅。鉄道の旅で駅弁を堪能する。

ゴールデンウィークも終わり本日からお仕事の方も多いでしょうか。 そんな時になんですが、

記事を読む

ニューヨーク 地下鉄

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

NY_upsndmid_29

アップタウンとミッドタウン、アート巡りに夜景に公園。

観光しない旅行者として生きながらえる私ですが、今回のニューヨークではきちんと観光もしてきまし

記事を読む

travel15115

持つストレス、持たないストレス、おこだわり。

分厚い参考書類のおかげで自分にはやや重く、そして多すぎた感のある今回の旅の荷物。その重量に疲

記事を読む

By: Lauren McKinnon

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「

記事を読む

cebu-diary-06-1

服がない、おしゃれに無縁の1ヶ月。セブ日記 6

服がない。正確には、手元にない。 ここに到着して1週間と少し。すでにコーディネートはロ

記事を読む

1st_fuda_40

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興奮の我々。 神戸から高速

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sugamo2_19
仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっ

あさりと白ねぎライム塩
あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料

hochiminh_foods_26
ホーチミン一人旅で食べたもの、コムタムとフーティウコー。

ベトナム一人旅の食記録、パート2です。 ホーチミン一人旅

stand_m
減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね

小松菜の卵とじ献立
小松菜の卵とじ、キャベツと蒸し鶏のわさび和え献立。

お久しぶりの、晩酌献立です。恥ずかしながら帰ってまいりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑