成功体験は、作れる。

公開日: : 生き方と考え方, 英語

人間が自分の行動や能力に自信を持ったり、これが得意だとか好きだとか感じるようになる背景には何かしらの成功体験があることが少なくありません。

長い人生の中では成功のみを積み上げられるはずもなく、どちらかというと失敗をたくさんしている人のほうが結果として成功したりもするのですが、これも空振り続きでもめげずに打席に立ち続けたからこそヒットが打てたという話。

失敗したこと自体が

「あきらめずにチャレンジし続けられた」

という成功体験に成り得るわけですね。

成功体験は、作れる

「成功体験」とか言うと物凄い偉業を成し遂げることのように思えますが、この場合はちっちゃなこと。子供の頃に親に褒められたとか、友達よりちょっとだけうまくできたとか、そんな記憶が結局大人になっても根強く残っていたりします。

得意かどうかは別として、私は文章を書くのは苦にならないほうです。

これはなんでなんだろうと考えてみると、小学1年生の時に書いた作文が「上手な例」として国語の授業題材に使われたことが発端のように思えます。作文の題材は友達と家でチーズケーキを作った日のこと。チーズケーキ、といっても混ぜて冷しかためるだけのなんちゃってチーズケーキなのですが。それなのに失敗したわけですが。

「上手な例」として取り上げられたのだけど唯一

「牛乳を入れすぎた時の『あっー!』という驚きの声は書き方が間違っていますね、正しくは『あーっ!』ですね」

という訂正が入りました。
30年以上前のことなのに未だにこれほど細かいところまで覚えているということは、まあそれなりに嬉しかったのでしょう。

以後すっかり「自分は作文が得意なんだ」と思い込んだ単純な私は毎年開催される読書感想文大会で常に入賞するようになっていました。いやあ、今考えたら恐ろしいですね。原稿用紙何枚も手書きとかもうできないかも。きっと私は筆圧の弱い子供だったに違いない。だからこそ苦もなく何枚も書けたんだわ。せっかく「得意」を見つけたというのに勤勉ではないものだから、本の最初と最後とあとがきだけ読んで感想文を書くという有様だったのは残念なことこの上ないですが。

文章を書くのが苦にならない、というのは幸運にも社会に出て役に立ちました。「書く」ことって何の仕事をしていても少なからず必要なので。

成功体験は、壊せる

逆に私がずっとスポーツ関係を苦手として生きてきたのもまた幼い頃の出来事によるもので。

同じく小学1年生の時に逆上がりができなくて校庭で練習に励んでいた私を見たとあるおじさん先生が

「ははは、おまえはお尻が重いから逆上がりできんのや」

と笑い飛ばしたのです。ちなみに私は当時肥満体型でした。

今なら黙れハゲ、とでも返せたでしょうが、必死で頑張っているところを見られるのが嫌いな無駄にプライドの高い女児だった私は途端に練習するのが嫌になってしまいました。以降逆上がりも倒立もできないままスポーツ関係とは一定の距離を保ちつつ生きてきたのです。
まあこれは先生が全面的に悪いわけでもなく、そもそもの運動神経に難ありだったことは否めませんが。そして先生がハゲていたかどうかも記憶にありませんが。

と、長々とつまらない思い出話を書き連ねたのは、先日セブ島での親子留学プログラムに参加した時に、あ、成功体験ってこういうことだったのかもね、と思ったから。

参考 フィリピン セブ島で1週間の親子留学を体験してきた。

小さい時に他の子よりもちょっと得意なことがある、自分が上手にできることがある、という感覚を持つことって生きていく上で自信に繋がるよなあ、なんて子供たちを見ていて感じたのです。で、自分の人生を省みても幼い頃の成功体験ってほんのちょっとしたきっかけで作れるものだし、意外に人生に効いていた、ということを言いたかったのでした。

なのに本題に入る前にとんだ無駄話ですっかり長くなってしまったので、肝心な親子留学の話はまた次回。文章書くのは苦にならないけど無駄話が多いのはいかがなものか。

関係ないけどクールンって今でもあるんだ!




関連記事

おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。 神社仏閣巡りを筆頭に、

記事を読む

起業後押し、650万の生活費2年支給へ…政府

私の周りで結構話題になっています、これ。 起業後押し、650万の生活費2年支給へ…政府

記事を読む

人の子供は育つのが早い。

子供の頃、親戚や古い友人に会うたびに母親が 「まー、人の子供は育つのが早いわね!」

記事を読む

おひとりさまの老後資金。自分年金作りは40代からでも遅くない?

これまで自分の中で漠然としていたマネープランについて、最近少し具体的に考えるようになりました

記事を読む

頭の中の声が相変わらずうるさい 、あなたいったい誰。

相変わらず、眠りが浅いです。 迷惑な独り言と脳内会話、頭の中がうるさい。 現在絶

記事を読む

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は一人暮ら

記事を読む

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。 そういや前作「結婚できない男

記事を読む

おしゃれコンプレックスの正体。

By: ParisSharing[/caption] 自分のファッションセンスがずっとコンプ

記事を読む

2015年の運勢を占う。

12月に入ると来年の運勢占いが雑誌やウェブのあちこちに登場しますね。 そんなことからもなん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑