執拗に揉みたがる人の心理。

公開日: : 健康と美容

パドルブラシ

久しぶりに本屋を眺めたらば、揉む健康法系の書籍がずらりと並んでいる。

なぜ人はかように揉むのか、と不思議な疑問が湧いた…のは、いつのことだったか。

多分7年くらい前ですね。

いい歳をして、知らないことが多すぎる。

あの頃揉みの魅力が理解できなかった私ですが今、結構揉んでいます。

執拗に揉みたがる人の心理。

揉み関連書籍やムックが平台にズラリと並んでいたのは、当時揉み系健康法ブームが来ていたからでしょう。

しかしブームとは無関係に、人間はある一定のラインを超えると自らを揉みたがる生き物なのではないか。と、2021年の私は考えます。

現在わたくしめが具体的に揉んでいるパーツは、足、腰、腹など。だるい、絞りたい、解したい、などの明確な目的をもって、つい揉みしだいてしまうのです。

揉みの効果のほどは正直わかりませんが「つい揉んでしまう」ということは、それなりに心地よいのではないでしょうか。(他人事)

そして最近になってやたらと揉みしだいているのは、頭。頭皮です。

以前は揉み対象としてさほど魅力的ではなかったパーツなのだけれど、最近やたら頭揉みが心地よくてですね。仕事しすぎで疲れているのかしら(嘘)。

以前から頭揉みは頭皮の血行を促進し、白髪予防にもなるといった情報は得ており、お年頃の私はこれはやらねばなるまいて、とは思っていました。

しかし習慣化には至らず。その頃はまだ揉みに助けを求めるほどには、頭皮も凝っていなかったのでしょうね。

シャンプーするような運びにて頭皮を揉みしだいていると、なんだかスッキリする(ような気がする)し、たるたるとした顔面の皮膚も揉みに引っ張られて幾分ハリがでる(ような気がする)。

何より、首の付け根あたりを親指でぐいぐい解すのが気持ちいい。これは気のせいじゃなくて、ホントにいい感じ。肩こりを解すのと同類の心地よさがあります。位置も近いし、血行促進とか似たような効果があるのでしょう。

そんなこんなで、揉む人の心理が少しわかったような気がする今日この頃。揉む、とはちょっと違うけれど、ブラッシングってのも改めて心地よいものですね。相変わらず、デカイブラシを愛用しています。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

終わりたいのに終われない。

終わりたくない終わりたくない終わりたくない OH! WHAT A NIGHTとDr.Kは言っ

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

白ワインは肌に悪いのかもしれない。

鼻ニキビと赤鼻の対策に取り掛かる宣言から早くも2ヶ月が経過し、季節はすっかり赤鼻のトナカイ。

記事を読む

汗疱来たりて、酒を断つ。

かゆい!かゆいったらありゃしない。高頻度の手洗い・消毒が原因かと睨んでいた手湿疹ですが、そ

記事を読む

最小限の旅の持ち物 夏の旅行に持参するスキンケア。

By: Steven Depolo[/caption] 最小限の荷物で小回りのきく快適な旅を

記事を読む

耳読書のありがたさ、中年世代におすすめの機能。

しつこいようですが本当に目が見えづらくてですね。 「らくらくホン」の衝撃。 この

記事を読む

寝そべり生活の、明らかな弊害。

先日「ねそべり族」について触れました。 なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をす

記事を読む

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してから、早いもので2年が経過しまし

記事を読む

朝の路上でぎっくり腰になったら。

今朝6時過ぎ、駅までの道をせこせこ歩いていて、ギックリきました。調べてみると、明らかなギッ

記事を読む

カラーバターで白髪は染まるのではないか疑惑の結果。

カラートリートメントの一種であるカラーバターなるものがあります。 ジャー入りでペースト

記事を読む

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ

必要最低限のメイク、厚化粧の女。

これは、というテクニックが身につくとどんどん追求したくなって、その結果、いや別にまだ若くて肌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

にじますのねぎ油蒸し
にじますのねぎ油蒸し、キャベツの梅しそ和え献立。

いただきもののにじますシリーズ、本日で最後です。にじますのち

本気の冷え性改善計画2021、開幕。

突然やってきた寒気に、戸惑いを隠せません。 いや、わか

豆腐と小松菜の塩炒め献立
自分の気性に合うカタさ。

もう何年もの間、豆腐といえば木綿に落ち着いています。

50目前、3年以内の目標。

妄想癖が強いからでしょうか。 とにかくあれこれ計画した

あんかけ焼きそば
いつだって「カリッと」が、信条。

駅前のざっかけない店でさえ、レベルが異常に高い。そんな中華料

→もっと見る

PAGE TOP ↑