毛玉はやっぱり取らなきゃダメ?それとも…。

公開日: : ファッション

この冬大活躍しているのがストールです。

いや、「この冬」に限ったことではなく。寒がりの私にはもはや必須アイテム。これなしに越冬する自信はありません。

よって、あたかも消耗品というくらいに毎冬使い倒してしまいます。

参考 今日買ったもの。そろそろ本気で冬支度。

が、秋に新調したストールに早くも問題発生です。



 

どうしても避けられない毛玉問題

毎日使うストールやお気に入りのセーターが避けて通れないのが毛玉問題。

そもそも毛玉ってなんでできるんだっけ?

参考 毛玉について(東京都クリーニング生活衛生同業組合)

毛玉は、着用の繰り返しの摩擦や、洗濯時の摩擦によって生じる現象です。その発生メカニズムは、生地の表面が摩擦などの作用を受け、繊維の先端が毛羽となり、それらが束を作り絡み合って「毛玉」を生みだします。

これ、アクリルだからねえ。
暖かくてお手頃だけど、静電気と毛玉が発生しやすいのはもはや仕方なし。

さて、気になるお手入れ方法はというと、

正しい毛玉の取り方としては、手でブチっとむしり取ることは厳禁です!
必ず、慎重に毛玉取り器を使用するか、ハサミで慎重かつ丁寧にカットするようにしてください。
手でつまみ取ると生地は段々薄くなるので要注意!

ということは、最近巷で話題のスポンジや剃刀を使った毛玉取り方法は生地の寿命を考えるとNGですかね。思いっきり引きちぎることになるもんね。

参考 たった100円で解決できる!毛玉をきれいに取る方法(NAVERまとめ)

 

「取らなきゃダメ」なアイテム以外なら…

もちろん、どんなアイテムか、どんなシーンで使うのかにもよりますが個人的には

衣服を痛めないことを最優先にするのであれば、「毛玉を受け入れる」というスタンスを取ることも選択肢のひとつです

これがなんだか潔くて好きですけどね。
ラフなスタイルに合わせるアイテムやカジュアルなものには、毛玉があってもそんなに印象が変わらないものだってあるんだし。

などと毛玉について調べていて戯れに毛玉クリーナーランキングなど見てみると…

 

「生地にやさしいふんわりカットの毛玉取り」だって。
昔のクリーナーとは使用感がぜんぜん違うんでしょうね。私が知ってる毛玉取り器って、かれこれ30年前くらいの商品だもの。毛玉取りも結構進化してるんだなあ。

…毛玉取り器を導入するなんて恐れ多いことは私にはできませんが。

昔からストールは消耗品だと思っているフシがあるので、今使っているものも一冬持てばの感覚。
よって、私の場合はスポンジでがっつり取ってしまうのもいいかもしれません。
逆にずっと長く使うモノであればなるべく毛玉ができないようにして、出来てしまった場合にはひとつひとつ丁寧にハサミで切っていくしかないですね。

 




関連記事

editorsbag

女性のお仕事スタイルの曖昧さとビジネスバッグ問題。

By: Dan Taylor-Watt[/caption] なんぞこれ、という暑さだった東京

記事を読む

By: Grannies Kitchen

旅の荷物軽減計画 折りたたみシューズで問題発覚。

By: Grannies Kitchen[/caption] 旅の荷物を減らしたい、そして好

記事を読む

By: ilovebutter

大人のジュエリーは年齢を強調するアイテム論。

By: Roderick Eime[/caption] おしゃれな人の旅支度、という見出しが

記事を読む

pumpus_2

パンプスで調子に乗った女の足出しコーディネイト。

思っていたほど大変ではなかったので、調子に乗ってみました。 別にこれ履いてフルマラソン

記事を読む

By: Shaun Fisher

おしゃれコンプレックス 楽しくて難しい買い物の話。

奥さん夏です、7月です。 というわけで、いつもの定例ポストです。毎月月初に捨てたものと

記事を読む

malloni

少ない服でも頭を使う必要大ありの秋。

どれだけ服を減らそうと、手持ちの洋服を満遍なく着こなせるはずもなく。 特に秋物ってのは

記事を読む

By: Saxbald Street Photography

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあ

記事を読む

knitdown

もう、おしゃれを諦める。

諦めました、あなたのことは。 どうも、ナオコです。ナオコ、寒いです。 ここのとこ

記事を読む

By: sagesolar

40代の痛いファッション。

By: sagesolar[/caption] 昨年高らかに宣言しておきながら結局実現しなか

記事を読む

newbluebag

ナイロントートがものすごいスピードで汚れる。

たった2ヶ月でこんなに汚れるものなのでしょうか。 いや、もしかすると、素材云々色どうこ

記事を読む

Comment

  1. chii より:

    はじめまして。いつも楽しく読ませていただいています♪。

    毛玉・・・に、反応して初コメントです。
    毛玉は出来ないようにするのが一番!着る前&着た後に洋服ブラシをかけてあげれば良いのです♪。
    長く着たい洋服は大事に大事にブラッシングです。おためしあれ~(^o^)/

    • crispy-life より:

      chiiさん

      コメントありがとうございます。

      仰るとおり、一番いいのは毛玉ができないようにすることだと思います。
      病気を予防するためには健康的な生活を心がけることが大事、という考え方と似ていますね。

      さっそく本日からブラシがけを始めました。
      お気に入りの洋服は大事に扱うようにしたいものです。

      今後ともよろしくお願いいたします!

crispy-life にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAG_1
40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ
秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

秋刀魚、まだまだ行きますよ。 前回は贅沢(?)にも好物の

rerise_2
白髪染めをやめたらどうなるか。

新しい白髪ケア用ヘアカラーを使い始めて、約1ヶ月が経過しまし

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

→もっと見る

PAGE TOP ↑