イラストをUPすると服になる。ブランド立ち上げサイト「STARTed」

公開日: : ファッション

started

「アイデア」っていうと何かとてつもなく斬新なものとか、今まで誰も見たこともないものを思いつくこと、なんて考えがちですが、結局は掛け算なんだよねえ。

>>参考
STARtedは、個人のアパレルブランド立ち上げを支援するサービスです(STARted)

STARtedはイメージイラストをアップロードするだけで、プロがイメージ通りの洋服を作ってくれるサイト。出来上がった服はそのままサイト内で販売できるのだとか。ちなみに、絵が下手な人でも大丈夫、ということらしいです。



アパレルの世界は数千・数百という生産数が当たり前の世界なので、なかなか個人で参入するのは難しいという問題がありました。服作りの専門知識と、数百万の資金・・・両方あるのが普通で、せめて片方だけでもないとできないと言われてきましたが、「IT×ファッション」の技術を組み合わせたSTARtedでは、個人が用意できる予算からブランドを立ち上げる事が可能になっています。

説明を読んで見ると、生産数は枚数ではなく予算で注文するのだそうな。「この予算でこの素材なら10着できます」みたいな感じ。
現在マンガ家、安野モヨ子氏の「オチビサン」のブランドが展開されていますが、オチビサンニット販売数は60着。安野さんってファッションやインテリアにこだわりの強い人だから、オチビサンの世界観にきちんとハマるような製品に仕上がっているんじゃないだろうか、と予測します。

 

オチビサン 1巻

オチビサン 1巻

posted with amazlet at 14.09.26
安野 モヨコ
朝日新聞出版
売り上げランキング: 142,243

 
洋服のオーダーメイドも、ネットで服を販売&購入できるっていうのも別に新しいことではないですが、こういうパッケージってなかったなうな。まさに掛け算。ちなみに運営はEC会社のようです。

絵をちょちょっと書いただけで「アパレルデザイナー」は名乗れないし、インスタントな服づくりであることは間違いない(と、このサイトでも名言されています)のだけど、イラストだけでOKの服作りってなんというか面白みはあるなあ。夢もある。
もちろん、本来のブランド、服作りって、きちんと一から十まで服作りを学んだプロフェッショナルが全てを取り仕切るのが理想的なんでしょうけど、

「技術はないけどアイデアはある!」
「少ない予算でも自分の世界観を服で表現したい!」

という人もいる。逆に

「技術はあるけどアイデアがない」
「取引先がどんどん海外にシフトして仕事が減ってしまった」

という業界人も多い。
大量生産で単価を下げる、が当たり前のアパレル、国内生産じゃあとてもじゃないけど採算合わないから生産は全て海外で、っていうメーカーが殆どだし。プロの方はプライドもあるから「素人のデザインした服なんて作りたくない…」なんて考えもあるでしょうが、せっかく持っている技術、もったいぶらずに新しい試みに乗っかってみるのもいいんじゃないでしょうか。

STARtedでは、ご協力いただける縫製工場・パタンナー・生産管理をされている方(法人・個人は問いません)を探しております。

こういう新しいサービスの誕生を目にする度に、今後個人でできることの幅がどんどん広がっていくんだろうと感じます。少し前までは大手企業でなければ展開できなかったビジネスを個人や少人数チームでも実現できる時代になったんだなあ、と。

 




関連記事

airportromance

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

confort-pumpus

パンプスは40代のコンフォートシューズ。

その後も定期的にヒールのある靴を履いています。 履きたい気持ちはわかるが腰は大丈夫なの

記事を読む

By: Matthias Mueller

1年間服を買わずに過ごした結果。

By: Roderick Eime[/caption] よし、部屋を片付けるぞ!もっとシンプ

記事を読む

baila_6

省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーが降ってきた。

省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーを手に入れました。 ずいぶん前にハンガー全と

記事を読む

By: Billie Grace Ward

今日捨てたもの 誰にでも似合うメガネとトレンド。

By: Billie Grace Ward[/caption] ファッションアイテムの中でも

記事を読む

160422denim

普通の服がおしゃれ、じゃない。少ない服を着回す弊害。

By: Leon Brocard[/caption] ようやく気温も安定してきた今日この頃、

記事を読む

By: storebukkebruse

毛玉はやっぱり取らなきゃダメ?それとも…。

By: storebukkebruse[/caption] この冬大活躍しているのがストール

記事を読む

mvp1

シンプルコーディネイトに大活躍のアイテムを手放す。

白シャツやデニム、黒パンツ、ボーダーTなど、誰しもがそれぞれ自分なりの 「定番」

記事を読む

By: Laura Bittner

痛いおばさんファッションのすすめ。

By: Laura Bittner[/caption] 夏至上主義なもので寒いのは勘弁なので

記事を読む

tmt1

広がったデニムのダメージ加工を修理してみた。

プライベートではデニム着用率がかなり高いです。 当然、よく使う分だけ痛みも早くなるので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

tainandog2
いかにして働かずに暮らすか。

先日某誌の編集者から 「毎度読者の食いつきがいいのは老後

なすのにんにく炒め
なすのにんにく炒め、ちくわとピーマンの塩昆布和え献立。

そろそろなすが手に取りやすくなってきたような。 今日日な

1905kakegawa_51
都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜

目玉焼き丼献立
休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをの

suginami_67
愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、

→もっと見る

PAGE TOP ↑