さよならマエストロ。

公開日: : 音楽、映画、芸術、世界

エンニオ・モリコーネが亡くなった。91歳だった。

なんだかんだで100をうんと過ぎて、まだまだ新たな作品を生み出し続ける人。私は勝手にそう思い込んでいたのだと、ニュースを見て気付きました。

2018年から大規模なラストコンサートツアーを開催し、その後一線から退くと発表していたようですが、これはもうほぼ「生涯現役」ってことでしょう。

生涯現役のすごさって、つまり、続けられるすごさだなと思うのです。

さよならマエストロ

モリコーネファンになるなら、やはり映画から。が、正規ルートなのでしょうが、私は90年代のモンド・ラウンジブームでイタリア映画音楽にドハマりした部類です。

渋谷系とは程遠く、クラブ通いもしていなかった頃になぜこの方面に手を出したのか。きっかけはよく覚えていないけれど、もともと60~70年代の音楽ばかりを聞いていた(今も)ので、その延長線上にあったというか。

当時買い漁ったCDは、この手のものばかり。その後、大量に手放してしまうことになるのだけど。

レアCD、コレクターズアイテム価格の不思議。

モリコーネの来日コンサートに足を運んだのはもう15年も前のこと。

当時マエストロはすでに70代後半。本公演を逃すともうお目にかかるチャンスはなかろうと考え、スケジュールを無理やり調整したことが懐かしく思い出されます。

いやあ、無理してよかった。行っておいて本当によかった。

超朝型の天才との隔たり

ところで彼は「超朝型」の作曲家だったそうで。晩年になってからの生活スタイルなのか、それとも若い頃からなのかは定かではないけれど、夜は早い時間に就寝して、夜明け前に起床し、作曲活動に勤しんでいたそうな。

ですよね、マエストロ。やっぱり、仕事するなら朝ですよね。と、勝手に親近感であります。

激しい朝型女子の真実

1940年代から活動を開始し、その後60年の長きに渡って作品を作り続ける。その情熱って、どこから湧き出てくるものなのかしら。と、たった10分で終わりそうな簡単な仕事さえ片付けられない時がある凡人の私は考える。

もちろん、彼は天才の部類なのだし、常に音楽や仕事への情熱を持ち続けていたのかどうかも知らないし、毎回生みの苦しみでのたうち回った苦しい60年だったのかもしれない。だけど同じヒト属ヒト科の生物として、ついでに朝仕事推進派として、偉人と凡人の間に横たわる大きく深い隔たりについて、ふと考えてみたりもするのです。

今夜は、一番好きなアルバムを聴きながら飲もう。

40代の一人暮らし






関連記事

持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

ありがたいことに、このブログを通じて商品レビューのご依頼などを頂くことがあります。 興

記事を読む

黄色いパンツ、選ばなかったもうひとつの道。

Another Day of Sun. 初めて聞いた時からこの曲が好きすぎてたまらなか

記事を読む

持たずに借りずに気軽に楽しむ、を試してみる。

By: Roberto Venturini[/caption] 睡眠改善の一環として、しばらく映

記事を読む

yuming

くさったおばさんと、恋のうた。

小さい頃は神様がいたっけかなあ。不思議に夢を叶えてくれたりしたかなあ。 20数年前、当

記事を読む

ニラ納豆

食べて飲んで、人体実験。

なんだかんだで観終わった後にセンター街を抜けるのは気分的にしんどかった。 関連 見習う

記事を読む

線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

先日宅録少女の過去を明かしました。 関連 持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

記事を読む

50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。 そういや前作「結婚できない男

記事を読む

腕を頼りに旅をする。フードトラック始めました。

By: Charleston's TheDigitel[/caption] こういう映画、好

記事を読む

すごい空間支配力。

ボヘミアン・ラプソディが思ってたよりずっとよかった。 そんな意見が出たものだから、それ

記事を読む

好きだから、共有したい。

実は劇場版を観てしまいました。 おばさんホイホイは真実だった。 もちろん自発的に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Amazonセール、プライムデーで買ったもの。

kindleにしようか、タブレットにしようか。毎回悩んで、結

2週間でウエストマイナスンcm、ぶよぶよお腹のその後。

腹の肉削ぎに成功した「お腹ぶよぶよ大作戦」から、5ヶ月が経過

時がとまっているおばさん。

最近「ガラスの仮面」を読みはじめました。実は私、昭和の女であ

なにもないのがいちばんぜいたく。

いっちょまえに忙しぶっていた先月末。のんびりしたい、もっとや

夕食を抜いて得る満足感。

久しぶりに夕食を抜きました。以前は休肝日と合わせて胃腸も休ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑