何をやっているのかよくわからない人。

公開日: : 最終更新日:2018/06/06 これからの働きかた

hi-sukhumvit-hostel5

地元へ戻った時、久しぶりに会った知人に今どういう仕事をしているのか、と問われたので答えると

「東京ってそういうよくわからない仕事でも食べていける場所なんだね」

と返されたっけ。

あれは確か10年くらい前の出来事。働き方を取り巻く環境は当時とは随分変わっているから、今となっては仕事のよくわからなさに東京云々という地域性は関係なくなっているような気がするのですがどうでしょう。

何をやっているのかよくわからない人

hostel3

変わった仕事をしている、というのとはまたちょっと違う、何をやっているのかよくわからない人、というのは確かにいます。

副業、複業、週末起業。自分で仕事を作る方法。

フリーで技術屋をやりながら家庭教師に熱を入れている友人もいるし、なんでかわからないけど1カット3,000円でイラストも書いていた時代があるといライター、アーティストの顔も持つバリスタとか、出張の多い業務内容を活かして(?)会社員でありながら全国各地釣り行脚をしている営業マンもいる。

同時進行にていくつもの顔を持っている人もいれば、パッと見のキャリアに全く一貫性がない人も結構多くて、職務経歴書及び再就職面接的には不利な歴史とも思われるけれど、その経験の散らかり具合はやけに頼もしい。

50代で起業、異業種への転身。

なぜそんなことになったのかは人ぞれぞれ事情が違うのだろうけど、多才だからこそ、興味関心の幅が広く好奇心旺盛だからこそ何者かよくわからなくなるパターンが多いのだろうな、と、彼らを見ていると思うのです。

そしてもちろん、いろんな顔に全力投球で、ますます頼もしい。

例え後ろ向きな散らかし具合だったとしても

知人に指摘されたように、私も何をやっているかよくわからない側の人なんだろうし、これまでの歩みに立派な一貫性はない。

私は前述したライター氏みたいにイラストは書けないけどデザインはやっていたし、カメラぶら下げて現場行ったりとかもしてた。コピーは散々書いたし、ゴーストライター的な動きも結構やったけど、コピーライターとかブックライターの看板を上げるには至らなかったし、学校で教えた経験はあっても常勤講師になろうなんてとんでもございませんという感じ。

よって、多才かつ好奇心の強さが幸いして何をやっているのかよくわからない人となった先人たちとは違って、何をやってもそれ1本で勝負できるような才能を発揮できないという後ろ向きな理由からのとっ散らかり人生。無数にあったであろう小さなチャンスを生かせず、何者かになりたいと強く願った若い頃の願いも叶わず、専門家としてスキルを磨くに至らなかった、そしてその決意ができなかったがゆえのよくわからなさ。

肩書きが欲しい、自分ではない何者かになりたい。

ああ、帯に短し襷に長し。でも、足りない帯をつなぎ合わせてワンピース作っちゃいましたけどいかがですか?みたいな商売でどうにか食べてこれて、なんなら酒まで飲めているのだから、そこそこ幸運なのでしょう。

例え後ろ向きなスタートだったとしても、結果オーライということは、ある。

そして、今となってはまだ散らかし足りないとすら思っている始末。20年後にはもっとよくわからない感じになっていたいなあと、今日もよくわからない仕事をせっせと片付けながら、切に願うのでした。

 




関連記事

実は嫌味を言われているとなぜ気づけたのか。

先日ツイッターのタイムラインに流れてきた、このまとめを読んで。 会社で「いつも爪がきれ

記事を読む

ひとつの道を極めるべし。仕事を複数持つのは非効率か。

By: Karyn Christner[/caption] 最近になって知り合ったとあるフリ

記事を読む

うっすらとした道標、2020年やることリスト。

By: Ged Carroll[/caption] 奥さん、2月です。 年始は朝から酒

記事を読む

いかにして働かずに暮らすか。

先日某誌の編集者から 「毎度読者の食いつきがいいのは老後不安煽り系のネタだ」 と

記事を読む

忙しい毎日のメリット、仕事はないよりあるほうがいい。

ただでさえ気忙しい師走に、何を思ったか仕事を1本増やしてしまいました。 なぜ、今、この

記事を読む

エールフランスラウンジ

キラキラしてない、普通の人生。

サロンなるものに参加したことが無いから中身知らないし、全部が全部そうじゃないのだろうけど。

記事を読む

自分のことになると途端にわからなくなるという話。

おそらく誰しもそうでしょうが、この人と会う時のメイントピックスはコレ、みたいなのありますよね

記事を読む

デキる人の時間術?贅沢ではなく勿体ない時間の使い方。

By: i_yudai[/caption] 周りが次々にインフルエンザでバッタバタ倒れており

記事を読む

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

40代独身東京一人暮らし女性が、 今後の働き方を討論す。

【前回のあらすじ】 新しい分野へのチャレンジ、その準備に3年の月日を費やしたというイラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑