何をやっているのかよくわからない人。

公開日: : 最終更新日:2018/06/06 これからの働きかた

hi-sukhumvit-hostel5

地元へ戻った時、久しぶりに会った知人に今どういう仕事をしているのか、と問われたので答えると

「東京ってそういうよくわからない仕事でも食べていける場所なんだね」

と返されたっけ。

あれは確か10年くらい前の出来事。働き方を取り巻く環境は当時とは随分変わっているから、今となっては仕事のよくわからなさに東京云々という地域性は関係なくなっているような気がするのですがどうでしょう。

何をやっているのかよくわからない人

hostel3

変わった仕事をしている、というのとはまたちょっと違う、何をやっているのかよくわからない人、というのは確かにいます。

副業、複業、週末起業。自分で仕事を作る方法。

フリーで技術屋をやりながら家庭教師に熱を入れている友人もいるし、なんでかわからないけど1カット3,000円でイラストも書いていた時代があるといライター、アーティストの顔も持つバリスタとか、出張の多い業務内容を活かして(?)会社員でありながら全国各地釣り行脚をしている営業マンもいる。

同時進行にていくつもの顔を持っている人もいれば、パッと見のキャリアに全く一貫性がない人も結構多くて、職務経歴書及び再就職面接的には不利な歴史とも思われるけれど、その経験の散らかり具合はやけに頼もしい。

50代で起業、異業種への転身。

なぜそんなことになったのかは人ぞれぞれ事情が違うのだろうけど、多才だからこそ、興味関心の幅が広く好奇心旺盛だからこそ何者かよくわからなくなるパターンが多いのだろうな、と、彼らを見ていると思うのです。

そしてもちろん、いろんな顔に全力投球で、ますます頼もしい。

例え後ろ向きな散らかし具合だったとしても

知人に指摘されたように、私も何をやっているかよくわからない側の人なんだろうし、これまでの歩みに立派な一貫性はない。

私は前述したライター氏みたいにイラストは書けないけどデザインはやっていたし、カメラぶら下げて現場行ったりとかもしてた。コピーは散々書いたし、ゴーストライター的な動きも結構やったけど、コピーライターとかブックライターの看板を上げるには至らなかったし、学校で教えた経験はあっても常勤講師になろうなんてとんでもございませんという感じ。

よって、多才かつ好奇心の強さが幸いして何をやっているのかよくわからない人となった先人たちとは違って、何をやってもそれ1本で勝負できるような才能を発揮できないという後ろ向きな理由からのとっ散らかり人生。無数にあったであろう小さなチャンスを生かせず、何者かになりたいと強く願った若い頃の願いも叶わず、専門家としてスキルを磨くに至らなかった、そしてその決意ができなかったがゆえのよくわからなさ。

肩書きが欲しい、自分ではない何者かになりたい。

ああ、帯に短し襷に長し。でも、足りない帯をつなぎ合わせてワンピース作っちゃいましたけどいかがですか?みたいな商売でどうにか食べてこれて、なんなら酒まで飲めているのだから、そこそこ幸運なのでしょう。

例え後ろ向きなスタートだったとしても、結果オーライということは、ある。

そして、今となってはまだ散らかし足りないとすら思っている始末。20年後にはもっとよくわからない感じになっていたいなあと、今日もよくわからない仕事をせっせと片付けながら、切に願うのでした。

 




関連記事

どこにいても仕事はできる。

「最近はコレのせいで、完全なる休みがなくなっちゃったよね」 有給休暇取得中の友人が、ス

記事を読む

50代からのキャリアチェンジ。

「この先の人生は、書く以外の仕事で生計立てて行きたいんだよね」長年ペンの力で生きてきた友人

記事を読む

ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が出来上がりました。 関連

記事を読む

休みの日に連絡しても絶対に反応しない後輩。

たのしいたのしい年末年始休暇も終了し、世間はすっかり通常モードに戻りましたね。もちろん私も戻

記事を読む

携帯電話を持たない人、電話で会話したい人。

相変わらず電話が苦手なので、通話頻度は減少の一途を辿っています。 携帯電話を持たない平

記事を読む

自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年ぶりとかそれ位。 お互い

記事を読む

寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光客が押し寄せる人気店ゆえ、週末

記事を読む

2020年の売り上げ金額、老後の不安。

2021年1月の最終日ではありますが、2020年の集計作業をしておりました。昨年は何しろ例

記事を読む

才能に頼らない方法 正しさとパッションの間で。

多少時間に余裕があるので、ここぞとばかりにインプット作業に勤しむこの頃。先週は文章作成に関する本を立

記事を読む

好き勝手言ってるだけと実際やるのとでは大違い。

現在イベントの詰め作業をもりもりやっています。 働いている人も、働いていない人も、今か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑