50代からのキャリアチェンジ。

公開日: : これからの働きかた

「この先の人生は、書く以外の仕事で生計立てて行きたいんだよね」

長年ペンの力で生きてきた友人が、そんなことを言いだしました。あれ、そういや少し前に別の知人も似た話をしてた気がする。

天職と信じた仕事への情熱を失って

このご時世、そして微妙なお年頃。みんな同じようなことを考えているのだなあと思いました。

50代からのキャリアチェンジ

今時SNSくらいはおさえとかなくちゃ、とか、これからは動画だ!とか、いやいや音声配信がアツいよ、とか。情報発信のトレンドは目まぐるしく変化していて、だいたい2年でガラリと入れ替わる、くらいの体感速度ではないかと思います。

それでもこの先数年でテキスト文化が完全に廃れるとは考えにくいし、動画にしても音声にしても、ベースになるのはテキストなので、書くスキルや構成力の重要性は今後も変わらないはず。

でも、求められるレベルはどんどん変わっていく。特別な機材を持っている人だけが写真を撮れた時代を経て、今はスマホでだいたいのことは済ませられるように、プロの文章力を求められる仕事は、減っているのでしょう。

プロの仕事が求められない時代の仕事の作り方

加えて、加齢による扱いにくさや、感性の古さも出てくる。20代、30代の多い現場では、50オーバーの「大御所」とは絡みづらいとか、感覚がちょっと古いんだよね、と言われても致し方ない。さらには、ギャラの高さによって選択されない場面も出てくるのかな。

そんなこんなで「これまでとは別の仕事をしたいんだよね」となる中年フリーランスが多いのでしょう。

その気持ち、ホントにホントによくわかる。よくわかるけど「未経験職種への転職(就職)」という意味合いでの「50代からのキャリアチェンジ」は、容易ではないことも知っている。

「40オーバーフリー界隈は最近みんな似たようなこと言ってますよ。具体的に何か考えてるんですか?」
「うーん。できることなら屋台とかひきたいよね」

あと10年、15年いや、多分死ぬまで働かなくてはいけない自営業者。これからの就職は難しいとなると、結局アレですよね。仕事を自作するしかないんですよね。

簡単に見つかる副業・複業・週末起業ネタ

彼女がこの先どんな道を選ぶのかはわかりません。なんだかんだで仕事が途切れない人だから、結局書き手として人生を全うするのでは?とも思います。

でも、全然違う方向へ舵を切ったとしても、屋台でラーメンを出したとしても、それは彼女の長年の経験からくる出汁がふんだん味わえるいい塩梅のスープなんだろうなと思うのです。

いや、屋台のラーメンなんて、素人が簡単に手を出せる領域じゃないことは承知してますよ、例えば、の話ね。いずれにせよ、これからの冒険をたのしみにしてます。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

終わった後に、捨てるご褒美が待っている。

準備だけ整えて、最終段階には至らず放置すること数日。 「ハア?準備だけ終わった? 書い

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定しております。 人生100年

記事を読む

お金は使うものじゃなくて貯めるもの。

By: JFXie[/caption] またまた旅の計画などを立てています。 ここ数年

記事を読む

40代フリーランス、50手前で正社員になれるか。

会社勤めをやめてから、早いもので干支が一周しようとしています。 東京都内で屋根のある家

記事を読む

遠距離恋愛が持続する新しい時代。

遠距離恋愛中のカップルの実に65%が1年以内に破局を迎える。世の中にはそんなデータが存在す

記事を読む

酷いストレスで観葉植物が枯れる。

見た目は子ども頭脳は大人の名探偵は、 「真実はひとつ」 というけれど、そうでもな

記事を読む

あの頃の必要経費も今となれば贅沢品。

ここ数年、お知らせが来るたびに迷っている気がするドメイン更新。今年も期日ギリギリまで放置し

記事を読む

50代で起業、異業種への転身。

そういえば、あの人は今どうしているのだろう。 ふとそんなことが頭を過って名前を検索して

記事を読む

50代で仕事を辞めたら。

先日50代半ばの先輩の口から、仕事を辞めたら云々、という言葉が出てきて驚く。それは、あれ?こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

にじますのねぎ油蒸し
にじますのねぎ油蒸し、キャベツの梅しそ和え献立。

いただきもののにじますシリーズ、本日で最後です。にじますのち

本気の冷え性改善計画2021、開幕。

突然やってきた寒気に、戸惑いを隠せません。 いや、わか

豆腐と小松菜の塩炒め献立
自分の気性に合うカタさ。

もう何年もの間、豆腐といえば木綿に落ち着いています。

50目前、3年以内の目標。

妄想癖が強いからでしょうか。 とにかくあれこれ計画した

あんかけ焼きそば
いつだって「カリッと」が、信条。

駅前のざっかけない店でさえ、レベルが異常に高い。そんな中華料

→もっと見る

PAGE TOP ↑