ベトナム一人旅、タンディン教会とバインセオ。

公開日: : 最終更新日:2019/05/20 旅人への道

tandinh5

一人旅でベトナムに来ています。

羽田から深夜便を使って、早朝にホーチミン着。バスに乗って中心地に出た時点でまだ朝の7時過ぎ。

本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅。

今夜は宿を取っていないのでホテルにチェックインするでもなく、このまま夜までなんとなくホーチミンで過ごすことになるのだけど、厳しいねえ。

ベトナム一人旅、ホーチミンをうろつく

hmc_3

長い1日になりそうだったので、今まで行ったことのないエリアに行くことにして、「Viện Pasteur」というバス停で下車しました。いや、ここで降りろと親切なようで不親切な例のお姉さんが教えてくれたのです。

地図で見ると確かに、ここがベストに見える。見えるが、そうでもない。朝7時、まだ本格的な暑さとまではいかないまでも30度近くになっており、とにかくバイクの多さで徒歩10分がとてつもなく遠く感じてしまうのです。荷物が軽いことだけが救いだったけど、こりゃ先が思いやられるわ。

いきなり気力と体力の消耗を感じたので、早くもコーヒーブレイク。

tandinh1

開いててよかったHIGHLANDS COFFEEで甘いコーヒーを啜って精神統一を計ります。大丈夫か。

タンディン教会はピンクだった

tandinh3

コーヒーで涼んで少し落ち着いたので、目的地へ。

インスタ映えするとやらで近頃人気らしいタンディン教会へ行ってみます。ホーチミンではサイゴン大聖堂に次ぐ規模の教会らしいのだけれど、検索してみてもさほど詳しい情報に辿り着けず。なのに「行ってみた」系の情報は山ほどヒットするということは、自然発生的に人気が上昇したスポットなのでしょうか。何がきっかけになってブレイクするかわかりませんね。

さて、ご覧の通り、本当にピンク。

tandinh8

青い空に映えるピンクの教会は、インスタ女子でなくても見応えがあります。

tandinh9

が、残念ながら中には入れず。教会内部のステンドグラスもとても美しいらしいので、見学する場合はミサの時間に合わせて行く必要があるとのことでした。

この後近くにあるタンディン市場を冷やかすつもりだったのですが、あまりの道路混雑っぷりにまたもや心が折れる貧弱な私。

久しぶりにホーチミンに来て、私は悟ったね。結構やりたいようにやってきたし、いつ何が起きてもそう後悔しないや、なんて飄々としているつもりだったけれど、いざ圧倒的な脅威(バイク)を前にすると、情けないほどに生に執着している自分に気づいたね。いや、死ぬのがどうこうじゃなくて、痛いのがイヤなだけかもだけど、とにかくバイクが怖い。怖いってば。

好物のバインセオを食す

生への執着を認識したところでもうランチにします。そういや昨日は夕食も食べなかったし、機内食もほとんど手をつけずだったので、お腹が空いている。

ベトナム料理はわりとなんでも好きだけど、中でもバインセオは大好物。タンディン教会近くにバインセオの有名店があったので、開店時間の10時に飛び込みました。

レギュラーのバインセオとゴイクン(生春巻き)もオーダー。

tandinh7

メニューではゴイクンは10本となっていて、さすがにそれは無理なので2本だけ、いや、3本だけにして。ね、ね?とお願いするも交渉決裂。ミニマムオーダーは5本からとのことなので受け入れました。

バインセオ、デカい!

tandinh4

米粉を使ったパリパリの皮の中にはもやしや海老、豚肉が包まれているこのバインセオ。「ベトナム風お好み焼き」なんて表現されることも多いけど、お好み焼きというより、おかず系クレープみたいな感じでしょうか。これを野菜に包んでニョクマムのタレをつけていただきます。ビールとの相性よし。

tandinh6

この「菜っ葉で包んで食べる」というのがやたら好きです。韓国焼肉なんかもそうだけど、そこそこしっかりした味や油っぽいものなんかでも、葉っぱで巻くとすいすい入るから不思議。ちょっと食べ過ぎたけど、今回の旅最初の食事は大満足の内容となりました。

この店周辺みたいに、路地1本入ったところは交通量も少なくて平和なんだけどなー。つづく。

 

 




関連記事

英会話経験ゼロから短期間で淀みなく話せるようになった人の勉強法。

フィリピン・セブ島にて4週間の短期語学留学を体験中です。 関連 社会人の学び直し、年齢

記事を読む

必要最低限の部屋、夢も希望もありゃしない。セブ日記 1

本日のセブシティは晴れのち曇り。日中の気温27度。朝夕はエアコンなしで過ごせる気候でエアコン

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その3. 嘉義駅 鐵路招牌里肌肉飯。

台湾旅行に興味はあったけれど台湾の地名にはとんと疎かった私。台北とか台中はもちろん知っていた

記事を読む

ベトナム一人旅、ニャチャンで観光しない理由。

ホーチミンから寝台列車に乗って、ニャチャンに到着しました。 ホーチミンからニャチャンへ

記事を読む

バッグインバッグ

荷物が少なければ鞄の中はすっきりするのか。

By: Maegan Tintari[/caption] 多くのモノを持たない生活をしている

記事を読む

河口湖畔、マミアーナジレッジで別荘遊び 日本散歩・山梨県

少し前のことですが、念願の山梨に行ってきました。 今まで足を踏み入れたことがないし、東京からの

記事を読む

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興奮の我々。 神戸から高速

記事を読む

お金を全然使わない。セブ日記 7

この1ヶ月の滞在を単純に 「旅」 と称するのが正しいかどうかはわからないが、普段

記事を読む

ただいま、を何度も作る。

By: Nattu[/caption] 年末の計画は別として、年内にも旅の予定があります。

記事を読む

最小限の旅の洋服。暑い場所でストレッチスカートを着回す。

By: Garry Knight[/caption] 今回の旅は「増やさない」がコンセプトだった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑