海外移住&親子留学のしあわせなかたち 〜マレーシアとフィリピンの移住・留学事情〜

公開日: : 最終更新日:2020/05/15 旅人への道, 英語




moalboal-4-2

フィリピン・セブ島での親子留学プログラムに参加した話を去年書きました。

関連 フィリピン セブ島で1週間の親子留学を体験してきた。

と言っても私は単独参戦というかいきなり乱入した一見学者に過ぎないのでこのレポートがどれくらいみなさまの参考になるかは不明。

それでも読者様の中には海外移住や短期親子留学に関心のある方が多くいらっしゃるようなので、本日はかなり濃い話が聞けそうなトークイベントをご紹介します。
特にマレーシアやフィリピンへの海外移住に興味のある方は是非。

親子留学&教育移住のリアルに迫るトークイベント

マレーシア移住を機に移住生活、クアラルンプールに関する情報発信サイト「ワクワク海外移住」を主宰されている小倉若葉さんと、ライターとして雑誌やウェブで広く活躍する傍らフィリピン・セブ島親子留学プログラム開発や早期英語教育に関する研究を続けている庄司里紗さんによるトークイベントが開催されます。

参考 親子留学&教育移住のトークイベント@神谷町 を開催します!(目指せ!親子でバイリンガルinセブ島)

「教育移住や親子留学って実際はどうなの?」というリアルな声を聞き、家族みんなで「海外で教育を受けるということ」に向き合ってみる。その上で、今後どうしていきたいのか、家族のあり方や子供たちの未来も含めて、多面的に考えてみる。そんな機会が、もっと身近にあってもいいのでは……?

移住も留学ももはや特別な選択肢ではなくなった感のある今日この頃。
それでも気軽に話を聞いたり質問したりできる経験者は身近にいなくて、という方もおられるでしょう。もちろん、ネットで検索すれば容易に情報が手に入るけれど、お子さん連れでの海外移住は家電製品を購入するために比較サイトで情報を集めるのとは次元が違う。もっとリアルな意見に触れたいと思うのは当然のことです。

このトークイベントではマレーシアとフィリピン、ふたつの国での生活を実際に経験されたお2人から海外移住の心構えや必要な準備について、注意すべきポイントなどを直接聞くことができます。質疑応答や懇親会も予定されているので気になることを質問したり、同じ年頃のお子さん連れでの海外移住を検討されている方との情報交換などもできそうですね。

海外移住に「正解」はない

パパやママの転勤とか、ビジネスをスタートするとか、現地に知り合いがいるなど明確な理由の元に行き先が決まっている場合は別ですが、お子さんの教育を目的とした移住の場合はどこに行くのかがまず問題。今回のトークイベントのテーマとなっているマレーシアとフィリピン、同じアジアにしてもその生活ぶりは大きく異なるようです。

「ようです」というのは、私自身マレーシアに住んだことがないからでして。現在マレーシアにて親子留学中の知人もいるし、もともと興味はある国なので一度ゆっくり滞在してみたいとは思ってるんですけどね。

で、どっちが結局オススメなのよ?となると庄司さんもブログに書かれていますが

どちらが「いい」とか「悪い」という話ではなく、どちらにもメリットとデメリットがあって、「どの国を選んだらしあわせになれるか?」というのは、きっと人それぞれ違うのかも、ということに気がついたんですね。

ということでして。

こればっかりは何を目的にした移住なのか、どんな暮らしを求めるのかによってまるっきり変わってくるので子供連れのアジア移住ならココがベスト!なんて単純に割り切れる問題ではありません。もしかしたらそもそも海外移住自体が合わないというご家庭だってあるでしょう。

だからこそ、経験者の生の言葉に触れて自分たちにとっての最良の選択は何かを考えられるこんな機会はとても貴重だと思うのです。

現在海外移住や親子留学をまさに検討中という方はもちろん、将来的に考えてみたい、子供の早期英語教育に関心がある、という方にもおすすめのこの催し。休日開催かつお子様連れも歓迎とのことなのでご家族で出かけてみては。

参考 [トークイベント] 海外移住&親子留学のしあわせなかたち〜マレーシアとフィリピンの移住・留学事情〜 (peatix)

以上おすすめイベントのお知らせでした。




関連記事

ペットと泊まれる宿は、朝夕部屋食がうれしい。

おばさんと猫の温泉旅、続編です。 今回の温泉旅行のメインテーマは「お猫さま初めての旅」

記事を読む

荷物を持たないバックパッカー。

誰かと一緒の場合以外はさほど積極的に観光地巡りをしないタイプです。 いや、もちろん行きたい

記事を読む

増え続けるばかりで、整理の仕方がわからない。

先日ようやくマイマシンのメンテナンスを行いました。 軽くて小さい、はどれくらいもってく

記事を読む

最小限の旅の持ち物 夏の旅行に持参するスキンケア。

By: Steven Depolo[/caption] 最小限の荷物で小回りのきく快適な旅を

記事を読む

ミニマリストのクローゼット

持たない暮らしと旅の小さなクローゼット。

40代ともなれば安ホテルに泊まるのはなかなかキツいよね、という人も多いのですが、一人旅の時は

記事を読む

3Howw Hostel

バンコク女性一人旅。スクンビット駅近くのゲストハウスに滞在する。

シェアハウス住まいで定住意識が希薄な移動生活志向の私。 以前なら絶対に考えもしなかった

記事を読む

身軽な旅を実現するために大切なこと。

昨年のタイ旅行でホステルの便利さにすっかりはまった私。 関連 バンコク女性一人旅。ゲス

記事を読む

パン飲み上等!神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

神戸市はパンへの支出が全国で最も高い都市なんだそうで。 参考 家計調査品目別都道府県庁

記事を読む

モアルボアルのおすすめレストラン 2016。

セブ島・モアルボアルのパナグサマビーチあたりには小さなローカルレストランやバーが点在していま

記事を読む

台湾は治安がいいから女性一人旅も安心?台湾一人旅のここが危ない。

女性の一人旅におすすめの国はどこか?なんて話題になったらおそらく上位にランクインするであろう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑