海の見える家で暮らしたい。

公開日: : 最終更新日:2019/10/10 旅人への道 ,

1909_shioya1

神戸・須磨散歩の続きです。

神戸ウエストサイド景勝ハンティング。日本散歩・兵庫県

不思議なのりものの数々を満喫し、喫茶室でまったり過ごしてから、夕暮れ時に下山。次なる目的地、塩屋へ向かいます。

本当は電車で移動するつもりだったのだけど、須磨浦公園駅から塩屋駅はたった一駅の距離。急ぐわけじゃなし、ぶらぶらと歩くことにしました。

塩屋駅まで海岸沿いを歩く

1909_shioya2

徒歩20分の距離を歩くことに決めたのは、西行きの電車が出たすぐ後のタイミングだったこと、陽が暮れかかっていて暑さが幾分和らいでいたこともあるけれど、魅力的な散歩道であると知っていたことも大きい。

ご覧の通り、海沿いまっすぐ一本道。電車で通っても気持ちいいこの道を、のんびり散歩したい欲がむくむくと湧きあがったのでした。

1909_shioya5

海沿いを、ただただ歩く。

線路位置との関係で、海が見えなくなる地点もあるのだけれど、それもまた楽し。

1909_shioya3

左に海、右に山。この感じ、神戸っぽいなあとしみじみします。

ところでこの辺りを歩いていると、山側に点在する邸宅が気になります。

海の見える場所に住みたい、なんてありきたりな夢を持つ人は私だけではないでしょう。私の生家からも海は見えていたけれど、この辺りのお宅のように遮るものがまるでない「海沿い」ではなかったし。

1909_shioya4

山陽の線路の北側は、すぐ山。JR側からの踏切はそのお宅専用のそれのようで、山の麓に門扉があり、階段を登って玄関にたどり着く…。なんとも優雅なロケーションの物件が、この一帯にはたくさんあるのです。

住みたいなあ、住みたいねえとふんわり夢を語りながらぶらぶら。憧れのオーシャンビューライフについて調べてみると、中古マンションなら塩屋周辺で1,000万を切るお値段のものもあり、あまりに現実的な数字でちょっと買いたくなってしまう。いや、実際問題難しいとは思うけど、ちょっとね、いいなって思うんです。

塩屋「しろちゃん」で飲む

1909_shioya7

塩屋駅を目指した理由は、酒。駅前の食堂「しろちゃん」で一杯やりましょうという魂胆です。

1909_shioya6

看板に「お好み焼き」とありますが、定食あり、うどんや丼物あり、ショーケースにお惣菜ありのTHE・食堂。

1909_shioya9

読み応えのある品書きにうっとり。めしはサイズに応じて10円刻みなんだなとか、それに引き換えみそしると豚じるの価格差よ、とか、見所が多い。

さて、ショーケースから刺身や酢の物などを取って、瓶ビールでスタートします。

1909_shioya8

この日は土曜日だったからか、店内はファミリー層多め。ほとんどのテーブルに運ばれていたのはボリュームたっぷりの唐揚げ。キッズはこれにごはんやうどんを、大人はビールやチューハイを合わせて晩ご飯。一方お一人様客は小鉢のついた定食を、といった光景が広がっていました。

1909_shioya10

我々も真似っこして唐揚げ。下味がしっかりついた、ゴロゴロ大きなサイズのもも肉唐揚げ。付け合せにケチャップ味のスパゲティにサラダまでついて390円ってすごい。

1909_shioya11

そしてこの派手さのないお好み焼きがいい。鉄板からはみ出した奇をてらわない豚玉の素朴な旨さがうれしくて、お代わりして2枚も食べちゃったもんね。甘めのソースに七味をパパッと振ってチューハイをグビリ。やっぱり私、お好み焼きは大阪より神戸派なんだな。そして豪華な具なんて乗ってなくていいの。

春日野道 お好み焼き「えみちゃん」暫定1位店は神戸にあり。

ああ、いい1日だった。このあとほろ酔いで映画館に連行されたけど、いい1日だった。

好きだから、共有したい。

神戸出身とはいえ、今は東京で暮らしているし、以前は須磨や舞子といった神戸市の西側にあまり縁がなかったもので、塩屋で飲んだのは今回が初めて。海沿いのロケーションと、駅周辺にチェーン店が一切ない地元感が心地よくて、また来たいなあと感じました。

ここ最近の規制で、故郷の魅力を再発見しているような気がします。




関連記事

セブ島の食と物価 2015。

By: Chris Potter[/caption] 東京にいる時は毎晩自炊の私。野菜たっぷ

記事を読む

セブ島の孤児院訪問で彼らは何を感じたか。セブ島親子留学体験記。

さて、前回の続きです。 参考 成功体験は、作れる。 大人になってから思い返してみ

記事を読む

旅の荷物軽減計画 折りたたみシューズで問題発覚。

By: Grannies Kitchen[/caption] 旅の荷物を減らしたい、そして好きな

記事を読む

家を持たないホテル暮らしで困ること。

家を持たない生活をする人、増えているのでしょうか。 自分もそんな暮らしをしていた経験が

記事を読む

モアルボアルおすすめホテル。モアルボアル滞在記録 その2。

前回から少し間が開いてしまいましたがモアルボアル滞在記録の続きをば。 参考 モアルボア

記事を読む

旅の荷物、便利な小細工と必需品。

雑誌やサイトで 「女性の海外旅行の必需品は?」 などというお題でいろんなグッズを

記事を読む

開業50周年記念商品「こだま☆楽旅IC早特」が魅力的。

By: Takeshi Kuboki[/caption] しまった! 移動手段をまだ確保し

記事を読む

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

By: Alejandro Pinto[/caption] 身軽な旅をするならば荷物は最小限

記事を読む

灘の酒蔵巡り その2. 浜福鶴吟醸工房

灘の酒蔵巡り、続きです。 参考 灘の酒蔵巡り2015 今津郷、西宮郷、魚崎郷、御

記事を読む

君さえいれば何もいらない。セブ日記 2

本日のセブシティは晴れ、日中の最高気温は31℃。当然のことながら、夏である。 夏とくれ

記事を読む

Comment

  1. Maiko より:

    随分前から密やかに読ませて頂いています。そして今回、塩屋に行かれたということで…ごく個人的なことですが、数年前まで塩屋駅から徒歩1分のところに住んでいたので、懐かしすぎて初コメントです。今でも塩屋に戻りたいと時々思うくらい、良いところだと私も思います。

    そして住んでいたのにしろちゃん入ったことありませんでした。訪れたくださって、ありがとうございます。

    • crispy-life より:

      Maikoさん

      コメントありがとうございます。

      塩屋にお住まいだったのですね、羨ましい! 今回初めてあの辺りを歩いてみましたが、海沿いの景色も素晴らしいし、駅前のローカル感も好みすぎてグッときました。塩屋駅徒歩1分ってまさにあの辺りですよね。戻りたくなるそのお気持ち、よくわかります。しろちゃんもまた行きたいと思わせるいい食堂だったなあ。

      時折投下する散歩ネタに反応してくださるととてもうれしいです。気分は花の子ルンルン、いつかはあなたの住む街へ行くかもしれません。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

とうもろこしごはん献立
大好きなのに準備を怠るという失態。

奥さん、8月です。 大好きな夏がやってきたというのに、

東京大仏
推しの結婚、誰も傷つけない会話。

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え
毒々しい紺に魅せられて。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のな

炎症後色素沈着ケア大作戦。

体調不良によりしばらく節酒に務めておりました。あくまで「節酒

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑