新開地の貝つぼ焼きと、マスコット。

公開日: : 旅人への道, 食べること

kobe_18aw

貝のつぼ焼きは、わが故郷神戸の名物料理である。

その事実を知ったのは、昨年の年明けでした。

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

名物と知らなかったばかりか、食べたことすらない。これは必ず食べねばなるまい。恋い焦がれ、思い続けてていたまだ知らぬ故郷の味・貝つぼ焼き。この度の帰省でようやくたどり着きました。

新開地「大谷」の貝つぼ焼で飲む

ohtani_6

神戸、つぼ焼き、で調べてみると必ず出てくるのが新開地にある「大谷」という店。

地元以外の人には馴染みの薄いであろう新開地は、神戸の中心地である三宮から電車で15分西側、神戸市兵庫区にある歓楽街。そしてこの店は、明治から昭和中期まで花街であった福原エリアに位置しています。

兵庫区。正直、神戸に住んでいた頃は、用のないエリアだと思っていた。

特に神戸市東部在住の人間は、三宮を超えて神戸の西側に出向く行為からして稀なのです。東を目指して大阪や京都に行くことはあっても、長田や舞子には行かない。唯一の例外は、海水浴場のある須磨でしょうか。

須磨ドルフィンコーストプロジェクトと海の家。

私も青春時代はご多分にもれず三宮以西に疎い元神戸っ子でした。しかしこうして立派な酒飲みに育って帰郷してみれば、新開地あたりってのはなかなか興味深い酒場が多い。

話を大谷に戻して、貝つぼ焼です。

ohtani_7

のれんにも看板にもはっきりと「神戸名物 貝つぼ焼」と記してあります。

まずオーダーしたのはもちろん目当ての貝つぼ焼、そして瓶ビール。

ohtani_2

 

巻貝の中にはたっぷりの貝と三つ葉が浮かんだ貝汁。升に乗ってお出ましです。

貝を口にしたことがある大人であればこのビジュアルだけでおおよその味の想像はつくのではないでしょうか。その想像、多分あってます。それのすごくおいしいやつ、と思っていただければそれで正解です。

初めて食べるのによく知ってる味。そうそう、これこれ、ウンウン、と頷く香り。会いたかったよ、貝つぼ焼き。個人的にはさざえのつぼ焼きより、断然こっちのほうが好きだなあ。箸もいいけど、当たり前のようにテーブルに設置されている竹串で摘むのが気分かと思われます。

ちなみに、うつわに使われている巻貝はニシ貝で料理は大貝。中と外は別物です。

ohtani_3

えらく旨そうに見えただし巻きもオーダーしたところ、一同猛烈に気に入るつまみでした。

一言で言えば、辛い。塩辛い。ママがお弁当に入れてくれるだし巻き卵がだーいすき!な園児が泣いて逃げ出すレベルで辛い。子供にゃ早いが酒飲みのツボはビシバシついてくるイケナイ卵にうっとりします。つぼ焼きだけに。

ohtani_4

ビールを2本飲んだ後は冷酒にスイッチ。貝の旬は夏らしいけど、冬場なら熱燗でやりたい。のれんに「おにぎり」と書いてあるのは、この貝出汁をちょいつけしてお食べなさいってことなんだろうな。今回食べなかった貝のバター焼きも気になるし、貝出汁の雑炊も待ち構えているというから夢が膨らむじゃないですか。

場所柄一人でふらっと入れるような店ではないのかもと思っていたら、店内は想像以上に広く明るく席数多く、一見客がカウンター席で一人飲みも全然ウェルカムな雰囲気。年に1度は帰省してるんだから、もっと早く来りゃよかったよ。すっかり気に入ってしまいました。

==============
大谷
兵庫県神戸市兵庫区福原町15-16
078-576-1504

「丸萬」で飲む長田マスコット

maruman_1

せっかく新開地にきたのだから、もう1軒寄ってこうと、すぐご近所にある「丸萬」ののれんをくぐる。

時刻はまだ20時前というのに、店内はひっそりと静か。それもそのはず、このお店の営業時間はお昼前から21時過ぎまでとやや早仕舞い。早く飲んで早く寝る。健康的生活を維持したい大人にうれしい酒場です。

maruman_2

大衆酒場の何がいいってそりゃあなた、壁貼品書でしょう。「生ヤサイ」とか「小イモ塩」あたりの片仮名使いがイカしてる。

夜景をチラ見で地獄どうふ。大阪新世界はしご酒ツアー後編。

品書きにつられて小イモ塩。

maruman_5

後はイカゲソとかぎんなんとか各々目に付いたものをオーダーします。

ところで入店前に友人から

「丸萬のレモンサワーはマスコットなんだよ」

と聞かされてなんじゃらほいと思っていた私。なるほど、こういうことでしたか。

maruman_3

「マスコット」とは市内唯一の清涼飲料水メーカー、兵庫鉱泉所の炭酸水。長田区菅原通りにある昭和27年創業の老舗が製造しているレモン味のソーダです。

近頃はご当地ソーダなんてものを目にする機会も多く、こういう個人商店が生産する清涼飲料水があることは知っていましたが、詳しいことはわかっていませんでした。

リターナブルという商売(個店探求LOCALS)

時代は変わり、瓶の財産としての価値は無くなってきているが、今でも商売柄、瓶を失うのは耐えられない。ときどき、お祭りの際、イベント主催者等から購入の依頼があるが、使い捨てに慣れた消費者が瓶を捨てるのは忍びなく、割れたら危ないということもあって、別会社のプラスチック製の瓶を薦めている。

そうだ、そうだった。瓶って一方通行じゃなかった。子供の頃、近所の酒屋さんがいつも重たい瓶が入ったケースを家まで運んでくれてたっけと思い出す。我が家の場合はサイダー瓶じゃなくて、ビール瓶だったけど。

並々と焼酎が注がれたグラスを背景にしてマスコットを写真に収めていると、我々のテーブルにお店のおねえさんが現れる。あら、こっちにグラスおいたほうがいいんとちゃう?この角度のほうが綺麗やん、などと長年の接客で身につけたであろう華麗なディレクションスキルを発揮する。

今ではあまり見かけなくなった神戸の瓶ソーダ、写真を撮っていく人が少なくないそうです。

==============
丸萬
兵庫県神戸市兵庫区福原町27-5
078-575-4184

生まれ育った故郷といえども、未だ知らぬ街、知らぬ味は思いのほか多い。次の帰省時にもまた新たな酒場に出会えるでしょうか。

神戸で酒を呑むならば。




関連記事

tainandog6

台湾鉄道一人旅 番外編 台湾の犬アルバム。

犬が好きです。 猫も好きなのですが、どちらか選べと言われれば断然犬、と答える犬派です。その

記事を読む

神亀純米

埼玉の酒 神亀 純米辛口で晩酌 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢、蕪のナムル。

関東地方の旅、順調に推移しております。 関連 勝手に日本酒全国ツアー いつもはこ

記事を読む

subwaysta

僕らが旅に出る理由 その2 ~世界が広いことを知った30代~

40過ぎてシェアハウスに住んだり、どんどんモノを減らしたりしているのはいつも身軽でいたいから

記事を読む

By: skyseeker

せとかと甘平を食べ比べてみた。

By: skyseeker[/caption] 毎日の晩酌日記と共に記録していた今月の「お遊

記事を読む

わかめ炒め献立

わかめ炒め、なめこおろし献立。

生わかめを油で炒めたものが好きでよく作るのですが、毎度わかめを準備している時に 「これ

記事を読む

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ

秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

秋刀魚、まだまだ行きますよ。 前回は贅沢(?)にも好物の秋刀魚を味噌汁に入れました。

記事を読む

141123d3

家飲み献立 11/23 ベーコンと白菜のスープ。

今夜は少し遅くなってしまったので昨日に引き続き軽めのディナーです。 軽め、といっても酒は呑

記事を読む

shibuya.min

僕らが旅に出る理由 その4 ~世界は広がっていなかった~

10年って人や環境が変わるのに十分な長さなのだなあと改めて思います。 2004年、まだ

記事を読む

By: Nicolás Boullosa

やっぱり私は贅沢がしたい。

By: Nicolás Boullosa[/caption] モノは少なく、家は小さく。

記事を読む

150130d2

肉豆腐の卵とじ、白菜とツナの温サラダ。

東京もうっすら雪が積もった今日。 昨夜から今日は寒くなると覚悟してはいたけれど、久しぶ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

noname
働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定して

トルティージャの献立
トルティージャとビーツのワンプレートでスプリッツアー。

休肝+断食明け、久しぶりの家飲みは軽めにしておこうと考えた本日

shinbashi_7
忙しい毎日のメリット、仕事はないよりあるほうがいい。

ただでさえ気忙しい師走に、何を思ったか仕事を1本増やしてしまい

ねぎ卵丼献立
玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立。

味噌汁とごはんメインの晩ご飯「普通においしい」献立シリーズ。

1812_kinugawa_23
ペットと泊まれる宿は、朝夕部屋食がうれしい。

おばさんと猫の温泉旅、続編です。 今回の温泉旅行のメイン

→もっと見る

PAGE TOP ↑