リュックサックしょって街に出ない。

公開日: : ファッション, 旅人への道

tokyostation

出かけるタイミングだったからか、ここのところやたらと鞄の話ばかりしています。

秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつでまかなえるか。

鞄繋がりでリュックサックのことを考える。

リュックサック。担げば両手がフリーになるという圧倒的利便性からか、世代を問わず愛用者の多い、あのリュックサック。私はここ20年くらいは背負ってないのではなかろうかと。



リュックサックの恐ろしさ

先日も旅荷物について討論していて

「散策メインの一泊旅行程度なら、やっぱりリュックが便利だよね」

という流れになる。

確かになあ。

リュックはそこそこ大きいサイズを持っても見た目バランスがおかしくならない。そして同じ重さの荷物ならば片側にプレッシャーを掛ける作りのショルダータイプよりも、両肩に等しく仕事をさせるリュックの方が体への負担も少ないでしょう。腰とか。

軽い鞄、汚れた女疑惑のその後。

しかし旅行に限らずリュックサックは持たない、持てない、持ちたくない。その理由は怖いから。自分の背中に荷物がある。その状態が心底恐ろしいのです。

恐ろしさの種類はふたつあり、その1、重心が後ろ側にあることへの物理的な怖さ。その2、自分の目と手の届かないところに荷物があるという防犯面からの怖さ。

重心については鈍臭い人間の悲しい性というか、とにかく怖いとしか言いようがありません。リュックが何かに引っかかって引っ張られたらひっくり返っちゃうじゃないか、という怖さ。そんなケース滅多にないだろうけど。

防犯についてはとにかく旅先で嫌な思いをしたくないという小心さのゆえの怖さ。現金やカード、携帯などの貴重品をボディバッグなどで別持ちしていれば大打撃は受けないけれど、例え被害はなくとも知らない人に鞄の中身を探られでもしたら、と考えただけでもうゾゾゾ〜、となるのです。

軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

リュックサックしょって街に出ない

daikanyama35

ところで少し前、トイレで財布を拾いました。

個別店のそれではなくテナントビルの共用トイレだったので拾得物の届け先がわからず、かといってわざわざ探すのも面倒。結局ビル内のカフェに託すことにして、若い女性スタッフさんに声を掛けると

「それ、私のです!ありがとうございます〜」

というまさかの展開になりビビりました。他にもたくさん店舗入ってるビルだったし、カフェには他のスタッフさんもわんさかいたのに、偶然本人に直接手渡せるなんて、そんなうまい話ある?

あったんです。

驚きましたが、無事本人の元へ戻ってよかったです。だからってわけでもないけど、世界は割と幸運な偶然に満ちており、そんなに怖いところでもないよね、と、常日頃から思っています。

世知辛い世の中を作っているのは誰だ。

なのに転倒や防犯を恐れてリュックすら背負えないという矛盾。なんだこれ、単にデザイン的好みの問題なのか。リュックについてまわるアウトドア風味が苦手なだけか。

荷物を持たないバックパッカー。

見てる分には確実に便利そうでも、今後もリュックサックしょって街に出ないだろうなあ。しかも緑なんて絶対ない。ランドセルより好きなんだけど。古い。

 




関連記事

Hualien_112

台湾一周一人旅 松園別館に鉄道員の古写真。花蓮の街散歩。

台湾一周の旅、7都市目となる花蓮に到着しました。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

記事を読む

益子駅

益子の見どころ、楽しみ方 益子陶器市体験談 その3

長々と書いてきた益子陶器市記録。 関連 やきものライナーで行く 益子陶器市  その1

記事を読む

hongkong_xmas26

大満足の年の瀬に。

香港旅行記がまだ途中ではありますが。 関連 香港年末一人旅 クリスマスの過ごし方。

記事を読む

malloni

少ない服でも頭を使う必要大ありの秋。

どれだけ服を減らそうと、手持ちの洋服を満遍なく着こなせるはずもなく。 特に秋物ってのは

記事を読む

マドリード王宮

スペイン・マドリードの旅2015。

念願のスペイン旅行。 バルセロナから移動してマドリードに来ています。 なんとなく

記事を読む

ines

Ines de la Fressange×UNIQLO をチェックしてきた。

先日から気になっていたユニクロのイネスコラボコレクション。 今日大型店舗の近くを通りかかっ

記事を読む

By: Maurizio Costanzo

今日捨てたもの 3/14 20年後に選ぶ靴。

By: Andrei Dimofte[/caption] のんびりしていたらもう3月半ばじゃ

記事を読む

awaodori_15

阿波おどり会館でダンサーとしての矜持を見せる。高速バスで行く徳島の旅 その4

一泊二日の徳島の旅、いよいよメインイベントを迎えます。 神戸から高速バスで行く徳島の旅

記事を読む

dg2

執着心の強い女の持たない暮らし。

By: Kylir Horton[/caption] 次回の旅の計画をしています。 ち

記事を読む

By: Shaun Fisher

おしゃれコンプレックス 楽しくて難しい買い物の話。

奥さん夏です、7月です。 というわけで、いつもの定例ポストです。毎月月初に捨てたものと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

tokyotower25
大変そうと労われるより、楽しそうだと笑われたい。

扱い慣れないデータを、これまた扱い慣れないツールを使ってどうこ

tainan-hotel10
トランクひとつで暮らす未来は、すぐそこに。

一人身で持ち物も少なく、身軽なので、引っ越しが好きです。ひとと

肉じゃが献立
はちみつ肉じゃが、生白菜の梅おかか和え献立。

先日塩味ポテトサラダにした赤いじゃがいも。 豚とちぢみほ

ny_dt_19
お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌

190204_gohan_9
休肝日ごはん 納豆チャーハン、白菜の黒酢スープ献立。

休肝日の晩ご飯、またまたチャーハンの登場です。 前回はシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑