ペットと一緒に温泉に泊まろう。日本散歩・栃木県

公開日: : 最終更新日:2018/12/07 旅人への道 ,

1812_kinugawa_4

東京から車で約3時間。栃木県日光市・鬼怒川温泉に猫2匹を連れて遊びに行ってきました。

近頃は犬や猫と一緒に泊まれるホテルや旅館が増えている。情報としては知っていましたが、自分がペット連れで外泊するのはこれが初めて。

さらに、犬についてはそこそこの知識はあるものの、猫とは懇意になったことがない。私にとって全く未知の生物との温泉旅行とは果たして。

おっかなびっくり参加した猫温泉ツアーではありましたが、なかなか楽しい旅となりました。



猫を連れての車移動を試してみる

今回の旅の趣旨は、猫の車移動及び外泊お試し。

最近猫を飼い始めた友人が、年末年始の帰省に猫を連れて帰るか否かを迷っており、

「うちの子が長時間の車移動や実家での寝泊まりに耐えられるかどうかテストしたい」

と発言したことで実現したのでした。確かに、犬ならば毎日散歩に連れ出すので外出自体は慣れっこだけれど、猫は基本室内飼いだから、移動にもなかなか気を使いますね。

ということで、今回の旅はれっきとした温泉旅行ではあるものの、行き先選定条件は宿の善し悪しや食事が云々ではなく、

  • 東京から2~3時間で行ける程よい距離感
  • ペットと同室で泊まれる宿

この2点。鬼怒川温泉にちょうどよさそうな温泉旅館があったので、大人4人と1歳に満たない猫2匹で出かけたというわけです。

1812_kinugawa_6

ケージに入れられ怯える猫。

おばさんの1泊温泉旅行、人の荷物は少ないけれど、猫らの準備でかなりの大荷物。餌やおもちゃといった細々したものからトイレ、トイレ砂、車内や宿泊先でも落ち着いて過ごせるようにとドームまで、猫の生活用品一式を車に詰め込み出発です。

1812_kinugawa_1

安全のため、車内では猫用ハーネスを装着。

 

ケージからは出して、ある程度自由に過ごせるようにしていたものの、猫1はずっとニャースカニャースカと不満を口にしていました。どうやら車の振動がお気に召さないご様子。猫2も同じく不満そうではあるけれど、こちらはどこか観念したような表情も浮かべておりました。

1812_kinugawa_2

途中羽生PAでお昼ご飯。ラーメンやらカレーやらフードコート状態になっていて散々迷ったけど、たっぷりのわかめに惹かれてうどんを食す。この間猫ズはもちろん車内でお留守番です。

1812_kinugawa_3

この日は快晴、そして東北道はガラ空き。

1812_kinugawa_5

高速を降りたあたりから紅葉もバッチリ楽しめて、人間にとってはのんびり楽しいドライブでありました。

すごい空間支配力。

目的地に到着する頃には猫ズもしぶしぶ車内に慣れた様子。本当に、かなりのしぶしぶ具合ですけども。猫は車移動が平気か否か。この辺りはかなり個体差があると思われます。彼らはどうやら苦手そうだったけど、全然平気な猫もいるのではなかろうか。

きぬ川国際ホテルはペット同室宿泊温泉宿のパイオニア

1812_kinugawa_7

今回宿泊したのはきぬ川国際ホテル。東武線鬼怒川公園駅からも徒歩15分程度なので、電車旅でも問題なさそうです。

1812_kinugawa_8

THE・温泉宿!といった佇まいの老舗旅館は悪く言えば旧びた、よく言えばアットホームな雰囲気。しかしながらその界隈ではかなり有名なペット宿泊温泉宿なのです。

当館は1986年より日本で初めてペット同室宿泊を歓迎し、たくさんのペットちゃんにご宿泊いただきました。現在では98%のお客様がペット同伴です。

なんとその道30年!まさしくペット宿泊のパイオニア。30年前はまだ犬猫連れてのレジャーなんて一般的じゃなかっただろうに、なかなか先見の明がある宿ではないですか。ヨッ!この商売上手!

1812_kinugawa_9

到着後すぐ、このパネルを設置しての記念撮影サービスがあります。いなたい、いなたいなあ。でも、嫌いじゃないよこういうの。

1812_kinugawa_10

車の振動からようやく解放されたと思ったら、よくわからないところへ通されて困惑気味の猫ズ。

1812_kinugawa_11

館内にはドッグランや犬専用温泉(!)なども完備。同日宿泊ファミリーの犬同士を遊ばせてワイワイやる「ワンワンコンパ」なるイベントも常時開催されているのだとか。

「本日はお客様の他にも猫ちゃんいらっしゃいますよ。あとはチワワ様やシュナウザー様ですね」

とにこやかに話すフロントの男性。シュナウザー様ってDMCかと思っちゃったじゃないか。あれはクラウザー様か。 初めての旅行でビビりまくりの猫ズはコンパに参加することなく、そのままお部屋でまったりします。

1812_kinugawa_12

さてお部屋は明るい日差しの入る見晴らしのよい和室。

1812_kinugawa_16

窓の外には赤く染まる山が広がる。古さは否めないけれど、きちんと清潔で気持ちのいいお部屋です。

1812_kinugawa_13

ペットシーツやお皿、毛取り用のコロコロまで、猫グッズも完備。

1812_kinugawa_14

猫の遊び場も。ここは猫専用ルームなんだろうな、きっと。

部屋到着後すぐに室内を念入りに調べ始めた猫1と、飼い主の鞄に入ったまま微動だにしない猫2。兄弟猫でも性格は違うもんだねえと猫ズの行動を興味深く観察する。猫1のほうが活発で好奇心旺盛っぽいんだけど、猫2のほうが車では落ち着いてたんだよなあ。面白いね。

1812_kinugawa_18

しばらくするとこの部屋が安全であると認識したのか、キャッキャと遊びまくる猫ズ。ちゃんとタワーとかおもちゃとかあるのに、遊んじゃいけないところに入って遊びたがる、これぞ猫。こらこら、私のコートを引きずり出すんじゃありません。

つづく。

 




関連記事

hongkong-foods-13

一人飲茶を堅尼地城で楽しむ 香港一人旅で食べたもの その3。

年末から続いていた香港一人旅記録、今回がラストです。 香港年末一人旅 クリスマスの過ご

記事を読む

nagata1

鉄人28号モニュメント 神戸、長田にて。

久しぶりに神戸の街をぶらぶら歩いたのでその記録を。 まずは用事があり立ち寄った長田で。

記事を読む

By: Steven S.

21世紀の英会話 高城剛氏はなぜこの本を書いたのか。

By: Steven S.[/caption] 先日、私が英語を学び始めたのは40歳を過ぎて

記事を読む

益子駅

益子の見どころ、楽しみ方 益子陶器市体験談 その3

長々と書いてきた益子陶器市記録。 関連 やきものライナーで行く 益子陶器市  その1

記事を読む

tainan-hotel14

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

By: Alejandro Pinto[/caption] 身軽な旅をするならば荷物は最小限

記事を読む

suma1608_25

須磨ドルフィンコーストプロジェクトと海の家。

そもそも観光地的なところへはあまり足を運ばない性質なのですが、それが慣れ親しんだエリアでの滞

記事を読む

cebucity1608_2

男の家事のクオリティ 汚れたトートバッグを人様の家で洗濯する。

軽くて大きい、はいいけれど、さすがに普段使いするにはちょっと。 関連 重視すべきは大き

記事を読む

setagaya_22

買わない生活の清々しさとルールブック。

買い物好き、買い物上手な人は、買い物に時間をかけるのでしょうか。それとも、即決即断即購入、以

記事を読む

gray's papaya

ハンバーガーにホットドッグ、ニューヨークで食べたもの その1。

食事は旅のお楽しみのひとつ。 その土地ならではの味や雰囲気、匂いなんてものを求めてさて

記事を読む

naia_10

マニラ空港ターミナル2での夜明かし、ターミナルフィー2016。

とにかく時間を潰す場所が少ないフィリピン・マニラニノイアキノ国際空港(NAIA)。 こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sugamo2_19
仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっ

あさりと白ねぎライム塩
あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料

hochiminh_foods_26
ホーチミン一人旅で食べたもの、コムタムとフーティウコー。

ベトナム一人旅の食記録、パート2です。 ホーチミン一人旅

stand_m
減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね

小松菜の卵とじ献立
小松菜の卵とじ、キャベツと蒸し鶏のわさび和え献立。

お久しぶりの、晩酌献立です。恥ずかしながら帰ってまいりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑