慌ただしい日々、悪いことばかりでもない。セブ日記 14

公開日: : 最終更新日:2019/10/23 旅人への道, 英語

cebu-diary-143

驚くことに、残すところあと2日である。

関連 大人の短期英語留学記録 「セブ日記」

4週間という短期決戦。あっという間に過ぎるだろうとは予測していたが、こんなにもあっけなく終わるとは、という感じである。まだ終わってないけれど。

本日のセブシティは晴れ、日中の最高気温は30℃。週間天気予報をチェックしてみると、やはり週末は雨予報となっている。エメラルドグリーンの海を眺めながらビールを飲む至福のひととき、今回は叶えられそうもない。



テキスト付属の音声がやたらと遅く感じる

最終週のみ受講クラスを変更した関係で、持参したテキスト以外のものを使っている。

関連 フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由

自身で購入したテキストに関しては事前に付属CDをみっちり聞き込んでいたのだけれど、今週使用しているものは初めて耳にする音声。もはや耳に挿しっぱなし状態であるウォークマンに音声を取り込み、音読学習で使用しようと試みたものの、遅い。スピードが遅すぎる。

ゆっくりな分クリアに聞き取れるのはいいが、あまりにもスロー過ぎて、連続して聞くのはかなり苦痛なのだ。

これはちょっと使えないなあ。と、一瞬諦めかけたけれど、そうだそうだ、このウォークマンはスピードコントロール機能が付いているではないか、と思い出す。早速速度を1.25に設定して再度トライ。ストレスを感じないスピードになった。

これに味をしめ、瞬間英作文的トレーニング用に繰り返し聴き続けている教材のスピードも同様に上げてみたところ、なぜか自分のレスポンス速度も上がり驚く。脳にいい感じの負荷がかかったことで反応がよくなるのかなんなのか。これはちょっとした発見だ。

リスニングスキルが飛躍的に向上した、とかそういううれしい話では到底ないが、さすがにビギナーレベルは脱したか(今更)。英語に再挑戦し始めた当初はもっと容易な音声でも全く聞き取れず途方に暮れていたことを考えれば、牛歩といえども進歩は進歩。今後も諦めずに継続していければあるいは、とわずかな希望が湧いてくる。

慌ただしい日々、悪いことばかりでもない

cebu-diary-141

音声速度を上げたことで効果を時間。しかし、私は慌ただしさが殊の外苦手である。

関連 短所はこの際おいといて、もう長所に注力する。

毎日10数時間も英語漬けという状況はただでさえ忙しないというのに、聞いている音声のスピードまで上げてしまったらなんだが気分がワチャワチャして落ちつかない。既に40年以上もたっぷりしっかり生きてきてこんなことを言うのも厚かましいが、なんとなく生き急いでいる気分になってしまう。

が、慌ただしい日々も悪いことばかりじゃないな、と実感している。

現在ここにいるのはほとんどが大学生かジョブチェンジ期間中の若者だけれど、中には私同様フリーランスで少なからず仕事を持ち込み勉強と両立させている大人の留学生もいる。そして、みんな言う。

「忙しいながらも、勉強と仕事どちらもなんとかこなせているのだから、自分は普段からもっとできるのでは」

と。

もちろん、語学学校での生活は掃除洗濯食事の支度などの家事雑事を一切合切おまかせしているからこそ成り立っているもの。

関連 大人の短期語学留学ライブ記録 1週目を終えて。

普段の生活ではなかなかこうはいかない。社会人が仕事をしながら5時間、6時間と勉強の時間を作ろうと思えば睡眠時間を削る以外に方法はない。

それでもやはり、普段の生活は余裕をかまし過ぎているなあと痛感する。のんびりするのは好きだけど、やりたいことをやるために多少の忙しなさを受け入れる柔軟さがあれば、幾分可能性が広がるのではないか、と。

いつか終わるとわかっている非日常では快活さを遺憾無く発揮し、日常に帰ればあたかもこれが永遠に続くかのように振る舞い、無意味に時を浪費する。いずれも限られた時間であることには変わりないのに、どうしてこうも区別してしまうのだろう。

今日の食事

  • 朝 パン、コーヒー
  • 昼 豚肉のアドボ、かぼちゃのにんにく煮、もやしナムル、空芯菜炒め、ごはん、そうめん入りスープ、すいか
  • 夜 フライドチキン、青梗菜炒め、いんげんの煮もの、ヤングコーン、ごはん、野菜味噌汁(持参品)、パイナップル

昨夜日課のウォーキングのついでにパンを買ってきたので、朝はそれで済ませた。シュレッドチーズがのった素朴なパン、ひとつ10ペソ(約23円)。

これまで他の生徒さんと外食などしていなかったのだけれど、私が今週で卒業ということで、みんなでどこか行きましょう、ということになっている。さて、どこに行くか。皆真面目に勉強しておりまったく遊び歩いていないのでフィリピン料理店に行ってみたいなどと言うが、普段学校で出ている食事は十分にフィリピンテイストであるのでさて、と思わなくもない。

なんにせよ、あと2日である。

つづく

 

 




関連記事

モアルボアル旅行記

モアルボアルへの行き方。モアルボアル滞在記録その1。

セブ島滞在中、3泊4日でモアルボアルに行ってきました。 モアルボアルは旅行者に人気のダ

記事を読む

naia_10

マニラ空港ターミナル2での夜明かし、ターミナルフィー2016。

とにかく時間を潰す場所が少ないフィリピン・マニラニノイアキノ国際空港(NAIA)。 こ

記事を読む

hochiminh_foods_26

ホーチミン一人旅で食べたもの、コムタムとフーティウコー。

ベトナム一人旅の食記録、パート2です。 ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。

記事を読む

travel3

僕らが旅に出る理由 その3 ~あまりに辛い変化~

40過ぎたというのに若い人が中心のシェアハウスで生活しながら日々モノを減らす作業を続けている

記事を読む

siliconvalley

英語の勉強に役立たない海外ドラマ。

めちゃくちゃ面白かった〜!と言ったら、友人に軽く苦笑されました。 限りある貴重な時間を

記事を読む

東京タワー

東京の中心で、エクスキューズミーと叫ぶ。

東京は夜の7時。約束の場所へ移動するため、地下鉄の駅へ向かう。 深くて安心、大江戸線の

記事を読む

cebu-esl-1w3

ものがない、服もない。ないないづくしの快適さ。

この4週間書き続けてきた滞在日記。最初から計画していたわけではないのだけど、途中からは意図的

記事を読む

ねぎ焼きそば

香港・上環 安利製麺の鶏蛋麺でねぎ焼きそば。

昨年末、フィリピンからの帰り道にふらりと立ち寄った香港で、自分土産として麺を買い求めておりま

記事を読む

Kaohsiung_lunchbox_34

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その5. 高雄駅 台鐵豬腳便當。

台湾を鉄道でぐるりと一周する旅も既に5都市目。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

記事を読む

cebu-diary-06-2

今見えている現実は真実ではない。セブ日記 10

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように青い空なのだから、そろそろまた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

yamanashi_23
ぶどうがぶらぶらぶら下がる勝沼の非日常。日本散歩・山梨県

初めての山梨旅行、つづきです。 河口湖畔で別荘遊び 日本

焼き厚揚げおろし和え
焼き厚揚げおろし和え、ごまみそキャベツ献立。

その瞬間は嬉々として箸をつけているのに、後で見返すとこれはあん

new-glass
中途半端でちょうどいい。

100年ぶりにメガネを新調しました。 遠距離中距離近距

yamanashi_13
河口湖畔で別荘遊び 日本散歩・山梨県

少し前のことですが、念願の山梨に行ってきました。 今まで

焼ききのこ、たことセロリのサラダ献立。
焼ききのこ、たことセロリのサラダ献立。

先日さんま用に調達したすだちが余っている。 さんまの酒蒸

→もっと見る

PAGE TOP ↑