秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつでまかなえるか。

newbluebag

約2週間の旅の荷物。

冬場は難しいとしても、今の時期ならば普段使いのナイロントートで十分まかなえるのではないでしょうか。

使い勝手全振りトート 女の価値は鞄でわかる。

おそらく問題は、アレとアレだけ。




2週間の旅、トートバッグでまかなえるか

smb1709_2

アレ、とはパソコンとカメラ。

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

どれだけ鞄を軽くしようが、服を減らそうが、この大物2点の存在がいつも私に重くのしかかるのです。なんでもかんでもスマホでやってしまえるのっていいなあ、という憧れは持ちつつも、こればかりはどうにもなりません。

パソコンはもういらない?PCを処分してスマホで全てをまかなえるか。

実際荷物を作ってみれば、今の時期なら洋服はそうかさばるものもないし、デニムなど持ち運ぶには重いものは着て運ぶ作戦を選択し、カメラを外持ちにすると想定すればナイロンバッグになんとか収まると踏みました。ポケットが多いこともあって、想像以上の容量があるなあと、改めて。

が、あれこれ検討した結果、「大きくて軽い鞄」で出かけることに。

軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

ナイロントートでもなんとかなりそうなんだけど、ギリギリのパツンパツンに詰まってるのもなんだか不細工だし、こういう時に使わねばせっかくの大きい鞄の出番がいよいよなくなってしまうし。

ということで、今後は2~3泊までならナイロントート、それ以上は大きい鞄、重さが出るときはスーツケース、という棲み分けになりそうです。

荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

最近は宿泊を伴う旅にはそう頻繁に出かけられてはいないのだけど。

2週間の旅の荷物・秋

yarnzs

さて、残暑が厳しいといっても9月も半ば。そろそろ真夏の装いってわけにもいかないし、季節の変わり目は洋服選びが難しいですね。今回も限りなくラフなスタイルで乗り切れる旅なので

  • 長袖Tシャツ
  • 半袖Tシャツ
  • カーディガン
  • デニム
  • コットンパンツ
  • スニーカー
  • ストール

この辺りをローテーションで着回す感じになりそうです。THE・簡素。ていうか、最近カジュアルは完全にパターン化してるなあ。まあ、新しい服をほとんど買っていないので、当然だけども。

1年間服を買わずに過ごした結果。

以前仕事でちょうどこの時期から2ヶ月程度の地方勤務になったことがあるのだけど、寒い地域での滞在だったというのに夏服しか持って行っていなくて薄ら寒い思いをしたことがありました。確か現地で仕方なく何枚か買い足したような記憶が。

ちゃんと現地の気候と季節感考えて荷造りしろよって話なんですが、何しろ朝会社に行ったらハイ、今から帰って荷物まとめて急いで空港行ってね、で、そのまま彼の地に2ヶ月滞在してね。という超スピード案件だったもので、のんびり考えてもいられなかったんだよね。

こうして書き出してみればなんとなくブラックな香りも漂うけれど、それはそれでネタなので、今ではいい思い出です。

 






関連記事

osaka_shinsekai_2

新今宮から通天閣を歩く 大阪新世界はしご酒ツアー前編。

久しぶりに大阪に遊びに行きました。 平日の昼下がり、神戸からJRに乗って、目指すは環状

記事を読む

40代女性 カジュアルコーデ

買いすぎ症候群から買えない症候群へ。

By: dvdmnk[/caption] 手持ちアイテムの魅力再発見キャンペーン、未だ継続中

記事を読む

closet

“BRAND COLLECT” にブランドアイテム買取を依頼してみた。

先日ZOZOとBrandearで買い取ってもらえなかったアイテムが返送されました。 >

記事を読む

kobefood1608_8

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

これって方言だったんだとかてっきり全国区だと思ってたわ、みたいなことがこの歳になってもまだあ

記事を読む

By: Lauren McKinnon

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「

記事を読む

pastel.min

シンプルな暮らしがあなたを豊かにする21の理由。

Facebookでこんな記事が流れてきました。 >>参考 「シンプルな暮

記事を読む

春の初めのコーディネイト

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と

記事を読む

ロルバーンノート 使い方

優柔不断な女の片付け。

「crispyさんの顔を見るの、すごく久しぶりな気がします!」 今まで話したことのない

記事を読む

By: Stefano Mortellaro

おもたせ、お土産、お礼に挨拶。さて、何を持っていく?

By: Kumon[/caption] 諸事情で友人にちょっとした品を用意することになりまし

記事を読む

takamatsu_103

特別名勝 栗林公園で緑の洪水に溺れる 高松日帰り弾丸旅行 その3。

深夜便のフェリーで神戸から高松へやってきた日帰りの旅。 高松からことでんに乗って、まず

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

new-ipod
携帯電話を持たない人、電話で会話したい人。

相変わらず電話が苦手なので、通話頻度は減少の一途を辿っています

秋刀魚のしょうが蒸し
秋刀魚のしょうが蒸し、キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え献立。

さんま、サンマ、秋刀魚の季節になりました。 今年は豊漁と

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

→もっと見る

PAGE TOP ↑