音声入力で「自分の人生ロクでもないことばかり」をなくす方法。

公開日: : 最終更新日:2020/05/13 生き方と考え方




音声入力に初めてチャレンジしてみました。昨日書いた記事がそうです。

才能に頼らない方法 正しさとパッションの間で。

チャレンジのきっかけは、長年読んでいるブログ。音声入力を使ったというブログ記事が、普段の筆記と寸分違わぬ出来だったので、興味が湧いたのです。

人間の書き言葉と話し言葉は、大きく乖離しているケースが多い。これまではなんとなくそう思っていました。なのにこんな風に「書くように話せる」人もいるのか!そんな驚きから、自分もチャレンジしてみたくなりました。

音声入力でブログが書けたら、本業の原稿も寝転んだまま余裕で書けちゃったりする、かもしれないし。

音声入力の精度に驚く

早速メールの下書きをセット。マイクに向かってペラペラペラリと語り続けてみたところ、漢字変換精度の高さにびっくりしました。

誤字脱字はほとんどなく、同じ音の単語でも正しい漢字に変換する素晴らしさ。おそらく、前後の文脈から瞬時に判断しているのでしょう。

業務効率化を図るべく、これまでもインタビューの文字起こし自動化には何度かチャレンジしたことがあります。Googleドキュメントの文字認識が優秀だと聞き試してみたのですが、録音された音声ファイル、しかも複数人数の会話は苦手なようで、全然認識してくれず。ダメだこりゃ、となりました。

それなりの設備投資をせず、ごく一般的なPC環境にて音声ファイルを自動変換するのは、今はまだ難しいみたい。でも、リアルタイム音声入力は、驚きの進化を遂げているのですね。

ここまできたら、なんかもう怖いわ。

スマホの音声認識精度は、個人のブログ記事程度のライトなものなら、十分実用に値するレベルになっています。でも私は結局、音声入力したテキストをベースに、パソコンでかなり手直しをしました。

そりゃ、まともに話せないんだから、当然の結果と言えましょう。

話し方教室に行きたい。

入力後そのままアップできる状態になるには、話す訓練が相当必要かと思われます。逆に頭からお尻までかっちり構成(ていうほどのモンじゃないが)して、理路整然と淀みなく話すことができる人ならば、もう音声入力のほうがラクで早い、かも。

「自分の人生ロクでもないことばかり」をなくす方法


仕事にはまだ使えない、ブログ記事にするにも相応の技術が求められる。となれば、現時点で音声入力をおすすめできるのは「日記」ではないでしょうか。

以前何かの本で、日記の効果は「特別じゃない記録」が残ることだと読んだ記憶があります。

人間の記憶力は、あてにならない。

メモのちからと超スピード文章術。

よって、長年覚え続けていることといえば、すごくいいことと、めちゃくちゃ嫌なこと。つまり、よくも悪くもインパクトの大きい出来事しか残りません。でも、日々日記をつけていると、明日には忘れてしまうような瑣末な出来事さえ書き記すことになる。

「自分の人生ロクでもないことばかりと思ってたけど、日記を読んでると『ロクでもないこと』よりも『良くも悪くもないフツーのこと』のほうが圧倒的に多いんだな」

そう気づく効果が、日記にはあるのだとか。

…なんだかひどく暗く、消極的な使い道のような気もするけれど、まあ一理ある。日記の中で明るかろうが暗かろうが、自由だし。

悪いことばかり記憶し、反芻してしまう癖のある人にとって、日記はお守りのような存在になり得るかもしれません。

しかし、日記って続かないじゃないですか。三日坊主界のトップランナーじゃないですか。書くのめんどくさいじゃないですか。そこで音声入力ですよ。

寝る前にベッドに入って

「4/27、午後から雨。ずっと家にいて退屈なので部屋の片付けをしていたら、コートのポケットから千円札が出てきて思わず小躍り」

みたいなことをぶつぶつ言えばいいんだから、こりゃシンプル・便利ですね。さあ、レッツぶつぶつ。

 




関連記事

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

休みの日に連絡しても絶対に反応しない後輩。

たのしいたのしい年末年始休暇も終了し、世間はすっかり通常モードに戻りましたね。もちろん私も戻

記事を読む

東京タワー

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

1LDKなんて絶対反対断固拒否。私の部屋がないじゃないか。 そうひと暴れしてから早数ヶ

記事を読む

ブロガーの芸風が変わる恥ずかしさ。

奥さん、5月です。 写真は2年前のこの時期に撮影した鯉のぼりであります。 京成江

記事を読む

自分を疑え。

By: Kanko*[/caption] 今年やりたいことを紙に書き出しました。 え、

記事を読む

本当は一人で生きてるわけじゃないけれど。

By: isvend09[/caption] 先日ブログ開設2周年を機にブログ運営まとめ的な記事

記事を読む

働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定しております。 人生100年

記事を読む

おひとりさま、寂しい老後の真実は。

おひとりさまの老後、といっても自分のことではなく、母について。 老後も何ももう80手間

記事を読む

yuming

くさったおばさんと、恋のうた。

小さい頃は神様がいたっけかなあ。不思議に夢を叶えてくれたりしたかなあ。 20数年前、当

記事を読む

忙しい毎日、大人のお得な現実逃避のすすめ。

国外へ転居する友人が、出発当日フライト3時間前まで必死で荷造りしていたという話を聞き、気が遠

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだとい

マスクを外す、その日が怖い。

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタ

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

→もっと見る

PAGE TOP ↑