大変そうと労われるより、楽しそうだと笑われたい。

公開日: : 最終更新日:2019/02/22 生き方と考え方

tokyotower25

扱い慣れないデータを、これまた扱い慣れないツールを使ってどうこうしなくちゃいけない、という頭の痛い謎仕事があり、珍しく深夜まで格闘しておりました。

大昔はこういうの、全部手作業だったよなあ(時代)。

いつのまにやら便利な道具がたくさんできて助かる。がしかし、使いこなせるだけの知識も、一から勉強する時間も今はない。こうやって基礎がなっていないまま使い続けても、正しい形で身につかないんだよな。急がば回れとはよく言ったものよのう。

頭の片隅で蠢く雑念を振り払いながら、どうにか完成系に到達することができ、やれやれなのでした。

大変そうと労われるより、楽しそうだと笑われたい

tokyotower9

新しいことに手を出すとやること満載手一杯で、脳みそパンクしそうだわ。友人にそうこぼしたら

「ま、なんだかんだで楽しそうだよね」

と言われて、そうかそうか、と、妙にうれしくなる。なんだ、楽しそうにしてたのか、と。

事の重大加減に差はあれど、誰もが日々いろんな問題に対峙しながら過ごしているのだと思っています。

私が一番大変で、こんなに頑張ってるのに、誰もわかってくれない。

私自身はデタラメな生活を送り続けているので、さほど大変な場面に遭遇することはないけれど、こんな風に眠れない夜を過ごすことだってある。悩みで頭がいっぱいになって眠れないのではなく、単に時間が足りなくてだけど、ある。

あなたの仕事は、なぜ終わらないのか。

ヘンに忙しぶったり寝てない自慢をしたりする気はもうない。というか、そこまでの気力も体力もないので若い頃のような動き方はできないけれど、この歳になっても落ち着くことなく、日々悪戦苦闘しているさまを

「楽しそう」

と表現されるのは案外悪くないな。と、変なところで満足しました。

人間は共感されるとよろこぶ生き物らしいが、大変そうと労われるより、楽しそうだと笑われたい。楽しいか、楽しくないかで言えば、渦中にいる時は全然楽しくないし、時間が足りなくて焦るのが大嫌いな私にとって、迫り来るリミットは普通に地獄なんだけど、地獄絵図の中でもまるで遊んでるように見られてるって、いいな。

大体仕事ってのは、お金もらってゲームしてるようなものだもんね。RPGじゃなくて、現実社会でできる超絶リアルゲーム。そんな感覚でいたら、遊んでるように見えるわな、と、これまたヘンなところで満足しました。

都合の良い思い込みを活用しながら生きていく。

 




関連記事

半世紀生きてなお続くアップデート。

WordPressのバージョンを5.8にアップデートしました。 WordPr

記事を読む

シンプルに生きるためのポータブルスキル。

私がモノを持たない生活をしている一番の理由は移動しやすくするためです。引越し作業というのは何

記事を読む

自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年ぶりとかそれ位。 お互い

記事を読む

今日捨てたもの

女が服を、捨てる時。

久しぶりに服を捨てました。 捨てたのは、シャツ、ブルゾン、コート、Tシャツ、スエット、

記事を読む

誰だって、いつでもいちばん欲しいもの。

今回のセブ島滞在では多くのセブっ子と話す機会があったので、ネタになるかなという軽い気持ちで会

記事を読む

孤独力に再現性はあるのか。

しばらくは距離を取っていたのですが、最近になってまたTwitterをちょろちょろと触り始めま

記事を読む

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

By: Andrey[/caption] 突然ですが、私の人生の大テーマに 「常に機嫌

記事を読む

一人の時間を楽しめる理由と一人で街を味わう理由。

国内外をふらふらと徘徊し、自由気ままにあちこちで過ごす生活に喜びを感じる私。 元々孤独に強

記事を読む

センスのない人に知識と経験が教えてくれること。

By: Jared Tarbell[/caption] センスがないから、は経験(=学習)す

記事を読む

【勝手にHOW I WORK】社会人失格ノマドワーカー、crispy-lifeの仕事術。

先日コメントでぽこぴたさんからリクエストをいただいた「仕事術」について。 参考 【勝手

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑