なりたい自分と、現実の自分とのギャップ。

公開日: : 生き方と考え方

写真を撮るのが好きです。

多くの玄人はだしが存在するこの業界(?)、たいした機材も技術も持たない私などは「趣味は写真」などと口にするのもおこがましいレベルではあります。

充実の機能より、シンプルな作りを選択する。

でも、撮るのに抵抗がなく、選定も苦にならず、なんなら編集も好き。

趣味は身を助けると言いますが、「写真好き」な性質も、なかなか役に立ってくれているなあと思います。単純に楽しいし、日々愉快な発見もあるので。

なりたい自分と現実の自分とのギャップ。

ここに披露している写真といえば自作の晩酌献立ばかりですが、撮っていていちばん楽しいのは、人です。風景や物撮りも嫌いではないけれど、やっぱり人が断然面白い。

だからといって街中で女性や子供を勝手にパシャパシャやるのは事案ですから、いや、おじさんでももちろんダメなので、仕事で堂々と人を撮る機会があるのはとてもありがたいのです。

いろんな人を撮っていて最近思うのは、他者からの評価と自分の認識にズレがあるケースのなんと多いことか、ということ。

外野が絶賛する仕上がりの1枚でも、ご本人の納得いかずにNGをくらう。その後ご本人が選んだ1枚は、え、こっち?これでいいの?となるパターンが多々あるのです。

もちろん、表情の良し悪しは大いに主観によるところがあるので、正解はありません。でも、本人だけが納得いかないパターンを多々見ていると、これは個人の好みとはまた別のところに原因があるような気がするのです。

なんだろう、なりたい自分と現実の自分とのギャップ、とかでしょうか。

例えば、物腰柔らかく、やさしい笑顔が素敵な女性のスマイル写真を皆が「彼女らしくていいね!」と評価しても、本人の目指すイメージがクール&ミステリアスだとしたら、朗らかな笑顔の写真は使いたくない1枚となる。

外見のみならず、いつもテキパキ効率よく動き、話の内容も簡潔で的確!と評価されている人が、実は冷たい人だと思われているのではないかと悩んでいる、とかもありそうな話。

そう考えると、人間の、特に自分自身のコンプレックスに起因する悩みってのは、おおよそ無駄ですね。自分だけがそう思い込んでいるだけなんだから。でも、自分のものさしを大事にすればするほど、大きな悩みになってしまうというもどかしさ。

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

なんて、私の勝手な妄想に過ぎないのですが、写真のみならず、みんなはいいと思っているのに本人だけが納得いかないパターンは、よくある話ですね。

落とし所としては、ストイックに理想の自分を追い求めるのもまた一興、そして、違う自分もそれはそれと受け入れられたらなおたのし。といったところでしょうか。さすがに乱暴すぎますか。

大人一人暮らしのヒント








関連記事

2015年後半戦突入!下半期の運勢を占う。

昨年末になんとなく書いた占いの話。 参考 2015年の運勢を占う。 年末年始の縁

記事を読む

気が合わない、嫌いな友達との付き合い方。

昨日、帰宅途中に自宅付近で妙な場面に遭遇しました。 80歳前後の女性が 「あのク

記事を読む

自由で不自由な暮らし、エイヤへの憧れ。

ようやく次回の旅のために航空券を手配しました。 いえね、もうずいぶん前からアタリはつけ

記事を読む

週休3日勤務、生まれたその1日で何をする。

いやー、スランプ気味だわ。というメッセージを送ると、 「え、crispyさんでもスラン

記事を読む

本当は一人で生きてるわけじゃないけれど。

By: isvend09[/caption] 先日ブログ開設2周年を機にブログ運営まとめ的な記事

記事を読む

ただいま40代、まだ本気出してないだけ。

By: liz west[/caption] 以前仲間内数人で飲んでいる席で友人が 「

記事を読む

おひとりさま 孤独を美化して推奨するべからず。

いやほんとごめんなさい。そういうつもりじゃなかったんだってば。 誰からも責められちゃい

記事を読む

私の話を聞いてくれない。

人の話を聞かない。これはなかなかにネガティブな印象を与えがちな行動であります。「あいつ、人

記事を読む

浅い関係、おかしな嫉妬。

移動してから数日間はすっきりしない天気だったけれど、今日になってようやくカラッとスカッと青空

記事を読む

私を幸せにしてくれるブランドのちから。

モノに依存しない生き方、ねえ。 そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

健康診断結果に納得がいかない中年の叫び。

毎年毎年飽きもせず、健康診断の結果を公表し続けています。

ビビン麺献立
ビビン麺定食で南の島を思い出す不思議。

ポッサム活用献立その2です。 お盆時期に煮た豚かたまり

→もっと見る

PAGE TOP ↑