とにかく、家に帰りたい。

公開日: : 最終更新日:2020/11/11 生き方と考え方

最近プルシェンコ嬢との間で頻繁に行き交っている言葉があります。それは

「家に帰りたい」

というもの。

これは主に仕事中に発せられるフレーズでありまして、つまりは「仕事しんどい、はよ帰って休みたい」という魂からの叫びなんですけど、しんどいのは何も仕事だけではない。

そして、特に素敵な暮らしをしているわけじゃなくても、家はよいものだなあという話。

とにかく家に帰りたい。

孤独力研究家を名乗る私の内向的性質については改めて語る必要もありませんが、プルシェンコ嬢はそれなりの社交性を兼ね備えた中年女。気力も体力も存分に使う仕事をさっさと終わらせてとっとと帰りたい、はわかるとしても、休前日に飲みに行くことも少なくなったらしい。まっすぐ家に帰って風呂に入り、その後1杯やりながらひとりミーハー活動に勤しむのが何よりも幸せなのだという。

ちなみに「ミーハー活動」とは、好きな俳優の作品を楽しむなどの行為のこと。

おばさんホイホイは真実だった

特定のお気に入りを持たない私は、ミーハー活動に忙しい様子が羨ましいが、家飲み愛好家として、自宅でのひとときの尊さは痛いほどわかる。

かくして我々は日々合言葉のように

「早くおうちに」
「帰りたい〜」

などといった小学生並みのメッセージを送り合うようになったのだった。脳内ではアイガラホーロトオブブシングストゥテルハーウェナイゲトホーム、とジョンが叫ぶ。家で待っているのは、彼女じゃなくて酒だけど。

今夜も部屋で過ごしたい

よくよく考えてみれば、彼女以外の友人知人も、めっきり社交に勤しまなくなって久しい。それは例のアレの影響で会食が減ったせいでもあるだろうし、あるいは、私が知らないだけでみんなこそこそ集っているのかもしれないが、にしてもだ。以前のように、仕事が終われば街へ繰り出しウキウキ通りを行ったり来たり、みたいな感覚がどうも薄れつつあるんじゃないですかおばさん、という気がしてなりません。

推しの多さは人生の豊かさ、知的好奇心は明日への活力。

生きる目的、今夜はフラッシュモブ

外向きの活動に興味がなくなるのは、とても寂しい。しかし、しんどいなあと思いつつ自然に逆らって無理をするのも、文字通り無理してる感がすごくて、切ない。それにひきかえ、部屋で過ごすひとときの、なんと安らかで豊かなことか。そこに酒やつまみ、リモートで部屋から推せる何かがあれば、我らの心は十分すぎるほどに満ち足りる。

この先どう転ぶかはまだわからないけれど、この冬はアレがアレなことですし、おうちでまったりするのも悪くはないでしょう。そんな言い訳を用意して、おばさんらは今夜もひとり、部屋でじっとり過ごすのでした。

40代、大人の一人暮らし




関連記事

洋服かぶり問題に関する個人的な考察。

By: Anthony Easton[/caption] 20代の頃、当時よく通っていたセレ

記事を読む

40代でのチャレンジに拍手!43歳バンドマンがウェルター級王者に。

おおお、これは同世代の40代としては燃えるニュースだなあ。 参考 SNAIL RAMP

記事を読む

こんなことをしていて私の人生は大丈夫なのだろうか装置。

海の日がそうでしたけど、平日が祝日で休みになると、普段とは違う景色を見ることになりますよね。

記事を読む

ハッキングが未来を切り開く?”学びたい”は人間の本能。

13歳ってこんなだっけ…。 >>参考 「僕の学校はスタバにあります」 13歳の

記事を読む

携帯電話やパソコンの画面を覗き込むのはマナー違反?

By: Steve Harris[/caption] 先日気分転換に外で作業をしようと某コー

記事を読む

そんな自分に腹がたつ。

By: @sage_solar[/caption] 毎月の閲覧数TOP3にまでは入らないまで

記事を読む

白髪のロングヘアが与える印象。

そうそう、誕生日といえば。 定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。 先日知

記事を読む

新年の目標はまだ立てないが筋肉。

新年といえば、目標設定ですね。 わたくし相当な皮算用マニアなもので、今年はあれをやろう

記事を読む

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

2年ほど前に話題になっていた「ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図」を

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑