とにかく、家に帰りたい。

公開日: : 最終更新日:2020/11/11 生き方と考え方

最近プルシェンコ嬢との間で頻繁に行き交っている言葉があります。それは

「家に帰りたい」

というもの。

これは主に仕事中に発せられるフレーズでありまして、つまりは「仕事しんどい、はよ帰って休みたい」という魂からの叫びなんですけど、しんどいのは何も仕事だけではない。

そして、特に素敵な暮らしをしているわけじゃなくても、家はよいものだなあという話。

とにかく家に帰りたい。

孤独力研究家を名乗る私の内向的性質については改めて語る必要もありませんが、プルシェンコ嬢はそれなりの社交性を兼ね備えた中年女。気力も体力も存分に使う仕事をさっさと終わらせてとっとと帰りたい、はわかるとしても、休前日に飲みに行くことも少なくなったらしい。まっすぐ家に帰って風呂に入り、その後1杯やりながらひとりミーハー活動に勤しむのが何よりも幸せなのだという。

ちなみに「ミーハー活動」とは、好きな俳優の作品を楽しむなどの行為のこと。

おばさんホイホイは真実だった

特定のお気に入りを持たない私は、ミーハー活動に忙しい様子が羨ましいが、家飲み愛好家として、自宅でのひとときの尊さは痛いほどわかる。

かくして我々は日々合言葉のように

「早くおうちに」
「帰りたい〜」

などといった小学生並みのメッセージを送り合うようになったのだった。脳内ではアイガラホーロトオブブシングストゥテルハーウェナイゲトホーム、とジョンが叫ぶ。家で待っているのは、彼女じゃなくて酒だけど。

今夜も部屋で過ごしたい

よくよく考えてみれば、彼女以外の友人知人も、めっきり社交に勤しまなくなって久しい。それは例のアレの影響で会食が減ったせいでもあるだろうし、あるいは、私が知らないだけでみんなこそこそ集っているのかもしれないが、にしてもだ。以前のように、仕事が終われば街へ繰り出しウキウキ通りを行ったり来たり、みたいな感覚がどうも薄れつつあるんじゃないですかおばさん、という気がしてなりません。

推しの多さは人生の豊かさ、知的好奇心は明日への活力。

生きる目的、今夜はフラッシュモブ

外向きの活動に興味がなくなるのは、とても寂しい。しかし、しんどいなあと思いつつ自然に逆らって無理をするのも、文字通り無理してる感がすごくて、切ない。それにひきかえ、部屋で過ごすひとときの、なんと安らかで豊かなことか。そこに酒やつまみ、リモートで部屋から推せる何かがあれば、我らの心は十分すぎるほどに満ち足りる。

この先どう転ぶかはまだわからないけれど、この冬はアレがアレなことですし、おうちでまったりするのも悪くはないでしょう。そんな言い訳を用意して、おばさんらは今夜もひとり、部屋でじっとり過ごすのでした。

40代、大人の一人暮らし




関連記事

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

くだらない毎日を積み重ねたその先に。

寒いのは苦手だし目覚めは悪い方だけど、朝起きるのは苦じゃありません。 晴れていればなお

記事を読む

生ラディッシュ

食べることが楽しみ、は虚しいか。

By: Ken Hawkins[/caption] 先日SNSにポストされる写真の傾向に関す

記事を読む

ちょっと切ない女性向け資産運用セミナーに参加した。

先日、資産運用セミナーに参加しました。 待って。 またかよ、とかそこ言わないで。

記事を読む

自分の中に面白いものがなくてもいい。

孤独はたのしいです。 もともと一人で過ごすのが大好きなので、一人が寂しいとか、誰かに話

記事を読む

同じものばかり、こんなにたくさんいらないのに。

早いもので引っ越してから半年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分

記事を読む

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

あ?ああ...あ"あ"あ"ー! と、漫画のような叫び声が聞こえました。 どこか

記事を読む

願いを叶えるいちばんシンプルな方法。

今日はなんだかいい1日でした。 「いい1日」というのもかなり抽象的な表現ですが、目標に向かって

記事を読む

年を取るほど幸せになるという話。

年を取っても偉くも賢くもなれないと言い放った舌の根が乾かぬうちにアレですが。 40代半

記事を読む

本当に怖い、妙な考え癖と思い込み。

まだ後半を書いていませんが。 参考 巣鴨地蔵通り商店街から庚申塚へ。東京散歩・豊島区

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑