電車に乗らない日々、運命の街。

公開日: : 最終更新日:2019/05/05 生き方と考え方

sugamo2_25

散々列車旅の話をした後でナンですが、普段の生活ではめっきり電車に乗らなくなりました。もちろん「自分の用事では」という意味です。

仕事に行く、誰かと待ち合わせる、友人宅を訪ねる、そして遠くの街に旅に出る。そんな場合はもちろん迷わず電車に乗るのだけれど、それ以外の用事はなるだけ徒歩圏内で済ませてしまいたいと考えるのはなぜなのか。また何らかの企画を立てた方がいいのではなかろうか。

東京散歩。近場の旅でも旅は旅。

元来の出不精気質が幅を利かせて、なかなかのひきこもりっぷりを発揮しています。

電車に乗らない生活

himeji30

しかしこれ、何も自分に限ったことではないようで。私の周りの40代、50代男女という限りなく少ないサンプルからも

「最近めっきり外に飲みに行かなくなった」
「休みの日は丸1日家で過ごすことが多い」

という意見が聞かれます。ひきこもり仲間多し。

男性は何がきっかけになるのかわかりませんが、女性の場合は「メイクがめんどくさい」が、家から出ない理由の筆頭にあがるようです。が、私の場合、化粧は毎日、絶対にする。

ノーメイクは、やめました。

だからなのかどうなのか、家から一歩も出ない日はほぼなくても、電車に乗らない日は多い。相変わらず外で一人で酒を飲むのは好きだけれど、わざわざ電車を乗り継いで人気のあの店に行こう、などということはしなくなりました。

遠出せずとも、必要なものは徒歩圏内で全てまかなえてしまう。そんな便利な街に暮らしている弊害でしょうか。それともただの横着でしょうか。おそらく、横着。

運命の街はどこにある

daikanyama35

もともと歩くのは大好きだけれど、日常生活の行き来で歩ける範囲は、せいぜい徒歩15分かそこらでしょう。

徒歩15分圏内のエリアで私生活の殆どを過ごすとなれば、住む場所の持つ意味合いはとてつもなく大きいものになる。便利はともかく、好きとか居心地がいいと感じる場所じゃないと、辛いよね。

理想の暮らしと住まい、家はどこまでが家なのか。

見知らぬ街で、まるで住人のような顔をして、その実内心緊張しつつ街を徘徊するのは旅の何よりのお楽しみ。そんな地味なスタイルの旅は今後も続けるであろうけれど、さて、住まいはどうすべかなと、たまに考える。居心地がよくとも、終の住処ではない街で暮らしていると、考える。

「住みたい街ランキング」には全然興味がないけれど、自分が住んでみたいけれどまだ住んだことのない街ってどこだろう。そもそも、住みたい街ってあるだろうか。もしかして、思いがけないエリアに運命の街があったりして?

などと心底どうでもよいことを考える大型連休後半であります。あー、このままずっと妄想して過ごしていたいわ。

 




関連記事

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

仕事ができない人とは一緒に働きたくない。

リクエストされたレトロ喫茶でケーキをつつきながら、近況報告を聞く。 内定が出た企業の社

記事を読む

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

帰り道に立ち寄った書店で自営業者に向けた老後のお金に関する本を見かけてふと手に取る。

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

令和初の年越し、昭和との戦い。

2020という整然とした4桁の並びはどうにも座りが悪いし、2年と言われるといつの間に、と思う

記事を読む

ヒントが思わぬ場所から投げ込まれてくる話。

直接的じゃなく誰かとか何かを伝って欲しい答えがやってくる、みたいなのありますよね。 ふと開

記事を読む

40代半ば、最年長である場面が増えていく。

歳を取ったからといって、偉くも賢くもなれませんね。 だから年長者を敬う気持ちなんて不要

記事を読む

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は一人暮ら

記事を読む

冬のボーナス、自分へのご褒美。ランキングって意味あるの?

年末商戦。 この時期になるとやたらと「自分へのご褒美に」というコピーがあちこちで躍るように

記事を読む

春の初めのコーディネイト

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑