電車に乗らない日々、運命の街。

公開日: : 最終更新日:2019/05/05 生き方と考え方

sugamo2_25

散々列車旅の話をした後でナンですが、普段の生活ではめっきり電車に乗らなくなりました。もちろん「自分の用事では」という意味です。

仕事に行く、誰かと待ち合わせる、友人宅を訪ねる、そして遠くの街に旅に出る。そんな場合はもちろん迷わず電車に乗るのだけれど、それ以外の用事はなるだけ徒歩圏内で済ませてしまいたいと考えるのはなぜなのか。また何らかの企画を立てた方がいいのではなかろうか。

東京散歩。近場の旅でも旅は旅。

元来の出不精気質が幅を利かせて、なかなかのひきこもりっぷりを発揮しています。

電車に乗らない生活

himeji30

しかしこれ、何も自分に限ったことではないようで。私の周りの40代、50代男女という限りなく少ないサンプルからも

「最近めっきり外に飲みに行かなくなった」
「休みの日は丸1日家で過ごすことが多い」

という意見が聞かれます。ひきこもり仲間多し。

男性は何がきっかけになるのかわかりませんが、女性の場合は「メイクがめんどくさい」が、家から出ない理由の筆頭にあがるようです。が、私の場合、化粧は毎日、絶対にする。

ノーメイクは、やめました。

だからなのかどうなのか、家から一歩も出ない日はほぼなくても、電車に乗らない日は多い。相変わらず外で一人で酒を飲むのは好きだけれど、わざわざ電車を乗り継いで人気のあの店に行こう、などということはしなくなりました。

遠出せずとも、必要なものは徒歩圏内で全てまかなえてしまう。そんな便利な街に暮らしている弊害でしょうか。それともただの横着でしょうか。おそらく、横着。

運命の街はどこにある

daikanyama35

もともと歩くのは大好きだけれど、日常生活の行き来で歩ける範囲は、せいぜい徒歩15分かそこらでしょう。

徒歩15分圏内のエリアで私生活の殆どを過ごすとなれば、住む場所の持つ意味合いはとてつもなく大きいものになる。便利はともかく、好きとか居心地がいいと感じる場所じゃないと、辛いよね。

理想の暮らしと住まい、家はどこまでが家なのか。

見知らぬ街で、まるで住人のような顔をして、その実内心緊張しつつ街を徘徊するのは旅の何よりのお楽しみ。そんな地味なスタイルの旅は今後も続けるであろうけれど、さて、住まいはどうすべかなと、たまに考える。居心地がよくとも、終の住処ではない街で暮らしていると、考える。

「住みたい街ランキング」には全然興味がないけれど、自分が住んでみたいけれどまだ住んだことのない街ってどこだろう。そもそも、住みたい街ってあるだろうか。もしかして、思いがけないエリアに運命の街があったりして?

などと心底どうでもよいことを考える大型連休後半であります。あー、このままずっと妄想して過ごしていたいわ。

 




関連記事

実家断捨離の難しさ、本質は片付け以外にあるのかも。

私がモノを持たない生活をしていることを知った知人から片付けについて相談されたことがあります。

記事を読む

自分で選ぶ人生、一人で生きることの意味。

本日は怖いお話をします。 そっち系が苦手な方はスルー願います。 おかげさまで今月は花

記事を読む

気持ちいいことがやめられない。

By: sara.lauderdale[/caption] 未だに新規購入を我慢しています。

記事を読む

あの方とのお付き合いすら、都合よく・夏。

奥さん、8月です。 8月。なんかもう、切ないです。夏は大好きな季節なので願わくば夏・フ

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

yuming

くさったおばさんと、恋のうた。

小さい頃は神様がいたっけかなあ。不思議に夢を叶えてくれたりしたかなあ。 20数年前、当

記事を読む

2017年の運勢を占う。

By: Stephane Mignon[/caption] 大晦日、みなさんいかがお過ごしで

記事を読む

退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

年明けに開かずの段ボールを整理したと書きました。 関連 引っ越しから10年以上そのまま放置して

記事を読む

怒りに震える秋の朝。

朝5時から怒りに震える秋。 怒りという感情は厄介なものである、という前提が自分の中にあ

記事を読む

盛らない生き方。

By: David[/caption] 先日いただいたご質問にお答えする記事を書きました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑