「 日本酒 」 一覧

焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし献立。

妖艶。 そんな言葉が浮かんでくるビジュアルではありませんか。 厚めに切った大根をドカンと焼くのはいつものことですが、今回焼くのは紫大根。 妖しくも麗しい存在感を放つ、紫色した

続きを見る

焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいものが食べたくなって、はて、おいしいものってなんだろう。わかりやすい豪華さを伴う品では、鮨とか肉とかその辺か。いや、カウンターだけしか

続きを見る

にんじんしりしり、揚げなすの味噌汁献立。

毎晩食事と一緒に酒を飲むもので、飲酒を考慮した妙な献立が多いですが、基本は地味なものが好きです。 でも、もしも普通の「晩ご飯」を食べるようになる日が来たら、食の質素化にさらに拍車がかかる

続きを見る

あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁献立。

先日きんぴらにしたこんにゃくが、半分余っている。 牛肉とこんにゃくのきんぴら、新じゃがとわかめの味噌汁献立。 何にして食べようかな、と考えていたところで目に入ったのは、あじと一緒に

続きを見る

水菜と油揚げの煮びたし、新玉ねぎとツナの塩昆布和え。

こいつらに任せておけば、必ずなんとかしてくれるだろう。 上司からの期待を一身に担う黄金バッテリー、それが青菜と油揚げです。私が上司です。 このコンビが最も活躍するのは味噌汁でしょう

続きを見る

牛肉とこんにゃくのきんぴら、新じゃがとわかめの味噌汁献立。

こんにゃくが食べたい。突然そんな気分になる時は、体から何かしらの信号が発せられているのでしょうか。食物繊維をもっとよこせ、という腸内の叫びか。 地味な存在のこんにゃくではありますが、こん

続きを見る

ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマト塩昆布奴献立。

近所の八百屋でやや小ぶりのトマトが目に入り、手に取る。赤々としていて見るからに旨そうだったからでもあるけれど、おじさんお手製POPに記された 「完熟トマト」 の引きの強さにやられた

続きを見る

かつおの竜田揚げ、えのきの梅おろし献立。

久しぶりに食べたたたきは旨かったけれど、さすがに1食で消費できる量ではありませんでした。 かつおのたたき、白菜の塩昆布蒸し献立。 余った分は翌日、火を通して食べることに。 か

続きを見る

かつおのたたき、白菜の塩昆布蒸し献立。

これくらいのサイズなら、どうにか戦えそうではある。そう判断して、かつおを柵で入手しました。 刺身もたたきも切ったものが売られているけれど、こうね、ガツンと分厚く切ってドカンと盛る豪快さも

続きを見る

手羽焼き、おつまみ奴献立。

鶏肉を焼く。だから、焼き鳥。 焼き鳥は、焼いて塩を振るだけで出来上がるありがたいつまみゆえ、定期的に食卓に上がっております。 焼き鳥、白菜としめじの酒粕煮献立。 焼き鳥にする

続きを見る

蒸し鶏となすのサラダ
蒸し鶏となすのサラダ、焼きピーマン献立。

便宜上、蒸し鶏となすのサラダとしましたが、なすも蒸しています。

tvandchair
幼少の頃から刷り込まれた不具合の知識。

すっかりレギュラーコンテンツの座を確保している、定期歯科検診ネ

休肝日ごはん 
休肝日ごはん 焼きなす、島オクラとわかめの味噌汁献立。

夏野菜の中でも特に好きなオクラ。 今年はなかなか夏らしい

takamatsu_114
Tシャツしか着ない夏。

この夏はほぼTシャツで過ごしています。 少ない服で着回す

蒸し鶏のねぎソース
蒸し鶏のねぎソース、島オクラのおひたし献立。

蒸し鶏。平素はむね肉を使い、そして蒸さずにゆでることが多いです

→もっと見る

PAGE TOP ↑